SUPER FORMULA Logo

SUPER FORMULA Official Website

JapaneseEnglish

t_news

2017-04-21 18:11:09

金曜専有走行は中嶋一貴がトップタイム
全日本スーパーフォーミュラ選手権開幕戦

No.37 中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)


 新緑が鮮やかさを増した4月22日(土)~23日(日)、三重県鈴鹿サーキットでいよいよ今季の全日本スーパーフォーミュラ選手権が開幕する。それに先立つ4月21日(金)には、午後0時45分から1時間の専有走行が行われ、No.37 中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)がトップタイムをマーク。これにルーキーのNo.20 ヤン・マーデンボロー(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)、No.36 アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)と続いた。


No.20 ヤン・マーデンボロー(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)


 前日まで一時降雨の予報が出されていた鈴鹿サーキット。だが、幸い天候は曇りとなり、専有走行は完全なドライコンディションのもとで行われた。気温18℃、路面温度22℃と、過ごしやすい温かさの中、セッションは午後0時45分にスタート。開始と同時に、No.15 ピエール・ガスリー(TEAM MUGEN)、No.64 中嶋大祐(TCS NAKAJIMA RACING)、No.10 塚越広大(REAL RACING)、マーデンボローらを先頭に、ほとんどのドライバーたちが続々コースイン。まずはマシンチェックを行ってピットに戻るドライバーも多かったが、No.19 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)、一貴、No.18 小林可夢偉(KCMG)らは周回を重ねて行った。だが、序盤は路面ができておらず、どのドライバーもグリップ不足を感じていたが、セッションが進むにつれてタイムアップ。開始から約25分というところでは、マーデンボローが真っ先に1分38秒台に入ってきた。それに続いて可夢偉も38秒台に突入。その時点でのトップに立った。セッションを折り返したところで、その可夢偉のタイムを上回ってきたのがガスリー。さらに、大祐がトップタイムを更新する。この専有走行には、前回のテストから持ち越したタイヤ6セットを使用することができたが、ニュータイヤを複数セット残していたドライバーも多く、セッション後半には多くのドライバーが自己ベストを更新してきた。


No.36 アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)


 そんな中、セッションの残り時間が15分となったところで、赤旗が提示される。これは、No.65 ナレイン・カーティケヤン(TCS NAKAJIMA RACING)がデグナーの2つ目でコースアウトしたことが原因。カーティケヤンの車輛が回収され、セッションが再開されたのは午後1時38分、残り時間7分というところだった。


No.18 小林可夢偉(KCMG)


 再会されると各ドライバーはニュータイヤを投入して、タイムアタックへ。そのため、めまぐるしく順位が入れ替わって行く。No.16 山本尚貴(TEAM MUGEN)がトップに立ったかと思えば、No.1 国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)がそれを書き換え、マーデンボローが真っ先に1分37秒に飛び込んで国本のタイムを上回るといった状況。その中で、唯一37秒台前半のタイムを叩き出したのが一貴だった。ほぼ同時にアタックしていたチームメイトのロッテラーは、”セクター3でミスしてしまった”ということで、マーデンボローのタイムは上回れず。3番手に留まっている。

 一貴、マーデンボロー、ロッテラーに続いたのは、可夢偉、塚越、No.4 山下健太(KONDO RACING)。ベテラン勢とルーキーが入り混じる興味深い結果となり、明日の予選も波乱の展開が予想される。


No.10 塚越広大(REAL RACING)


専有走行後ドライバーコメント

1位
No.37 中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)
「過去2年の鈴鹿と比べたら今年は自信を持って臨める」

 冬のテストとだいぶ状況が違うので、その確認をしながらの走行でした。1時間のセッションの中でも、最初と最後でだいぶ違ったと思うので、それにクルマを合わせ込んでいく感じでしたね。最初は全然グリップしなくて、”こんなんだったっけ?”って思いました。その後、僕は赤旗の時にニュータイヤを履いてアタックしていたんですよ。でも、持ち越しのニュータイヤが2セットあったので、最後にもう1セットつけて行きました。あるだけ使いました(笑)。赤旗前よりも、最後はもう一段路面も良くなっていましたね。クルマも良かったですし、クルマなりに走ったらあのタイムが出ました。アンドレもセクター1とか速いところがあったので、お互いにデータを見ながら、明日もう少し良くできればなと思っています。去年、一昨年と鈴鹿は良くなかったんですけど、その2年と比べたら今年は自信を持って臨める状況かなと思っていますよ。ただ、今夜は時差ボケが心配ですね(笑)。

2位
No.20 ヤン・マーデンボロー(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)
「手応えを得ることができたセッションだった」
鈴鹿の公式テストから、さらにクルマを進化させるために色々と試して走りました。エンジニアと一緒にトライして、僕自身もかなり自信を持つことができたし、結果的にいいフィーリングを得ることができました。それがあのポジションとなって現れたので、とても良かったと思います。もちろん、明日からのセッションになるとどういう状況になるかはわかりませんが(苦笑)。でも、その中でいいセットアップも見つかっているので、自信をもってセッションに挑むことができるし、もし、なにか変化があったとしても、対処することもできると思います。手応えを得ることができたセッションでした。

3位
No.36 アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)
「とにかくベースはいいし、明日に向けてあと少しクルマを進歩させたい」

 テストの時とはコンディションが全く違っていたから、今日は路面に合わせてクルマを色々変えなくちゃならなかったよね。バランスなども合わせ込まなきゃならなかった。最終的にはそれほど悪くなかったと思うよ。そして、セッションの最後にはニュータイヤでのアタックもした。でも、セクター3で少しミスしてしまったんだ。パフォーマンス的にはいいと思うけど、3月のテストよりは難しいね。路面コンディションがテストの時よりは悪いから。でも、そこはみんな同じ条件だし、僕自身もテストの時よりも少し鈍くなっているというか、レベルが下がっているクルマの動きにドライビングを合わせないとね。だけど、とにかくベースはいいし、明日に向けてあと少しクルマを進歩させたいと思っているよ。

4位
No.18 小林可夢偉(KCMG)
「さらにクルマを改善できれば、予選でいいポジションにいける」

今までのテストであまり走っていなかったのですが、その中でもさほど悪くないと思っています。なんとかここからさらにクルマを改善していくことができれば、明日の予選ではいいポジションにいけるのではないかなぁと思ってます。セッションの走りはじめからそんなに悪くなかったし。ここからさらに良くしていけるのではないかと思います。今年、チームを移籍しましたが、エンジニアとのミーティングもよくしているし、走っていない割にはコミュニケーションも取れているんじゃないですかね。あとは結果がついてくればいいなと思います。

5位
No.10 塚越広大(REAL RACING)
「明日からのレースに向けて、いいスタートが切れた」

合同テストではトラブルもあってうまく走れなかったこともあり、今回のレースへ臨むにあたり、決して万全ではありませんでした。ただ、僕自身は過去2〜3年を振り返る中でも、今回は楽しい気持ちで専有走行を走ることができました。決して走りはじめから調子が良かったわけじゃなく、1時間を使って色んなヒントをもとに、田坂エンジニアがクルマを良くしてくれた、ということです。その結果、5番手で終われたので、これまでの流れからするといい方向に進んでいると思いました。明日からのレースに向けて、いいスタートが切れたので、これからどのように進んでいくか、その部分も楽しみです。