SUPER FORMULA Logo

SUPER FORMULA Official Website

JapaneseEnglish

t_news

2008-10-02 00:00:00

[第2回先行開発テスト2日目] もてぎレコードタイムを早くも射程圏内に

セッティング前の段階ながら好タイムをマーク。担当ドライバーもFN09に好印象


NS012167 Image1



NS012167 Image2



NS012167 Image3



NS012167 Image4



NS012167 Image5


 秋晴れに恵まれた10月2日(木)、昨日に引き続きツインリンクもてぎでのFN09先行開発テストが実施された。担当は昨日に引き続きCERUMO/INGING(ドライバー:立川祐路選手、ロニー・クインタレッリ選手)とARTA(ドライバー:伊沢拓也選手)の2チーム。走行時間は、午前のセッションが10時から12時、午後のセッションは昨日同様に延長されて14時から16時30分まで行なわれ、計4時間30分のテストとなった。

 午前のセッションでは、もてぎ攻略のカギとなるブレーキ性能のテストに重点が置かれたメニューが行なわれた。昨日のデータを基に両チームともにブレーキパッド、キャリパー、ローターの温度に注意を払いながら仕様の異なるマスターシリンダーやパッドを試すため、3〜4周してはピットインしてブレーキの状態やデータを確認するという作業を繰り返した。

 その中で、早くもタイムを出してきたのはトヨタエンジン搭載車両をドライブする立川。2度目のコースインで1分35秒300を記録し、昨日のベストタイムを塗り替える。その後も立川は順調にテストメニューを消化し、仕上げに10周連続のロングランを行なうなど計34周を走行して午前のセッションを終了した。

 一方、ホンダエンジン搭載車両をドライブする伊沢も順調にテストメニューをこなしていく。セッション中盤には立川のベストタイムを上回る1分34秒831をマークするなど順調な仕上がりをアピール。伊沢も同じく、3〜4周してはピットインを規則的に繰り返し、計33周を消化して午前のセッションを終了した。

 午後のセッションは、スケジュールどおり14時からスタート。トヨタエンジン搭載車は、これまでドライブしてきた立川に代わり、チームメイトのロニー・クインタレッリがステアリングを握った。クインタレッリは走行開始40分後にコースインすると、さっそく1分35〜36秒台をコンスタントに出して順調な走り出しを見せる。午前中に引き続きドライブした伊沢も、1分34秒台を連発してマシン状態が改善されていることを実証していった。セッション後半には、2台が同時にコースインしてオーバーテイクシステムのテストが行なわれるなど、ストップ・アンド・ゴーのコースレイアウトを持つもてぎでの活発なオーバーテイクを目指して両陣営が連携するメニューも行なわれた。

 陽も傾き始めた16時20分、いよいよ第2回先行開発テストの総仕上げとなるタイムアタックが行なわれ、クインタレッリが1分34秒184、伊沢が1分34秒254を記録。セッティングを煮詰める以前の現段階で、コースレコードに対して1秒あまりに迫る好タイムをたたき出し、今後のテストに弾みをつけた。

 次回の第3回先行開発テストは、10月27日(月)、28日(火)にスポーツランドSUGOで行なわれ、TEAM IMPULおよびNAKAJIMA RACINGが担当する。2008年フォーミュラ・ニッポンのチーム選手権トップ2のチーム力、エンジニア力が開発に加わることにより、FN09は更なる進化を遂げるはずだ。

ドライバーコメント
立川祐路(CERUMO/INGING)
 エンジン、シャシーともに新しくなっているので、FN06とは全く違っていますね。ダウンフォースが増加しているのを感じますし、エンジンパワーも大きくなっていて、ストレートスピードに若干の伸びも感じます。今の段階はどんどん改良をしていかなくちゃいけない時期ですから、ブレーキやクーリングも注意して確認していかないといけないですね。

ロニー・クインタレッリ(CERUMO/INGING)
 乗りやすいというのが最初の印象ですね。ダウンフォースも特にフロントにおいて効いており、S字のふたつめでも安定して曲がることができました。ブレーキは連続走行すると弱くなってくるように感じます。(セッション終盤のオーバーテイクシステムのテストで)伊沢選手の後ろにつきましたが、アンダーステアが出ることはありませんでしたね。

伊沢拓也(ARTA)
 新しいエンジン、シャシーで速度やダウンフォースは上がっているように思います。FN06よりコーナリングの安定感はあるし、素直に反応してくれる感じがあります。コーナー進入のトラクションやブレーキはもっと改善していく必要はあると思いますが、全体の印象としては悪くありませんね。