SUPER FORMULA Logo

SUPER FORMULA Official Website

JapaneseEnglish

t_news

2009-01-09 00:00:00

東京オートサロン2009開催

約20万人が訪れるチューニングカーの祭典で、関連イベントを多数開催


NS012173 Image1



NS012173 Image2



NS012173 Image3



NS012173 Image4



NS012173 Image5


 千葉県・幕張メッセでは、1月9日(金)から11日(日)まで“東京オートサロン2009 with NAPAC”を開催。このイベントは、日本はもとより世界中からドレスアップされたマシンやチューニングカーが多数集結する世界最大級のカスタムカーショーであり、毎年数多くの入場者を集めている。今年で27回目の開催を迎えるこの東京オートサロンに、フォーミュラ・ニッポンのマシンが登場する。さらに、ドライバーや監督によるサイン会やトークショーなど、関連イベントも多数実施される予定だ。

 富士スピードウェイ・ブース(東ホール)では、2008年ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した平手晃平選手(TP Checker IMPUL)がドライビングした20号車が展示されており、平手選手のサイン会、トークショーも毎日実施予定(詳細は下記参照)。本日のトークショーでは「大変な時期ではあるけどモータースポーツ全体を昨年以上に盛り上げていきたい」と締めくくった。同ブースでは富士スピードウェイイメージガール、クレインズのフォトセッションも実施されている。さらに、ホシノインパル・ブース(中央ホール)では2年連続チャンピオンという偉業を達成した松田次生選手(LAWSON TEAM IMPUL)、同チーム星野一義監督によるサイン会(各日時間未定)、motoyama.net shop(西ホール)ブースでは本山哲選手のサイン会、など見逃せないイベントが目白押しだ。

 その他にも、自動車メーカーやパーツメーカーなどのブースが多数出展されるなど、東京オートサロンはクルマファンであれば誰でも楽しめるイベントだ。11日(日)まで開催されているので、今週末は幕張メッセでモータースポーツ界の熱気に触れてみるのはいかがだろうか?