SUPER FORMULA Logo

SUPER FORMULA Official Website

JapaneseEnglish

t_news

2010-11-07 00:00:00

【速報】最終戦 鈴鹿 決勝Race1はデュバルが先勝!

NS014182 Image1


全日本選手権フォーミュラ・ニッポン最終戦、レース1の決勝が午前10時20分より鈴鹿サーキットで行なわれた。この日も秋晴れに恵まれた鈴鹿だが、気温は14℃、路面温度16℃と、前日よりやや寒いコンディションとなった。

レース1はピットインの義務づけがない20周のレース。つまり、スタートから序盤数周が勝負どころとなるはず。上位グリッドにひしめくタイトル候補の、このあたりの動向に注目が集まった。そして注目のスタートでは、ポールのNo.1 ロイック・デュバル(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が順当にトップを守り、4位スタートのNo.32 小暮 卓史(NAKAJIMA RACING)が、好スタートで2位に浮上する。2位スタートのランキングトップ、No.19 J.P・デ・オリベイラ(Mobil 1 TEAM IMPUL)は出遅れてしまい4位に後退した。またフォーメーションラップ中にNo.29 井口卓人(DELIZIEFOLLIE/CERUMO・INGING)がマシントラブル。グリッドにつくことが出来ず、修復のためにピットに戻った。

その後デュバルは、2位以下を引き離しにかかる。また2位小暮と3位No.36 アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM’S)は接近戦となるが、バトルに至ることはなかった。3周目にはデュバルは、小暮を2秒近くリード。ここから順位は早くも膠着化していった。

20 周という短いレースであり、路面温度も低いことから、この後展開はそう変わらないものと予想される中、10周目、トップのデュバルのマシンに異変が生じる。マシン後部から白煙が上がり、どんどんその量が増えて行ったのである。ところがデュバルはそのまま走行を続け、ラップタイムにもその影響は見られない。またこの白煙の影響で、小暮はデュバルに近づくことが出来なかった。

NS014182 Image2


そしてこの状態は20周のチェッカーまで変わることなく、デュバルがそのまま優勝。以降、2位小暮、3位ロッテラー、4位オリベイラの順にチェッカー。これによりポイントランキングはオリベイラが39.5点でトップ、2位ロッテラーが39点で2位、3位デュバル37点、4位小暮35点と、この4人に絞られ、ますます混沌としてきた。レース2もこの4人はトップ5内からスタートするが、今度は28周のうち、タイヤ交換のためのピットインが義務づけられる。最後まで緊迫したレースが展開されることは間違いないだろう