SUPER FORMULA Logo

SUPER FORMULA Official Website

JapaneseEnglish

t_news

2011-03-11 00:00:00

第1回公式合同テスト 初日 トップ3ドライバーコメント

NS014260 Image1


総合1位:小暮 卓史(NAKAJIMA RACING)
オフシーズンに田坂さん(田坂泰啓エンジニア)がクルマをすごく色々考えてくれて。去年の最終戦ですごく見えたセットがあったんですけど、それがかなりいい方向に行っていると思いますね。今日は、雨が降ったりみぞれが降ったりしていて、滑りやすい時間帯もありましたが、最後は乾いていて、グリップもありました。今年はタイヤのスペックが変わって、グリップが無くなる方向だと思っていたんですけど、クルマのポテンシャルも高かったですし、コースレコードも出すことができました。S字とかも速いんですけど、タイヤが硬くなっているので、ステアリングは余り重くないんですよ。だから、前のように身体に負担がありながら出すっていうより、イージーにタイムが出ちゃったっていう感じでした。今日のテストでは、空力は全く触らず、足回りを中心に基本的なセットアップを試しましたね。手応えは結構あります。タイム以上に、乗ったフィーリングがすごく良かったので。明日は、今日できなかった足回りのセットアップの続編ですね。田坂さんが作ってきてくれた新しいダンパーとか、バネとか、色々試したいと思っています。明日はヘタしたら、38秒切ってもおかしくないような雰囲気。今日、乗る前は、久しぶりなので上手く乗れるかなと思って緊張していたんですけど、やっぱり乗ったらフォーミュラは楽しいですね。

NS014260 Image2


総合2位:伊沢 拓也(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
思ったより気持ち良く走れました。もう少し目が慣れないかなと思っていたんですけど、クルマも非常に調子が良かったですし、最初から安心して乗ることができましたし、シーズン初めのテストとしては順調なスタートが切れました。このオフに、チームの方でもクルマをレベルアップしてくれていて、本当に乗りやすかった。今日は、いくつかテストのメニューがあったので、それをこなしたのと、富士で良かった部分の確認です。大きく何かをやったということもないですし、それぐらい持ち込みから仕上がっていたので、ドライビングに専念することができました。最後にニュータイヤを履いた時は、僕の目の前でオリベイラ選手もスピンしたりしていましたが、僕のクルマは全く飛び出したりするような気配もなく、安心してアタックできました。ただ、全体にタイムが速いので、みんな結構プッシュして飛び出したりしていたんじゃないですか? 小暮さんには、最後思ったより離されましたね。僕も細かなミスした部分はあるんですけど、今日の段階ではあのタイムはちょっと見えないですし、ちょっと差があると思います。でも、僕もいくつか試したいことがありますし、シーズンを見据えたメニューを焦らずにやっていきたい。明日は先輩に負けないよう、トップタイムで終わりたいですね。

NS014260 Image3


総合3位:平手 晃平(TEAM IMPUL)
今日は、天候が一時崩れたりして、持ってきたメニューをこなし切れていないんですけど、メインでやったのはオフシーズンにしかできないこと。シーズン中は余り大きなことを試せないので…。車高に対するクルマの良し悪しを見たり、ジオメトリーをやったり、メカニカルグリップを増やせる方向で、大きく色々振って試してみました。でも、今日はフロント中心のことしかできなかったので、明日はリヤもやりたいと思っています。今まで、予選一発という意味では、鈴鹿って得意なコースというイメージがなかったんですけど、今日はまだクルマのバランスがまだ100%でないにも関わらず、ニュータイヤでのアタックの時に、すごく気持ちよく走れました。こんな気持ちになったのは久しぶり。だから、すごくいい感じでスタートできたと思いますし、明日も色々なテストができればなと思います。小暮さんは速いですね〜。オフシーズンは、小暮さん、いつもブッちぎって速いですし、特にこの鈴鹿では変態なぐらい速いじゃないですか(笑)。だから、ちょっと小暮さんのタイムは、今の段階では見えません。ただ、気にはなりますけど、それに惑わされず、今のうちに多くのことを試して、データをたくさん取りたいと思います。