SUPER FORMULA Logo

SUPER FORMULA Official Website

JapaneseEnglish

t_news

2011-06-27 00:00:00

小暮選手が被災地の小学校を訪問

【報告】続・被災地へ届け!ぼくたち・わたしたちのキモチ

去る4月17日に小暮卓史選手がぐんまこどもの国児童会館で行なったイベント『被災地へ届け!ぼくたち・わたしたちのキモチ』で集めたこどもたちからのメッセージを被災地のこどもたちへ届けるために宮城県亘理郡の山元町立山下小学校を訪問しました。

小暮選手は、被災地へ訪問するタイミングを慎重に検討していましたが、東北学院大学ボランティアステーションの協力で、校舎が倒壊し、現在は山下小学校を間借りして授業を再開している山元町立山下第二小学校の児童たちを訪ねることになりました。

当日は授業終了後の6年生の教室を訪れ、小暮選手の自己紹介から始まり、群馬で行なったイベントの紹介、そして最後に群馬のこどもたちからのメッセージを渡しました。また、フォーミュラ・ニッポンで配布している「小暮ヨーヨー」や昨年のイベントでも好評だった「紙とんぼ」、交通安全グッズ「リフレクター」を小暮選手から全校生徒分プレゼントしました。

こどもたちからのメッセージは 小暮卓史オフィシャルサイト でも紹介されています。
小学校訪問の詳細は こちら(PDF) をご覧ください。

NS014717 Image1


小暮卓史選手からのコメント
「実際に被災地を訪れ、被害状況を目の当たりにし今回の震災の甚大さをあらためて痛感しました。こどもたちにどういう言葉をかけていいものかと緊張してうまくお話しすることができなかったかもしれませんが、こどもたちはリラックスした様子で真剣に僕の話を聞いてくれました。
群馬のこどもたちからのメッセージが山下第二小学校のこどもたちに伝わって、ひとりでも多くのこどもたちが元気づけられることを願って、たくさんのメッセージを手渡してきました。
今回、ご協力いただきました山下第二小学校の先生方、関係者の方々、貴重な時間をいただき、ありがとうございました。今後もいろいろなかたちで協力していきたいと思っています」

NS014717 Image2