SUPER FORMULA Logo

SUPER FORMULA Official Website

JapaneseEnglish

t_news

2011-07-15 00:00:00

第3回公式合同テストレポート

2010チャンピオンが逆襲へ!! デ・オリベイラ(TEAM IMPUL)がトップタイムを奪取
2番手は昨年の富士勝者・平手とIMPULの1-2。3番手に一貴がつける

photo
No.1 J.P・デ・オリベイラ

翌日に第3戦を控えた7月15日、富士スピードウェイ(静岡県)で全日本選手権フォーミュラ・ニッポンの第3回公式合同テストが実施された。1時間という短い時間ながら、貴重な走行の機会となったこのテストでトップタイムをマークしたのはNo.1 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(TEAM IMPUL)。No.2 平手晃平(TEAM IMPUL)がこれに続き、TEAM IMPULがワン・ツーを果たす。そしてランキングトップのNo.37 中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM'S)が3番手となった。

2011-07-15 □天候:晴れ コース:ドライ 気温:29度 路面温度:52度

photo
No.2 平手晃平

 すでに梅雨明けした富士スピードウェイは、この1週間晴天に恵まれ、テストが行なわれた金曜日も汗ばむようなコンディションとなった。セッション開始時刻の午後4時の段階で、気温は29度、路面温度は52度。このコンディションの中、コースがオープンされると、間もなく全車コースイン。持ち込んだクルマの状態を確認する。そこからは、各チームともに用意していたセットアップメニューを消化。日曜日に行なわれる予選および決勝に向けての準備を進めていった。
 そんな中、セッション半ばから好タイムを連発したのは、ディフェンディング・チャンピオンながら、今季ここまで納得の行く結果を出せていないNo.1 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ。この日、新たなセットアップをトライしたというオリベイラは、常にトップに名を刻んでいたが、セッションの最後には、ニュータイヤでアタックし、1分26秒266までタイムを伸ばして、1日を締めくくった。

photo
No.37 中嶋一貴

 これに0.203秒差で続いたのは、昨年この富士のワンデーレースで優勝しているNo.2 平手晃平(TEAM IMPUL)。さらに富士育ちと言ってもいいNo.37 中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM'S)がそれに続いた。一方、チャンピオン候補筆頭と言われるNo.32 小暮卓史(NAKAJIMA RACING)は7番手、開幕戦を制したNo.36 アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM'S)は8番手。今季好調を維持しているNo.16 山本尚貴(TEAM 無限)は9番手、No.41 塚越 広大(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)は10番手、No.40 伊沢拓也(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)は11番手に留まったが、こうしたドライバーたちは、ニュータイヤでのアタックを行なっていない。この日は、どのチームも、前回のレースから持ち越したタイヤ1セットに加え、ニュータイヤを2セット使用できるということになっていた。また、この3セットのうち、使用済みの2セットを明日16日の練習走行に持ち越せるということで、ニュータイヤでのアタックを行なわず、スクラブ(新品タイヤの表面を削るだけの走行)しただけのチームが複数あったのだ。これに対して、ルーキードライバーたちはアタックの練習を積むため、ニュータイヤをすべて投入した者も。その中で、No.31 中嶋大祐(NAKAJIMA RACING)が1分26秒977で一時トップタイムをマーク。最終的にもチームのエース小暮を上回る6番手と活きのいい走りを見せている。
 明日16日(土)は、午前9時15分から55分まで、午後1時45分から午後2時45分までの計1時間40分、2回の公式練習が行なわれる。そこでもチャンピオン、オリベイラがトップに君臨するのか。あるいは小暮やロッテラー、山本、伊沢、塚越らが浮上してくるのか? 予選、決勝を占う重要なセッションとなるだけに、注目される。

トップタイム:No.1 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(TEAM IMPUL)
 今日は、少しサスペンションのジオメトリー(セッティング数値の組合せ)のテストをして、最後に1セットのニュータイヤを使ってアタックした。最終コーナーで少しミスしてしまったから、それがなければもう少しタイムを伸ばせたんじゃないかと思うけど。クルマのバランスは、理想的というところまで、あと少しだね。今日は何人か、ニュータイヤでアタックしていないドライバーもいたから、単純に比較できない部分もあるね。特に、アンドレ(No.36 ロッテラー)とか。僕も1セットはスクラブしただけで、明日のために1セットは取ってあるんだけどね。
 僕らのクルマはまだ完璧な状態ではないけど、まだ進歩させる余地が残っているし、とにかく走り始めから好タイムを出せたのは自信になった。今日は、自分たちが持っていた基本のセットアップで走り始めたんだけど、その後、ジオメトリーを変更したらユーズドタイヤでもタイムを更新していけたし。まだ少しクルマはオーバーステアに感じるけど、こんな風に暑いコンディションになると、クルマの挙動も大きく変わってくるし、今日の結果には満足しているよ。ここからさらに速くして行ける余地が残っているから、明日が楽しみだね。