SUPER FORMULA Logo

SUPER FORMULA Official Website

JapaneseEnglish

t_news

2011-07-29 00:00:00

第4戦もてぎは「距離250km、2回タイヤ交換義務付け」

先般、実施致しました携帯サイトによる「緊急アンケート」にたいへん多くのファンの皆様からご回答をいただき、ありがとうございました。皆様の貴重なご意見に対して、全日本選手権フォーミュラ・ニッポン統括団体である株式会社日本レースプロモーション(JRP)として、今後とも皆様に素晴らしいレースをお見せすることが出来るよう努力して参りますので、引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。

 次戦第4戦もてぎ大会におきましては、「決勝レースの距離は250km、2回のタイヤ交換義務付け」の規定でレースを行います。JRPとしましては、2回のタイヤ交換を行なうことで、全てのスティントでドライバーが全開のスピードでドライブすることができ、皆様により白熱したバトルがお見せ出来るものと考えております。またタイヤ交換のタイミングを定める点では各チームの戦略を際立たせ、ピットワークではピットクルーの手腕をも勝敗に関わる事になります。コンマ数秒を争うモータースポーツにおいて、チームの総合力が試される「見せ場の一つ」と考えております。

 皆様にはこれらの要素を充分にご堪能頂き、より楽しんでご観戦いただければと思います。同時にサーキットの場内実況やテレビ中継のコメンタリーでも、皆様によりわかりやすくお伝えすることを心がけていきたいと考えております。
 引き続き全日本選手権フォーミュラ・ニッポンをよろしくお願いいたします。

NS014884 Image1

チームの総合力を問うピット作業/参考イメージ


*なお、皆様から頂戴致しましたアンケート結果は、フォーミュラ・ニッポンオフィシャル携帯サイト(無料)にて集計結果を御覧いただけます。