SUPER FORMULA Logo

SUPER FORMULA Official Website

JapaneseEnglish

t_news

2011-11-27 00:00:00

JAF表彰式で2011年チャンピオンらが表彰される

PETRONAS TEAM TOM'Sの4冠に満面の笑みとなった舘監督

 11月25日、都内で「2011 JAF モータースポーツ表彰式」が開催され、日本最高峰のレースである“全日本選手権フォーミュラ・ニッポン”をはじめ、日本自動車連盟(JAF)が管轄する国内モータースポーツの2011年度上位入賞者が一堂に会し、その成績を表彰された。

NS015738 Image1

 JAF表彰は数多くのカテゴリー、クラスで行われていくが、そのトリとなるのは全日本選手権フォーミュラ・ニッポンだ。2011年ドライバーズ・チャンピオンのアンドレ・ロッテラー(No.36 PETRONAS TEAM TOM'S)は、残念ながら出席できなかったため、TEAM TOM'Sの伊藤マネージャーが代理で、田中節夫JAF会長よりJAFのチャンピオン認定トロフィーを受け取った。ランキング2位の中嶋一貴(No.37 PETRONAS TEAM TOM'S)、同3位のジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(No.1 TEAM IMPUL)には表彰盾が、同4位の塚越広大(No.41 DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、同5位の大嶋和也(No.7 TEAM LeMans)、同6位の石浦宏明(No.8 Team KYGNUS SUNOCO。代理)には表彰状が授与された。

 欠席となったロッテラーだが、会場にビデオメッセージを届けていた。「“やったー”という気持ちです。フォーミュラ・ニッポンはとてもレベルが高く、海外でも知られているレースです。それだけに、このタイトルは私にとって特別なもの。参加していて楽しいし、激しい競争もあり、やりがいもありました。また、チームがとてもがんばってくれ、おかげで優勝5回、2位1回という、これ以上にない結果を残せました。シーズンを通じて応援してくれた皆さんにも感謝します」と参戦9年目にして届いた王座への感動と、応援への感謝を述べていた。

NS015738 Image3


 また、チーム・チャンピオンとなったPETRONAS TEAM TOM'Sには、舘信秀監督にチャンピオン・トロフィーが授与された。そしてメカニック賞もPETRONAS TEAM TOM'Sが獲得し、こちらも黄金のスパナを象ったトロフィーと、TEAM TOM'SはJAF表彰式で3冠を獲得した。

NS015738 Image2



 JAF表彰式の後に行われた懇親会会場では、オーガナイザーである日本レースプロモーション(JRP)の表彰式も行われた。ここではチャンピオンのロッテラーの代わりに舘監督が、白井裕JRP社長より大杯を贈られ、満面の笑みを浮かべていた。
 さらに今季からフォーミュラ・ニッポンに参戦しランキング2位となった中嶋一貴には、ルーキー・オブ・ザ・イヤーのトロフィーが授与された。これでPETRONAS TEAM TOM'Sとしては2つのチャンピオン、メカニック賞に加え、ルーキー・オブ・ザ・イヤーと、なんと4冠を手にしたことになった。

NS015738 Image4


NS015738 Image5

1位、2位、3位のトロフィーの大きさを較べて…

NS015738 Image6

中嶋一貴はルーキー・オブ・ザ・イヤーのトロフィーも手にした