SUPER FORMULA Logo

SUPER FORMULA Official Website

JapaneseEnglish

t_news

2012-11-01 00:00:00

松田次生、佐藤琢磨、白井JRP社長 末永紀子鈴鹿市長を表敬訪問

2012年フォーミュラ・ニッポン最終戦鈴鹿大会に先駆け、11月1日(水)フォーミュラ・ニッポン選手会会長の松田次生選手(#20 TEAM IMPUL)、鈴鹿大会にスポット参戦する佐藤琢磨選手(#15 TEAM無限)、JRP代表取締役社長白井裕の3人が、鈴鹿市庁舎に公務中の末松則子鈴鹿市長を訪ねた。

日頃からモータースポーツファンを自称するする末松市長は、早速3人の訪問を笑顔で迎えた。席上白井社長が、先日JRPより11月4日(日)RACE2でのスタートコールをお願いしたところ、市長よりご快諾いただいた件についてお礼を述べると、末松市長は「緊張するけれど大役を果たせるよう頑張ります。皆さんが活躍されることでみんなが喜んでくれて、元気を頂けると思っています。」と抱負を述べた。また佐藤琢磨選手からは、「自分も10歳の時に初めて鈴鹿でレースを見た。実際に足を運んでレースを見ると、その臨場感は素晴らしいもので、その時の感動が忘れられない」と話すと、市長は「小学校の教科書の副読本に、鈴鹿サーキットの事を載せるようにしたところ、子供たちが目を輝かして見てくれているのがとても嬉しい」と紹介。そして鈴鹿市の隣り、桑名市出身で選手会長の松田次生選手は「若い人に夢を与え続けられるよう、鈴鹿サーキットが100年も200年も続くよう応援してほしい」話すと、末松市長は笑顔で何度も頷いてた。

NS017003 Image1


NS017003 Image2