SUPER FORMULA Logo

SUPER FORMULA Official Website

JapaneseEnglish

t_news

2012-11-07 00:00:00

第7戦鈴鹿でスーパーフォーミュラのロゴマークを発表

ピュアな競技性とSPEED、COMPETITION、EMOTIONALを表すロゴと説明

 11月4日、第7戦が行われた鈴鹿サーキットで2013年よりスタートする「全日本選手権スーパーフォーミュラ シリーズ」のロゴマーク発表が行われた。

NS017196 Image1


 この日は第7戦の決勝日。お昼に行われたピットウィーク開始に併せて、コース上に最終戦に参加する18人のレーシング・ドライバーと日本レースプロモーション(JRP)の中嶋悟会長と白井裕代表取締役社長が整列。その前にスーパーフォーミュラのロゴマークが描かれたビッグフラッグが登場。鈴鹿に集まった1万4000人ものファン、そしてテレビを見ているファンに、ロゴマークをお披露目した。
 中嶋会長は「“フォーミュラ・ニッポン”という名前にも、皆さんが17年間親しんで頂き、声援も頂きました。来年度からは“スーパーフォーミュラ”という名前にチェンジして新たな戦いを繰り広げていきたいと思います。名前は変わっても熱い戦いは変わりません。来年もまたサーキットに足を運んで応援してください」と、名称の変更に関してファンへあいさつした。
 この後、スタンド裏などでスーパーフォーミュラのロゴをあしらったスッテカーなどのグッズが、ファンにプレゼントされた。

 この一般発表が行われた前日、「フォーミュラ・ニッポン サタデーミーティング(JRP定例記者会見)」にて報道陣向けの発表も行われた(発表解禁は4日正午)。白井社長からスーパーフォーミュラのロゴが発表され、手に掲げると多くのカメラマン、記者が間近によって撮影。関心の高さを伺わせた。

NS017196 Image2


 白井社長はロゴのコンセプトを「ブラック&ホワイトのシンプルさは、ピュアな競技性をイメージ。フォーミュラの頭文字“F”を連想させる部分は未来への広がりをイメージさせています。また横の3本のラインはSPEED(速さ)、COMPETITION(競技)、EMOTIONAL(感動)というキーワードをスーパーフォーミュラの要素とすることを表しています。このコンセプトを含んだロゴマークの下、2013年以降は皆さんに、さらに良いレースをお見せしていきたい」とロゴマークのデザイン・コンセプトを説明した。

NS017196 Image3

記者会見で配付されたプレスキット


スーパーフォーミュラ 新サイト「superformula.net」