SUPER FORMULA Logo

SUPER FORMULA Official Website

JapaneseEnglish

t_news

2013-02-07 00:00:00

第5戦インジェ大会の参戦を目指す地元ドライバーがF3で富士をテスト走行

大韓民国の3選手の果敢な走りを関谷正徳氏やJRP関係者が見守る

NS017310 Image1

 2月7日(木)、スーパーフォーミュラを運営する日本レースプロモーション(JRP)は、静岡県・富士スピードウェイで、今シーズンのスーパーフォーミュラ第5戦インジェ大会(8/24,25)にスポット参戦できるだけのパフォーマンスを持った大韓民国人ドライバーの発掘を行うべく、候補ドライバー3名のオーディションを実施した。このオーディションは、5月に正式オープンを迎える予定となっているインジェ・オートテーマパークを運営するインジェ・オートピア、また大韓民国のASN(日本のJAFに相当する組織)であるKARA(コリア・オートモビル・レーシング・アソシエーション)の協力を得て実施されたもの。このオーディションを通じて、インジェでの大会に、同国のドライバーが参加することで、スーパーフォーミュラに対する大韓民国のモータースポーツファンや一般市民の興味をより喚起することを狙いとしており、日本の取材記者だけでなく同国の自動車ジャーナリスト達も3選手に同行して取材を行っていた。

 この日、参加したのは3選手。主に米国でキャリアを積んできたチェ・ヘミン選手、日本でフォーミュラ・トヨタに参戦経験があり、昨年は大韓民国のツーリングカーシリーズKSFジェネシスクーペシリーズに参戦していたジョン・イチョル選手、FTRS(*)卒業生で一昨年はF4シリーズに参戦していたキム・ドンウン選手の3名。オーディションに使用されたのは、現在F3のナショナルクラスで使用されているダラーラF307。1名につきスポーツ走行枠を1枠、ニュータイヤを1セット使用し、午後2時20分〜2時50分、午後4時〜4時30分、午後4時40分〜午後5時10分という時間帯で走行が行われた。また、この3人の走りを、FTRSの関谷正徳校長がアドハイザーとして見守っている。
*:フォーミュラトヨタ・レーシングスクールの略

 この日、最初にマシンに乗り込んだのは、富士初走行となるチェ選手。F3も初体験ということで戸惑った部分もあったのか、チェ選手は走行時間を10分あまり残したところで、スピン。プリウスコーナーにマシンを止める結果となった。そのため、ベストタイムも1分42秒台に留まっている。
 そこから1時間あまりのインターバルを経て、2番目に乗り込んだのは、フォーミュラカーに乗るのが5年ぶりというジョン選手。富士スピードウェイは数年前に走った経験があるというものの、やはりF3は初めて。久々のフォーミュラカードライブということで、なかなかタイムは伸びず、1分43秒台に留まった。
 さらに、10分間のインターバルを経て、最後にマシンに乗り込んだのは、キム選手。キム選手もF3は初めてだったが、富士での経験は最多ということで、周回を重ねるごとに順調にタイムアップ。夕方となって路面温度が低く、メインストレートが追い風だったことなどもあったが、1分40秒484という、この日のベストタイムをマークした。

 しかし、3名のドライバーの走行時のコンディションや富士での経験値などの違いもあり、オーディション結果をすぐに出すことは容易ではない。そのため、本日の走行データを今後解析。JRPとインジェサーキット、関谷校長らの協議によって結論が導き出されることとなっている。



関谷正徳FTRS校長のコメント

 今日は初めて富士を走った選手もいる一方、最後に走ったキム選手のように富士での経験があるドライバーもいたので、そういう意味ではキム選手にとって少し有利だったかなと思います。ただ、1人につき25分間という短い走行時間の中で、(各ドライバーの実力を)判断するのは難しいと思いますね。もう少し慣れてもらった中で、結論を出すのが一番いいんじゃないかと思いました。今の状況で言うと、慣れている分だけキム選手が良かったですし、ファイティング・スピリットも感じられましたね。あとは、それぞれ体力的な面がもう少し必要だったり、技術的にももう少し練習が必要かなという部分がまだまだあるので、時間をかけていかないと、判断するのは難しい。
 でも、スキルを上げるためには、何と言ってもフォーミュラカーに乗ることが大切。そのためにはクルマが必要なので、大韓民国でも日本のF4やスーパーFJみたいなものを同じような環境の中で、できるようになればいいなと思いました。あとはF3ですね。今はF3が世界共通ルールとして行われているカテゴリーなので、大韓民国でもF3のレースがスタートできるようになればいいんじゃないかなと思いますし、僕らとしてもそうなって欲しいですね。このように、大韓民国の選手がスーパーフォーミュラを含めて、もっともっと日本のレースとコラボレーションしていければいいなという風には思います。今回のオーディションは、その第一歩として大変いい試みだと思っています。

オーディション参加ドライバーのコメント
チェ・ヘミン(CHOI HEAMIN)選手
 富士は初めて走りましたが、とても設備がいいコースだと思いましたし、高速区間と低速区間が上手くミックスされていて、初めて勉強するのにとてもいいサーキットだと思いました。今日は、慣れていないF3のマシンと、初めての富士ということで、少し心配はしていましたが、走ってみたらそれほどクルマ自体、難しいとは感じませんでしたし、周回するにつれてグリップも上がってきました。クルマ自体は、米国で乗っていたスター・マツダというカテゴリーのクルマと大きく違わない印象でした。最後はスピンして終わってしまいましたが、もう少し練習すれば上手く走れるようになるんじゃないかと思います。17分しか乗れなかったのは残念でしたし、もったいなかった。まだクルマのダウンフォースに慣れていなかったことと、ライン外がスリッピーだったので、少し滑ってスピンしてしまいました。出来としては、70点ぐらいだったと思いますね。
 オーディションの結果がどうなるかは分かりませんが、僕自身、もう少し練習すればもっと速くなると思いますし、今日乗ったクルマとはまた全く違うと思いますが、スーパーフォーミュラのクルマを乗りこなす自信もあります。僕は大韓民国のドライバーの中では誰よりも早くクルマに慣れることができると思っていますし、もしスーパーフォーミュラに乗れることになれば、がんばりたい。もし乗れることになったらインジェで私のことを応援してもらいたいと思っています。

ジョン・イチョル(JUNG EUI CHUL)選手
 本当に久しぶりにフォーミュラカーに乗って、“楽しいな”と思いました。ただ、最近乗っていたクルマがツーリングカーばかりだったので、フォーミュラカーに乗ったら首がちょっとツラかったですね。日本のサーキットは何ヵ所か経験していますが、当時から富士スピードウェイが一番楽しいと思っていましたし、今日も楽しめました。F3は初めて乗りましたが、まず驚いたのはダウンフォースがすごく大きくて、コーナリングスピードをとても上げられるということでした。そのダウンフォースを使って、グリップを生かせることも驚きでしたね。でも、まずこのクルマに乗るに当たっては、もっと体力が必要だと思いました。
ラップタイムが思ったように出なかったのは残念ですが、それは自分の準備が十分にできていなかったからだと思います。ただ、今自分が持っている力はすべて出せたと思うので、悔いはないです。日本のトップクラスであるスーパーフォーミュラのレースが、今年インジェで開催されることについては、とても喜ばしいと思っています。日本と大韓民国は近いですし、インジェはとてもテクニカルでいいコースなので、多くの人が日本からも見に来ていただけると嬉しいです。

キム・ドンウン(KIM DONG EUN)選手
 2007年に、初めて日本でフォーミュラカーに乗ったんですが、その時は他の人たちについていくことができなかったんです。そういうことがあったので、より“がんばろう”という気持ちになりましたし、日本のF4でフォーミュラカーの経験を積みました。その後、大韓民国で6000㏄のエンジンを積んだツーリングカーで3年間レースをし、今日初めて日本でF3に乗ることになりましたが、F4のクルマとはまったく違うという印象を受けました。もっとポテンシャルがありますね。今日の走行は時間が短かったので、自分の体力の限界を感じる前に終わってしまったという感じでしたが、それでも経験したことのないGを感じたので、今後は首や手首をもって鍛えなければいけないなと思いました。でも、F4の時以上に上手く走れたと思いましたし、良かったんじゃないかと思いますね。
 私はレースを始めてから10年。大韓民国ではトップを走っているのに、海外では後ろを走ることが多く、それが“悔しい”と思って一生懸命がんばってきました。これからも自分の足りない部分を補って、もっと勉強して、日本でも世界でも通用する選手になりたい。F4をやっている時、フォーミュラ・ニッポン(現スーパーフォーミュラ)を見た時には、F1に負けないぐらい速いと思いましたし、F1を目指すのであれば自分が通らなければいけないひとつのステップだと思っていました。ドライバー個人個人の実力を出せるレースだと思いますし、すごく出たいと思っていましたね。日本でカートに乗っていた時に一緒にレースをしていたドライバーたちが、今ではスーパーフォーミュラやGTのレースに出ているので、私も出てみたいです。