SUPER FORMULA Logo

SUPER FORMULA Official Website

JapaneseEnglish

t_news

2013-02-08 00:00:00

塚越がHP REAL RACINGへ!佐藤琢磨はRd.1鈴鹿に参戦!!

Hondaが参戦体制を発表。武藤がレギュラーに復帰など、2台増の8台に

 2月8日、東京都港区の本田技研工業株式会社本社で「2013 Honda モータースポーツ活動計画発表会」が開かれ、今季のスーパーフォーミュラに参戦するHondaエンジン供給チームの体制を発表した。
 今季も日本レースプロモーション(JRP)を通じて、3.4リッターのV8エンジン「HR12E」を供給。サポートするチームは昨年と同じ4チームだが、レギュラー参戦の台数は2台増え8台で、参戦ドライバーは延べ9人となる。

 まず昨年初優勝を果たした塚越広大が、スーパーフォーミュラ(当時フォーミュラ・ニッポン)でデビューしたチームのHP REAL RACINGに移籍。ゼッケン10を付け、昨年逃したドライバーズチャンピオンの獲得を目指す。昨年は1台での参戦だった同チームだが、今季は2台体制となり、ゼッケン11は昨年スポット参戦した中山友貴がレギュラーでドライブする。
 TEAM 無限も全戦で2台体制で、16号車は昨年同様に山本尚貴。15号車は昨年スポット参戦した現役インディカードライバーの佐藤琢磨と、一昨年のシーズンを走った小林崇志がシェアすることになる。開幕戦鈴鹿(4/13,14)は佐藤が参戦。以後は小林がドライブし、シーズン終盤のインディカーシリーズとバッティングしないラウンドで、再び佐藤が乗る。
 NAKAJIMA RACINGは、昨年と同じにエースカーの32号車に小暮卓史、31号車に中嶋大祐。
 2012年チームチャンピオンのDOCOMO TEAM DANDELION RACINGだが、40号車は引き続き伊沢拓也。41号車は元インディカードライバーの武藤英紀となった。武藤は2011年に1戦のスポット参戦はあるものの、フル参戦では2006年以来の国内トップフォーミュラ復帰だ。

 発表会ではHondaサポートの選手を代表して、昨年ドライバーランキング2位となった塚越広大がコメント。「昨年はチームのタイトルを獲得しましたが、僕自身はドライバーチャンピオンを逃し、本当に悔しい思いをしました。それだけに、このHondaに所属するからには、速くないと、勝たないといけないという思いを深めました。速いHondaをお見せするため、ここにいるドライバー一同がんばりますので、応援をよろしくお願いします」と、Hondaスピリットを胸に今季に臨むことを誓った。


 また、昨年に引き続きスーパーフォーミュラにスポット参戦する佐藤琢磨は、まず開幕戦鈴鹿に参戦する。以後、シーズン終盤でインディカーシリーズにバッティングしないラウンドに参戦する予定だ。  佐藤は「昨年、初めて乗ったスーパーフォーミュラには度肝を抜かれました(笑)。少々特殊な(傾向のある)クルマでもあるし、ドライブして勉強になったし、楽しかったです。チームにデータを残したかったので、スポット参戦の僕はチャンレンジするセッティングをしたこともあり、1つ2つと貢献はできたと思います。でもレーシングドライバーとして、前を走れないことは悔しいところでもありました。今年は3月2、3日の鈴鹿ファン感謝デーに行われるラウンド0と、その後2回の公式テストにも参加し、チームと万全な体制で開幕戦に挑めればと思います。その後は、小林(崇志)選手にバトンタッチし、2台体制という安定した状態で進んでくれると思います。そして、秋に戻ってきた時に、昨年できなかった“良い走りをお見せする”ということを達成したいですね」と開幕戦、2年目のシーズンに向けて抱負を語った。

 Hondaのスーパーフォーミュラ プロジェクトを指揮する坂井典次プロジェクトリーダーは「昨年、ドライバーズは逃しましたが、最終戦の最後までチャンピオンを争うことができ、チームのタイトルは獲得できました。それを考えればエンジンも車体も高いレベルであったと考えています。そして、今年ですが。スーパーフォーミュラと名称も改まり、研究所もエンジン開発や車体のサポートに気合いを入れて行きます。現在の3.4リッターのエンジンを供給し始めたのは2009年なんですが、その頃に較べて開発のスピードが諸般の事情で一時鈍ってしまった。2012年はそれを元に戻しました。そして、2013年はこのエンジン(3,400cc自然吸気V型8気筒)で最後の年。いろいろやり切りたいと思い、各種のパラメータをもう一度見直しています。燃焼率やフリクション低減をさらに向上させ、車体の面でもF1に関わったスタッフのノウハウも入れました。エンジンも車体も現行型は今年で最後ですから締めくくりをやり、そうすれば結果が付いてくると考えています」と語った。

 今季のドライバーラインナップ変更に関する質問が記者から出ると、坂井プロジェクトリーダーは「Hondaとしてはフォーミュラレースを通じて、ドライバーも育てたいと考えています。SRS(鈴鹿サーキットレーシングスクール)やフォーミュラドリーム・プロジェクト(HFDP)で育成し、国内トップのスーパーフォーミュラに上がる。でもそこで終わりではなく、さらにドライバーとして向上してもらいたいのです。例えば、HFDPで育った塚越選手は昨年チームのチャンピオン獲得に貢献して、大きく成長しました。その知恵や技術を持って別なチームに移籍し、今度はそのチームを引っ張って速くする。それもドライバーの鍛錬だと思います。塚越選手だけでなく、この4チームの若い人、ベテランそれぞれが今年最後となるクルマを仕上げて、勝ちにいける体制を作れたと思います。それぞれが切磋琢磨してくれることを期待します」と明かしてくれ、新たな伊沢と塚越の対決、小暮の復活、若手の躍進に期待を寄せていた。

2013年Hondaドライバーのコメント
HP REAL RACING
No.10 塚越広大
「昨年はチャンピオンを逃し、『これほど悔しいレース(最終戦)はなかった』と落ち込みました。これでレースには負けたくない、勝ちたいという想いがさらに強くなりました。この経験が今年にプラスになると思います。今年は以前お世話になったHP REAL RACINGに戻るのですが、DOCOMO TEAM DANDELION RACINGで得た経験を活かし、結果を出したい。そして、昨年のチームメイトである伊沢さんに負けないようがんばりたいです」
No.11 中山友貴「昨年はスポットで、今年が初めてのフル参戦となります。1年目だからと小さくならずに、1戦1戦を走りきって少しでも多くのノウハウを吸収し、塚越選手からも学んで、早く上位を争えるようがんばっていきたいです」

TEAM 無限
No.15 小林崇志「今年はスポット参戦となりますが、15号車をドライブするチャンスをいただきました。まずは、1年間のブランクがあるので早い段階で勘を取り戻し、まだまだ未熟な自分の腕を磨いて、結果に繋げられるようがんばりたいです」
No.16 山本尚貴「今年もTEAM 無限で走ることになりました。今年は担当のエンジニアが代わるので、そこも楽しみですね。今シーズンこそ結果が残せるようがんばりたいです」

NAKAJIMA RACING
No.31 中嶋大祐
「昨年の後半にはこれまで見えなかった部分が見えてきて、良い戦いができたのですが、結果には結びつきませんでした。昨年良くなった部分を活かし、力を付けて、もっと上の位置で戦えるようがんばっていきたいと思います」
No.32 小暮卓史「参戦11年目となるので、何としてでもタイトルを獲りたい。一昨年、去年と不本意なシーズンでしたので、今年はまずは自分が納得するレースをしたいです」

DOCOMO TEAM DANDELION RACING
No.40 伊沢拓也「昨年はシーズン後半で2勝し、スプリントカップでも勝て、良いシーズンだったとは思います。ですが、やはり取り逃したものが非常に大きく、悔しいシーンオフでした。今年は“絶対ドライバーズチャンピオンを獲る!”という気持ちで戦いたいです」
No.41 武藤英紀「7年ぶりの国内トップフォーミュラ復帰です。このチームは去年のチームチャンピオンですし、言い訳のできない体制だと思います。あとは自分次第。プレッシャーはありますが、ここにいるみんなに負けないよう走ります」


2輪・4輪の選手が勢揃いした2013年Honda体制発表会。


発表会があったHonda本社前には昨年のチームチャンピオン
DOCOMO TEAM DANDELION RACINGの40号車も飾られていた。