MENU

  • TOP
  • Headline News
  • トヨタが2017年のモータースポーツ活動計画を発表 1号車は昨年チャンピオン国本雄資、A・ロッテラーの参戦も

Headline News

トヨタが2017年のモータースポーツ活動計画を発表 1号車は昨年チャンピオン国本雄資、A・ロッテラーの参戦も

2017年2月2日

トヨタ自動車株式会社は2月2日、「2017 TOYOTA GAZOO Racing プレスカンファレンス」を東京・お台場のメガウェブで開催。2017年4シーズン目を迎える直列4気筒2リッター直噴エンジン(RI4A)を、TRDを通じて全6チーム、11台に供給すると発表し、あわせて参戦各チームとドライバーラインナップが発表された。

発表会の冒頭では、嵯峨宏英(さがこうえい)トヨタ自動車専務役員が登壇し「モータースポーツを通じて、もっといいクルマづくりを進めていくと共に、クルマ好きの気持ちにもっと応えていき、クルマファンの拡大につなげていく」とし、今シーズンの活動計画を発表した。

2017年のTOYOTA GAZOO Racingの参戦体制は、参戦チーム、参戦台数こそ昨シーズン同様だが、チーム移籍や若手の登用もあり、例年になくチャレンジングなラインナップとなった。

昨シーズンのドライバー部門、チーム部門の二冠に輝いたP.MU/CERUMO・INGINGはディフェンディングチャンピオンの国本雄資がカーNo.1を、チャンピオン奪還に燃える石浦宏明が2号車を駆り、連続タイトルを狙う。

KONDO RACINGは今季も2台体制だがドライバーを刷新、ニック・キャシディと山下健太の2015年16年全日本F3選手権チャンピオンを起用。期待の若手がトップフォーミュラでどこまで実力を発揮できるかが注目される。

SUNOCO TEAM LEMANSの8号車には2015年第2戦でスポット参戦はあるが2012年以来のレギュラーシートを獲得した大嶋和也が復帰、7号車は今日現在で調整が続いている。

KCMGには小林可夢偉が移籍。心機一転して臨む国内復帰3年目は勝負の年となる。

ITOCHU ENEX TEAM IMPULはエースナンバーの19号車に、昨年ルーキーながら最終戦までランキングトップを走る実力を見せつけた関口雄飛が、そして20号車のシートはヤン・マーデンボローが獲得。昨年の全日本F3でランキング2位、2014年のオフテストでも星野一義監督を唸らせる走りを見せたマーデンボローがついにSF参戦を果たした。2010年にチャンピオンを獲得し、以降も常にチャンピオンシップ争いを繰り広げたJ.Pデ・オリベイラはスーパーフォーミュラのレギュラーシートを失う事になった。

VANTELIN TEAM TOM’Sは、一時は参戦が心配されたアンドレ・ロッテラーが36号車を、37号車には中嶋一貴が収まり、今シーズンも最強布陣となった。

SF14/NREパッケージとなった2014年以降すべてトヨタエンジン・ユーザーからチャンピオンを輩出し、またチャンピオン経験者4人、ルーキー3人とバランス良くラインナップを揃えたトヨタエンジン勢。未発表ドライバーが気になるところだが、今季もその活躍が期待される。

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • 富士スピードウェイ
  • ツインリンクもてぎ
  • 岡山国際サーキット

FACEBOOK

TWEET #SFORMULA

LINKS

Series Partner

  • 本田技研工業株式会社
  • トヨタ自動車株式会社

Series Supporter

  • 横浜ゴム株式会社

Promotion Partner

  • 日立オートモティブシステムズ株式会社
  • ソニー RX0
  • 人気酒造株式会社

Broadcast Partner

  • BSフジ
  • 株式会社ジェイ・スポーツ