MENU

  • TOP
  • Headline News
  • 2018年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第2戦 決勝は雨と霧に見舞われ、天候の回復が見込めないため中止が決定。

Headline News

2018年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第2戦 決勝は雨と霧に見舞われ、天候の回復が見込めないため中止が決定。

2018年5月13日

前日までの好天から一転、朝から小雨が降り始めた大分県地方。その段階で、オートポリス周辺は、霧に包まれていた。だが、そこから霧が濃くなってコース上の視界が悪くなったため、午前9時50分から予定されていた全日本スーパーフォーミュラ選手権のフリー走行は、一旦10時35分からと開始時間が変更になる。しかし、その決定後、今度は雨脚が強まり、フリー走行はキャンセルされることが決定した。
 その後、ピットウォークからは一時天候が回復。併催のJSB1000クラスに関しては、距離を75%に短縮しての決勝レースが行われた。これに続いて、スーパーフォーミュラのウオームアップ走行が午後1時20分から40分の予定で行われる。しかし、開始から7分余りというところで、No.20 平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が13コーナーで、No.8 大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)が16コーナーでコースアウトしストップ。セッションは赤旗で中断された。その後、再び雨脚が強まったため、フリー走行はここで終了。当初の予定よりも10分遅れの午後1時55分、各ドライバーはグリッドへの試走のため、ピットを後にすることになった。ところが、このタイミングになると、場内放送が入り、チーム代表者がブリーフィングルームに召集される。そして、午後2時15分、これ以上の天候回復が見込めないということで、本日の決勝レースは中止されることが決定した。

第3戦はスポーツランドSUGOにて5月26日(土)予選、27日(日)決勝レースが行われます。

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • 富士スピードウェイ
  • ツインリンクもてぎ
  • 岡山国際サーキット

FACEBOOK

TWEET #SFORMULA

LINKS

Series Partner

  • 本田技研工業株式会社
  • トヨタ自動車株式会社

Series Supporter

  • 横浜ゴム株式会社

Promotion Partner

  • 日立オートモティブシステムズ株式会社
  • ソニー RX0
  • 人気酒造株式会社

Broadcast Partner

  • BSフジ
  • 株式会社ジェイ・スポーツ