MENU

  • TOP
  • Headline News
  • フリー走行1回目も石浦宏明がトップタイム。第3戦フリー走行1回目レポート

Headline News

フリー走行1回目も石浦宏明がトップタイム。第3戦フリー走行1回目レポート

2018年5月26日

2018年シーズン3戦目を迎えた全日本スーパーフォーミュラ選手権。その舞台は宮城県スポーツランドSUGOへと移り、5月26日午後からは予選を迎える。これを前に、午前9時から1時間にわたりフリー走行が行われ、セッション終盤に新品のソフトタイヤを装着したドライバーがタイムアップ。その中でNo. 1 石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)が1分05秒663のタイムでトップに立ち、さらにチームメイトのNo. 2 国本雄資、No.36 中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)が続き、トヨタエンジンユーザーがトップ3を独占した。一方、ホンダエンジンユーザートップは5番手のNo.17 塚越広大(REAL RACING)となっている。

気温22度、路面温度30度と爽やかな初夏の陽気に恵まる中、セッションがスタート。これに先立ち、ピットロード出口には次々クルマがスタンバイ。開始と同時にNo.16 山本尚貴(TEAM MUGEN)、No.37 ジェームス・ロシター(VANTELIN TEAM TOM’S)、今回、初参戦となるNo.15 ダニエル・ティクトゥム(TEAM MUGEN)、そしてNo. 8 大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)、No.19 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)、No.20 平川 亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)らがコースへと向かった。

開始から5分が過ぎた頃には、全19台がコース上で走行。まずは全車ミディアムタイヤでの周回を重ねていく。午前9時8分、まずNo.18 小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)が1分07秒035をマーク、前日行われた専有走行のトップタイム(1分07秒151)を上回った。これを機に7秒台前半をマークする車両が続出。さらにNo.64 ナレイン・カーティケヤン(TCS NAKAJIMA RACING)が1分06秒998で初の6秒台に入ると、上位車両があっという間に6秒台へと突入する。そんな中、前大会オートポリスが初参戦となったNo. 7 トム・ディルマン(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)が1分06秒275のタイムをマーク。周りがユーズドのミディアムタイヤで周回する中、ディルマンはソフトタイヤを装着してトップに立った。

セッションは折返しを前にした午前9時24分、最終コーナー入り口でカーティケヤンがコースアウト。クラッシュバリアに突進して車両を止めたことから赤旗が提示され、セッションが中断。午前9時37分に再開したが、それからわずか4分後に再び赤旗中断に見舞われる。これは、クランクコーナー立ち上がり、ハイポイントコーナー手前で姿勢を乱したNo.65 伊沢拓也(TCS NAKAJIMA RACING)の車両がイン側のガードレールに激しくヒットしたため。フロントノーズが外れてガードレール外に飛び出し、フロントタイヤや足まわりなどモノコックにもダメージを負ったが、幸い伊沢自身は自ら車両を降りてその場を離れている。

2度目の赤旗を経て、セッションは午前9時52分に再開。延長はなく、残り8分の中でアタックシミュレーションを行なうため、およそ半数の車両がソフトタイヤでの走行に取り掛かった。このとき、新品のソフトタイヤを装着してコースに向かったのが、国本、ティクトゥム、そして石浦の3人。一方、山本、可夢偉の2人はユーズドのソフトタイヤでコースインしていく。トップタイムが更新されたのは、残り時間4分の時点。石浦が1分05秒663のタイムをマーク、他のドライバーも自己タイム更新を果たすなど、目まぐるしくポジションが入れ替わった。結果、石浦、国本、一貴がトップ3を形成し、4番手に続いた可夢偉がユーズドのソフトタイヤ装着車のトップとなる1分05秒906をマークしている。なお、今回デビューレースのティクトゥムは11番手でセッションを終えることとなった。

トップ石浦と2番手国本のタイム差はわずか0.024秒。また、石浦と3番手一貴とは0.046秒という僅差だけに、午後からのノックアウト予選も緊迫のアタック合戦になることだろう。そのセッションは午後1時20分にスタートする。

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • 富士スピードウェイ
  • ツインリンクもてぎ
  • 岡山国際サーキット

FACEBOOK

TWEET #SFORMULA

LINKS

Series Partner

  • 本田技研工業株式会社
  • トヨタ自動車株式会社

Series Supporter

  • 横浜ゴム株式会社

Promotion Partner

  • 日立オートモティブシステムズ株式会社
  • ソニー RX0
  • 人気酒造株式会社

Broadcast Partner

  • BSフジ
  • 株式会社ジェイ・スポーツ