MENU

  • TOP
  • Headline News
  • 「そろそろ流れが来るんじゃないかと思っています」小林可夢偉コメント

Headline News

「そろそろ流れが来るんじゃないかと思っています」小林可夢偉コメント

2018年5月29日

No.18 小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)

「スタートは野尻選手と同じぐらいでしたね。その後、そんなに簡単に抜ける感じではなかったんですけど、何回かトライしたら前に出ることができました。タイヤ(のグリップが落ちてくるタイミング)を何回か待って、一気に行ったという感じです。アクシデントの現場を見てから、セーフティーカーが入ってくるまではほとんど時間がありませんでしたが、僕の方からは無線で「入らないんですか?」って聞きました。そうしたら、「ステイアウト」って言われたので、ピットには入らなかったんです。リスタート後は頑張ったんですけど、ダメでしたね。(ピットインした時)タイヤ的にはまだ持ったと思うんですけど、燃料が持たなくて。フル満タンでスタートではなかったですし。まだ周回はできたんですけど、去年の富士戦の時に、僕らはパーコレーションが起こっているので、そこでリスクを背負えなかったんです。ある程度燃料を残しておかなければならなかったんですよね。でも、ピット作業では左側のタイヤ交換に時間が掛かってしまって・・・。もう話しているだけでツラくなってくるんで、あんまり聞かないでください。でも、まあこれもひとつのレースだと思って、次頑張ります。そろそろ流れが来るんじゃないかと思っていますしね」

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • 富士スピードウェイ
  • ツインリンクもてぎ
  • 岡山国際サーキット

FACEBOOK

TWEET #SFORMULA

LINKS

Series Partner

  • 本田技研工業株式会社
  • トヨタ自動車株式会社

Series Supporter

  • 横浜ゴム株式会社

Promotion Partner

  • 日立オートモティブシステムズ株式会社
  • ソニー RX0
  • 人気酒造株式会社

Broadcast Partner

  • BSフジ
  • 株式会社ジェイ・スポーツ