Formula NIPPON official website

Japanese Championship Formula NIPPON official website

 

Rd.5 Sportsland Sugo

Free Practice

土曜日フリー走行は、
No.1 ロイック・デュバル(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がトップ

2010-09-25 □天候:曇|コース:ウェット

photo

 公式合同EPSテストから一夜明けた、9月25日(土)のスポーツランドSUGO。東日本同様、東北地方も台風12号の接近により天候は崩れるとの予報が出されていた。しかし、フォーミュラ・ニッポンのフリー走行時は何とかドライコンディションが保たれ、全車スリックタイヤを装着。赤旗が2回提示される波乱含みのセッションとなったが、その中で、No.1 ロイック・デュバル(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がトップタイムをマークしている。これに続いたのは、No.8 石浦 宏明(Team LeMans)。さらに、昨日はレースセットアップに専念していたNo.32 小暮 卓史(NAKAJIMA RACING)、昨日からの好調を維持しているNo.2 伊沢 拓也(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、前回のもてぎをノーポイントで終えているNo.36 アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM’S)、No.31 山本 尚貴(NAKAJIMA RACING)と続いた。現在ランキングトップのNo.19 J.P・デ・オリベイラ(Mobil 1 TEAM IMPUL)は1回目の赤旗後、セッションが再開された直後にSPアウトコーナーでコースアウトしクラッシュ。マシン左側に大きなダメージを負い、ニュータイヤでのタイムアタックを行うことができなかった。そのため、ユーズドタイヤのタイムで8番手に留まっている。
昨日に引き続きどんよりとした曇り空となった仙台地方。スポーツランドSUGOは、金曜日以上に冷え込んだ。この日、最初のセッションとなるフリー走行が開始された午前9時40分の時点で気温は13℃、路面温度は15℃。厚手の長袖の上着が必要となるほどの寒さの中、60分間の走行がスタートする。
セッションは午前10時15分、残り34分で再開。しかしその直後から、再び波乱が起こる。まずはNo.18 平中克幸(KCMG)が、ピットロードの入り口付近でスローダウンしストップ。さらに、その2分後には、オリベイラがSPアウトコーナーでコースアウトし、クラッシュ。これにより再開からわずか5分後の午前10時20分には、またしても赤旗が提示された。
オリベイラと平中のマシンの回収が終わり、残り時間10分でセッションは再開。ピット出口がオープンされると、ほぼ全車がここでニュータイヤを装着してコースに入る。ここでまず、自己ベストをマークしたのが塚越。これを皮切りに伊沢、石浦が次々にトップタイムを書き換えた。小暮も自己ベストを更新するが、トップに立つことはなかった。このタイムアタックで圧巻の走りを見せたのがデュバル。ゆっくりと間合いを計るとニュータイヤでのアタック1周目に 1’05.925を叩き出し、コースレコードを書き換えた。これに続いたのは、石浦、小暮、伊沢、ロッテラー、山本、No.7 ケイ・コッツォリーノ(Team LeMans)。またクラッシュの影響でニュータイヤを使用することができなかったオリベイラは、ユーズドタイヤでのタイムがベストとなったが、それでも 8番手に留まっている。

予選に向けても100%自信を持っている
トップタイムNo.1 ロイック・デュバル(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

photo

 今朝のセッションもすごく良かった。昨日から今日にかけてさらに、リヤのメカニカルグリップを高める方向に少しセットアップを変えたんだけど、そうしたらより良くなった。その結果、昨日のアドバンテージを今日もキープできていると思う。予選は多分、もっと僅差の戦いになると思うけど、これまでのところはいい感じだよ。予選はできればドライコンディションのまま行けるといいな。ドライですごく調子がいいから。でも、まぁ雨が降ったら降ったで、その時考えるよ。エンジニアには「あとコンマ2秒、上げたい」って言ったんだけどね。だって、他のドライバーが予選に向けてどれぐらいタイムを上げてくるか分からないし、自分が完璧なラップを刻めなかった時にあとコンマ2秒ポケットに入っていたら、ポールポジションを獲れるっていう自信を確実なものにできる。でも決して、予選は楽観視していない。今朝の段階でコースレコードを更新したけど、それは予選には関係ないし、何の意味もない。だって去年は小暮さんがコースレコードを出したけど、ポールポジションを獲ったのは僕だったから。実は今朝のタイムアタックの時にちょっとトラブルがあったんだよね。エンジンカッターか何かに問題があって、途中でスイッチをオフにして入れ直したりしていたらアタック前にスローダウンしていたんだよ。その後アタックに入ったんだけど、タイヤが温まり切っていなかったみたいで前半セクションはちょっと辛かった。でも、ハイポイント以降はクルマも良かったし、充分なグリップも得られたからプッシュできた。ミスもしなかったし、いいラップだったね。予選に向けても100%自信を持っているよ。

Information

  • banner
  • banner
  • banner
  • banner

VIDEO LIB


BACK PAGE TOP

Copyright © 2012 Japan Race Promotion Inc. All rights reserved.
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。