Formula NIPPON official website

Japanese Championship Formula NIPPON official website

 

Rd.6 Autopolis

  • 公式予選:2010年10月16日(土)
    決  勝:2010年10月17日(日)
  • オートポリス:4.674 km

Free Practice

土曜日フリー走行は、No.8 石浦 宏明(Team LeMans)がトップ

2010-10-16 □天候:晴れ|コース:ドライ 温度14度/路面温度21度

photo

 シリーズ最北のSUGOラウンドから3週間、全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第6戦決勝がいよいよ明日、シリーズ最南端の大分県・オートポリスに舞台を移し行なわれる。決勝レースに先立つ10月16日(土)は、1年ぶりにFN09の轟音が阿蘇の山中に響き、朝からサーキットに足を運んだ熱心なファンを楽しませた。 この日、公式予選に先立ち、午前9時45分から1時間のフリー走行が行なわれた。各ドライバーはここで、予選に向けてのセットアップを煮詰めて行く。一方、ルーキーにとっては、FNマシンでオートポリスを走行するのは初めて。そのため、セッション開始早々から、若手ドライバーたちは精力的に周回を重ねた。そして、セッション終盤には、ニュータイヤでのタイムアタックシミュレーション。ここでトップタイムをマークしたのは、前戦のSUGOから再び速さを見せ始めた石浦。約100分の2秒という僅差でNo.1 ロイック・デュバル(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が続いた。さらに、No.36 アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM’S)、No.32 小暮卓史(NAKAJIMA RACING)、No.19 J.P・デ・オリベイラ(Mobil 1 TEAM IMPUL)と、タイトル争いを繰り広げている選手たちが上位にズラリ。しかもタイム差が大きくないことから、予選では再び熾烈なポールポジション争いが展開されることになりそうだ。
今週、安定した秋晴れが続いていた九州地方。フォーミュラ・ニッポンが開催されるオートポリスも、好天に恵まれた。ただし、朝夕の冷え込みは厳しくなってきており、午前9時45分にフリー走行が開始された時点では、気温14℃、路面温度21℃と、肌寒さを感じるコンディションとなった。コースオープンされると間もなく、半数ほどのクルマがコースイン。ルーキーは序盤から精力的に周回を重ねる。その後、ベテラン勢も本格的な走行に入り、ユーズドタイヤの時点で次々にコースレコードを上回った。中でも、序盤から1’32.076というタイムをマークしたのが石浦。これにロッテラー、オリベイラ、No.2 伊沢 拓也(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、No.16 井出 有治(MOTUL TEAM 無限)、小暮、デュバルが続く形となった。
そして、セッションが残り8分を切ったあたりから、各ドライバーはニュータイヤでの予選アタックシミュレーションに向かう。ここでまず自己ベストを大きく更新したのは、地元出身ドライバーのNo.29 井口卓人(DELIZIEFOLLIE/CERUMO・INGING)。井口もここでコースレコードをマークし、場内を沸かせた。その後、セッションの残り時間が3分を切ったあたりから、他のドライバーも次々にタイムアタック。まずはデュバルが1’30.895と、31秒を切ってくる。しかし間もなく、ユーズドでもトップタイムをマークした石浦がこれを上回る。さらにロッテラー、小暮、オリベイラと続いた。タイトル争いで5番手につける平手は、このセッションでは12番手に留まった。またルーキー・オブ・ザ・イヤー最有力候補のNo.31 山本 尚貴(NAKAJIMA RACING)はセッションの残り時間が約20分という時点で、コースアウト。最終上り区間の立体交差先でグラベルに飛び出し、タイヤバリアにフロントから接触。ニュータイヤでのタイムアタックを行なうことができていない。さらにセッション開始早々からミッショントラブルを抱えたNo.3 松田次生(KONDO RACING)は、ほとんど走行できず。ほぼぶっつけ本番で予選に臨むこととなった。

あとは集中力
トップタイムNo.8 石浦 宏明(Team LeMans)

photo

 去年に比べると気温も上がってエンジンも回っているし、ダウンフォースもかなり多いので、タイムアップするのは予想通りだったんですけど、それ以上に全体的にペースが速い気がしましたね。(トップタイムについては)もちろんそのつもりで今回はここに来ましたし、前回のSUGOですごく調子が良く、それをベースにさらに手を加えているので、これくらいいかなきゃまずいな、というプレッシャーはありました。クルマはすごく良いので、自分がしっかり乗れればタイムが出ることは分かっています。あとは集中力。僕はタイトルを争っていないし、その辺のプレッシャーは感じていないので、単純に楽しんで、優勝を目指したいと思います。

Information

  • banner
  • banner
  • banner
  • banner

VIDEO LIB


BACK PAGE TOP

Copyright © 2012 Japan Race Promotion Inc. All rights reserved.
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。