SUPER FORMULA Logo

SUPER FORMULA Official Website

JapaneseEnglish

スーパーフォーミュラについて

SUPER FORMULA シリーズ概要

photo

1950年代にFIA国際自動車連盟は「ドライバーズチャンピオンシップは純然たるレーシングマシンであるフォーミュラカーによって競われる」ものと発表しFIA加盟各国はその精神を継承していった。
日本においては1973年に始まる全日本F2000選手権、78年から全日本F2選手権、87年から全日本F3000選手権と変遷を繰り返しながらもトップフォーミュラでのチャンピオンシップが開催され、1995年に株式会社日本レースプロモーション(JRP)の発足により翌年から全日本選手権フォーミュラ・ニッポンとして装いを新たにリスタート。2010年にホンダF1のプロジェクトリーダーであった白井裕が社長に就任すると、2013年より全日本選手権スーパーフォーミュラと名称を変更。「日本からアジアへ」、「F1、インディ、そして自身を第3極」として位置付けることを明確化し、ハード、ソフトの両面で斬新な改革を行っている。(2016年シーズンより全日本スーパーフォーミュラ選手権と名称変更)

日本でのフォーミュラレースは、その初期においては高橋国光、星野一義、そしてその後F1へ参戦することになる中嶋悟らが黎明期を牽引。F3000時代にはミハエル・シューマッハーやハインツ・ハラルド・フレンツェンが、90年代中盤に入るとラルフ・シューマッハー、ペドロ・デ・ラ・ロサ、エディ・アーバイン、高木虎之介らが活躍しF1を目指す猛者たちがこぞって参戦した。

photo
中嶋悟
photo
ミハエル・シューマッハー
photo
H-H.フレンツェン
photo
エディ・アーバイン

近年では、FIA世界耐久選手権(WEC)チャンピオンのアンドレ・ロッテラーをはじめ、ブノワ・トレルイエ、ロイック・デュバル、中嶋一貴らが参戦し全日本選手権タイトルを獲得。2015年には前年までF1に参戦していた小林可夢偉が凱旋参戦を果たし、観衆を魅了している。そして今年、前年のGP2チャンピオンで今F1に最も近いと言われるストフェル・バンドーンの参戦が発表され、世界のトップドライバーが目指すカテゴリーとしての地位を確立しつつある。

photo
アンドレ・ロッテラー
photo
J.ロシター & 中嶋一貴

photo
小林可夢偉
photo
L.デュバル & S.バンドーン

ハード面では「クイック・アンド・ライト」を標榜し、ダラーラ社製のSF14を採用。エンジンは2リッター直列4気筒直噴ターボエンジンがホンダ、トヨタにより供給され、また世界的に見ても高い技術力を誇るメイドジャパンの燃料流量リストリクターにより、エンジン出力をコントロールしている。こうしたハード面の改革により、操作性、走行安定性が向上し、軽快で俊敏なマシン動作が可能となったことから、参戦ドライバーからは「コーナリングスピードはF1以上」と評されている。そして2016年からはトップフォーミュラへの参戦が約20年ぶりとなるヨコハマタイヤがワンメイク供給される事となり、SUPER FORMULAは新たなステージへと踏み出すこととなった。

photo

エンジンを除くと基本的にはワンメイクレースであり、それゆえに予選はほぼ全車が1秒以内という驚異的な次元で争われる純粋なドライバーズ選手権であり、エンジニアリングレースでもある。
またシリーズは鈴鹿サーキットや富士スピードウェイ、ツインリンクもてぎと言った世界選手権を開催するサーキットで行われるのはもちろんのこと、一瞬のミスも許されない緊張感があることから外国人ドライバーに評価の高い菅生、岡山国際、オートポリスといったいわゆるオールドコースでも開催され、よりコンペティティブなレースが繰り広げられている。

photo

SF14主要諸元
■シャシー
製作ダラーラ・オートモービル(イタリア)
全長5,268mm
ホイールベース3,165mm
全幅1,910mm
全高960mm
最低重量660kg(ドライバー搭乗時)
ギアボックスリカルド 前進6速、パドルシステム
ブレーキブレンボ キャリパー、ブレンボ カーボン製ディスク
ステアリングシステムKYB 電動パワーステアリングシステム
フロントサスペンション形式プッシュロッドトーションバースプリング
リアサスペンション形式プッシュロッド
安全基準FIA 2010 F1規定に基づく
■エンジン
メーカー/型式本田技研工業株式会社製/HR-414E
トヨタ自動車株式会社製/RI4A
排気量2,000cc
仕様直列4気筒、ダイレクトインジェクション
過給器ターボチャージャー(ギャレット製)
最低重量85kg
出力405kw(550ps)以上
出力制限方法燃料リストリクターによる燃料流量制限
■タイヤ
メーカー横浜ゴム株式会社