MENU

Headline News

山本尚貴、N・キャシディ 予選後コメント

2019年10月27日

ランキングトップ 予選5番手
No.1 山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
「獲られたくない相手にポールポジションを獲られてしまった」

「結果的には、獲られたくない相手(タイトル争いをするアレックス・パロウ)に(ポールポジションを)獲られてしまったということがひとつ、あとはセッションが進むにつれてラップタイムは上げることはできたのですが、それに対してクルマの合わせ込みが足りていなかったと思います。Q1からQ3を通してクルマの微調整はしたのですが、まだ追い込みとして足りなかったということです。
一方、自分の走りに対して満足はしているし、クルマのバランスにも満足はしていたのですが、ラップタイムでそれを上回る実力を持った選手が出てきたということが残念ですね。(ランキング争いで1ポイント差のニック・キャシディが予選6位という結果だが)チャンピオンの座を懸けてライバルが近くにいるので、戦い方も考えないといけないでしょうが、それよりもパロウが前にいるのでそちらも気にする必要があると思います。タイヤ選択含め、最終的には明日の朝、(戦略を)決めることになります」

ランキング2位 予選6番手
No.37 ニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)

「岡山の時に「ホンダの方が良さそう」って言ったけど、今日の予選までは誰も僕の言葉を信じていなかったと思うんだよね。だけど、予選を見て、両者の違いを分かってもらえたと思う。トップ9のうち8台がホンダだし、それはとてもクレージーなことだからね。だけど、僕自身は、自分のラップにものすごく満足している。Q3では、全てをまとめることができたし、Q2から大きくタイムを伸ばすことができた。僕らは予選を通じて、全くクルマを触らなかったし、僕は自分のドライビングにだけ集中していた。だから、自分のパフォーマンスに対して、とてもハッピーに思っているんだ。もともとクルマ自体は良かったし、今回これ以上求めるものはなかった。もちろん、今後に関してはさらに何かを見つけなければならないだろうけど、それは一朝一夕にできることじゃないからね。だから、予選では、何もセットはいじらずに、ドライビングにだけ集中しようと思ったんだ。Q3では、1コーナーから2コーナーにかけて、Q2の時よりも自信を持って飛び込んでいくことができたし、ダンロップやデグナーの2つ目もQ2よりも良かった。とにかくQ3での自分の仕事に対して、ものすごくハッピーに思っている。今のようにエンジンパフォーマンスに差がある状況では、チャンピオンを獲るのは不可能だと思うから、正直言って、自分のパフォーマンスに対してハッピーになりたいと思っていただけなんだ。これ以上、僕にできることはないからね。今回は開幕戦と違って、新しいルールがあるから、ストラテジーの面でできることはほとんどない。ただ、みんなが同じようなストラテジーを取ることを期待するしかないね。このサーキットでは、ホンダ勢がコンマ6〜7秒速いと思うし、ホンダのドライバーはみんな力があるから、僕が自分の腕だけでそれだけの差を詰めるのは難しいと思う。だけど、それが僕に課せられたタスクだし、何か特別なことをやるしかない。とにかく僕にできるのは、ベストを尽くしていいレースをすることだけだ。アレックスはPPだし、勝てるチャンスがある。そうなったら、いずれにしてもチャンピオンシップ争いは終わり。でも、最後まで諦めないし、これまでで一番いい仕事をしたいと思っているよ」

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • 富士スピードウェイ
  • ツインリンクもてぎ
  • 岡山国際サーキット

FACEBOOK

TWEET #SFORMULA

LINKS

Series Partner

  • 本田技研工業株式会社
  • トヨタ自動車株式会社

Series Supporter

  • 横浜ゴム株式会社

Promotion Partner

  • 日立オートモティブシステムズ株式会社
  • ソニー RX0
  • 人気酒造株式会社

Broadcast Partner

  • BSフジ
  • 株式会社ジェイ・スポーツ