MENU

  • TOP
  • Headline News
  • 2021年 第3戦オートポリス FP1は大湯都史樹がトップタイム

Headline News

2021年 第3戦オートポリス FP1は大湯都史樹がトップタイム

2021年5月15日

例年より大幅に早く梅雨入りした九州地方。5月15日(土)〜16日(日)には、大分県オートポリスで全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦が行われるが、コンディションは2日間を通して、雨絡みとなることが予想されている。その初日、午前中に行われたフリー走行は、開始時こそ雨が止んでいたものの、その後は大粒の雨が降るヘビーウェットに。終盤には再び雨脚が弱まったものの、路面の水は多い状況のまま推移した。そんな中、セッション序盤にマークしたタイムでセッショントップとなったのは大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)。タイトル争いを展開している平川亮(carenex TEAM IMPUL)、野尻智紀(TEAM MUGEN)が2番手、3番手と続いている。

朝から霧が出て、その後雨が降った阿蘇地方。午前9時半からは1時間半に渡って、全日本スーパーフォーミュラ選手権のフリー走行が行われた。気温20℃、路面温度20℃というコンディションのもと、セッションは開始。この時点では雨が一旦止んでいたものの、路面は濡れている。ウェット宣言が出される中、セッションが始まるとジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELN TEAM TOM’S)、宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)、福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)、大湯といった順で、間も無く全車がコースに入っていった。
 
滑りやすい路面ということもあり、走り始めには最終コーナー手前で阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)がスピン。それを避けるために山本がコースオフする場面もあったが、その中で、まず1分40秒を切ってきたのが、野尻智紀(TEAM MUGEN)。昨年もオートポリスを制している野尻は、他のドライバーたちがまだ様子を見ている中、いきなり1分39秒249をマークしてくる。続いて坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)が1分39秒115と一旦は野尻を上回ってくるが、野尻はそこからプッシュを続け、3周目に1分38秒803、4周目に1分38秒763と連続してトップタイムを書き換えてきた。
ちょうどこの頃、セッション開始から11分というところでセッションは赤旗によって中断される。これは松下信治(B-Max Racing Team)が最終の上り区間でスピン、エンジンをストップしてしまったため。このマシンの回収が終わると、午前9時47分にセッションは再開された。
 
再開されると、やはりアレジを先頭に、ほとんどのマシンが続々とコースイン。中でもKuo VANTELN TEAM TOM’Sの2台、TCS NAKAJIMA RACINGの2台、大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)はここでレインのニュータイヤを投入している。ところが、各車がウォームアップを終える頃になると、サーキットには突然大粒の雨が降り始める。これ以上のタイムアップは望めないのではないかというコンディションとなった。ところが、ここでトップタイムを書き換えたのが、平川と大湯。まず平川が1分38秒762と、野尻のタイムを1000分の1秒更新。これに続いた大湯は、滑るコンディションを物ともせずに各セクターで全体ベストをマーク。最終コーナー手前では、他の車両に引っかかりそうになる場面もあったが、それでも1分37秒589と、平川や野尻を1秒以上も上回るタイムを叩き出した。
この頃になると、雨脚がどんどん強まり、1コーナーを立ち上がったあたりでは雷も鳴り始める。路面はヘビーウェットとなり、ほとんどのドライバーはピットに戻った。その中で、関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)だけは、ピットイン、ピットアウトを繰り返し、レインタイヤを次々にスクラブしていたが、その後はピットに戻った。ここからは全車がピットで待機。天候の回復を待つこととなった。

そして、再び雨脚が少し弱まると、残り時間が30分を切ったあたりから、各車がコースイン。ピットロード出口でスタート練習を行うドライバーも多かった。
その後も雨は降ったり止んだりを繰り返したが、路面上の水は多い状態が続く。そのコンディションでも、最終盤に入って塚越広大(ThreeBond Drago CORSE)が自己ベストを更新したが、多くのドライバーはタイム更新できず。残り時間1分半というところでは、タイム更新を狙ってプッシュしていた山本が、第2ヘアピンの進入で右リヤを縁石に乗せて、スピンアウト。ここで2回目の赤旗が提示され、セッションは終了した。
その結果、セッションをトップで終えたのは大湯。平川、野尻と続く。以下、関口、福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、坪井、松下、宮田と続いている。
 
午後から行われる予選は、雨の影響から、通常のノックアウト方式ではなく、40分間の計時方式となることが決定した。そこで速さを見せるのは、誰になるのか。刻々と変化する雨の量によって、またアタックに入るタイミングとアタック中のトラフィックの状況によっても、大きくタイムが左右されるだけに、最初から最後まで、目が離せない展開となりそうだ。

FP1 トップタイム
大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)

FP1 2番手
平川 亮(carenex TEAM IMPUL)

FP1 3番手
野尻智紀(TEAM MUGEN)

FP1 4番手
関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • 富士スピードウェイ
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • ツインリンクもてぎ

FACEBOOK

TWEET #SFORMULA

LINKS

Series Partner

  • 本田技研工業株式会社
  • トヨタ自動車株式会社

  Series Supporter

  • 横浜ゴム株式会社
  

Promotion Partner

  • 株式会社スリーボンド
  

  Broadcasting Partner

  • BSフジ
  • 株式会社ジェイ・スポーツ
  

  Supporting Companies

  • 人気酒造株式会社
  • Viron Japan 株式会社