MENU

Mixed Zoon after The Race

2022年第4戦決勝終了後に行われたミックスゾーンでのドライバーコメントをお届けします。

TEAM MUGEN

TEAM MUGEN MOTUL SF19

1野尻智紀

「スタートは決められましたが、自分の状況はその前に大体分かっているので、劣勢だなと思いました。自分のペースが悪いと思っていましたし、ピットイン直前にはタイヤが厳しかったです。牧野選手のタイヤ交換後のタイムを聞いて、もう入らないとダメだなと思いましたね。何れにしても今日は誰かしらに前に行かれてしまう状況でした」

TEAM MUGEN BINGO SF19

15笹原右京

「スタートは良かったんですけど、そこから行き場がなくてポジションをひとつ落としました。ただ、クルマには手応えがあって速かったので、何とか戦略で上げたいと思っていました。でも、アンダーカットは失敗して、牧野選手について行くことになりました。ただ、今回何事もなく週末をちゃんと終えられたので、菅生はすごく楽しみです」

KONDO RACING

REALIZE Corporation KONDO SF19

3山下健太

「スタートはポジションキープして、サッシャ選手と三宅選手の後ろを走っていたんですけど、ピットストップで結構ミスがあったので、出て行ったらだいぶ後ろに下がってしまいました。それでダメでしたね。すでにポイント的にかなり厳しいので、この後のレースではPPを獲ったり、優勝したりできるように頑張ります」

REALIZE Corporation KONDO SF19

4サッシャ・フェネストラズ

公式記者会見へ





DOCOMO TEAM DANDELION RACING

DOCOMO DANDELION M5S SF19

5牧野任祐

「スタートで2番手には上がれたんですけど、そこから先、ペースが上がらなそうな感触でした。SC明けはちょっと狙っていて、野尻さんに接近はできたんですけど、行けなくて。その後、僕のOTが切れている時に、平川くんが来て、そこに関しては何もできませんでした。でも、そもそもレースペースが良くなかったので、次に向けて改善したいと思います」

DOCOMO DANDELION M6Y SF19

6大津弘樹

「スタートでホイールスピンして、ポジションを少し落としてしまいました。でも、チームのピット作業がすごく良く、オーバーカットで少し前に出ることができましたね。ただ、そこから前を抜いて行くほどのペースはなかった。単独であればいいかなという手応えでしたが、中盤ペースを思うように上げられなかったのが、今回の反省点です」

KCMG

Kids com KCMG Cayman SF19

7小林可夢偉

「スタート後、すぐにセーフティーカーが入りましたよね。僕はロングスティントしたかったので、そのリスタートでタイヤを守るために前を開けていたんです。オーバーテイクも使わず我慢しながら。そしたら、結構みんながグイグイ来て、坪井が僕に当たったというそれだけです。次はピンポイントでクルマを合わせ切れるように頑張ります」

Kids com KCMG Elyse SF19

18国本雄資

「厳しかったですね。ちょっとペースが悪くて、タイヤのデグラデーションも大きかったです。結構厳しいレースだったんですけど、もう少し上手くやればポイントを獲れたかも知れないと思うと、獲れなくて残念でした。予選のパフォーマンスは少しずつ良くなって来ているので、さらにパフォーマンスを上げて、菅生でも頑張ります」

ThreeBond Drago CORSE

ThreeBond Drago CORSE SF19

12福住仁嶺

「ここでドライのレースをするのは、チームにとっても2回目。データがない分、非常に難しい状態でしたが、今までの僕の経験などを頼りにしながら、クルマの方もアジャストして行きました。ただ、まだロングランでいいところを見つけられていない感じでしたね。それでも得るものはあったと思うので、次に活かしたいと思います」

docomo business ROOKIE

docomo business ROOKIE SF19

14大嶋和也

「8分間で結構いいバランスが見つかり、スタートも上手く行きました。1コーナーで両側から挟まれる形になってアクセルを抜いたので、ポジションは2つ上げただけでしたけど、セーフティーカー明けにも1台抜けました。ペースが良かったので、入賞できるかと思ってましたが、接触があって。ただ、その後も頑張ってプッシュしましたし、次に向けていいデータが取れたと思います」

carenex TEAM IMPUL

carenex TEAM IMPUL SF19

19関口雄飛

「スタートで5台ぐらい抜いて、最初のセーフティーカー明けでも前を抜こうとしていました。でも、100Rで滑ってしまって、逆に抜き返されて、順位変動が激しいレースでした。その後、大嶋選手を抜こうと1コーナーからずっと並走していたら当たってしまって、申し訳ないことをしてしまいました。次の菅生もいつも通り全力で頑張ります」

carenex TEAM IMPUL SF19

20平川 亮

公式記者会見へ





Kuo VANTELIN TEAM TOM’S

Kuo VANTELIN TOM’S SF19

36ジュリアーノ・アレジ

「「決勝では可夢偉と2回、ナオキとも1回軽く接触してしまった。さらに壁にも接触してしまったんだ(苦笑)。だから、ちょっと慌ただしいレースだったね。少しマシンにダメージがあって、パフォーマンスは落ちてしまった。とにかく今週末は僕らのものじゃなかった。ここからまた色々見直して、菅生には強くなって戻りたいね」」

Kuo VANTELIN TOM’S SF19

37宮田莉朋

「今までより良くするために、スタートはちょっと新しい方法でやってみたんですけど、不慣れな部分もあって結果的に順位を落としてしまいました。そこは引き続き努力したいです。その後、前半スティントは良かったんですけど、タイヤ交換してからは全くグリップがなくて。引っ張れば2位には行けたと思うので、作戦的には失敗しましたね」

P.MU/CERUMO・INGING

P.MU/CERUMO・INGING SF19

38坪井 翔

「大体、誕生日とかそういう時っていいことが起きないんですけど、案の定予選から全く流れが悪かったですね。決勝も(可夢偉選手に)接触して、ペナルティーを科せられた時点で戦線を離脱してしまいました。パフォーマンスは高いのに結果を出せなくて、すごく残念です。そういうレースが続いているので、次戦は速さを結果に結びつけたいです」

P.MU/CERUMO・INGING SF19

39阪口晴南

「頑張ったらちゃんと浮上できるんだというか、今回絶望的な状況から脱することができたのが、本当に良かったと思います。予選からいい手応えを掴み出していて、決勝でもいいペースで走れました。抜くことはできませんでしたが、上位集団に付いて行けたので、そこは大きなステップアップだったと思っています」

TCS NAKAJIMA RACING

TCS NAKAJIMA RACING SF19

64山本尚貴







TCS NAKAJIMA RACING SF19

65大湯都史樹

「予選は手応え無かったんですけど、今日のフリー走行は手応えがありました。周回を重ねた後半のペースを考えるとどうかなとも思いましたけど、満タンの最初はいいので、ヒントは得られたと思います。でも、スタート後、3ワイドになって抜きに行った時、アウト側のダスティな所に行ってコースアウトしてしまったので残念です」

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • 富士スピードウェイ
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • モビリティリゾートもてぎ

TWEET #SFORMULA

Official Youtube

LINKS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

  • デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
  • 株式会社ホンダレーシング
  • TOYOTA GAZOO Racing
  • 株式会社スリーボンド
  • 横浜ゴム株式会社
  • Viron Japan 株式会社
  • 富士通株式会社
  

 

  • 株式会社M-TEC
  • 国立大学法人東京大学
  • 東京電力エナジーパートナー株式会社
  • 日本自然エネルギー株式会社
  • 伊藤忠エネクス
  • sgzk
  • 人気酒造株式会社
  • 株式会社ジェイ・スポーツ