MENU

Headline News

松下信治 B-Max Racing TeamがSF初優勝!

2022年4月24日

初優勝を飾った松下信治(B-Max Racing Team)と本山哲監督

ドライコンディションの予選から一転、フルウェットとなった4月24日(日)の三重県鈴鹿サーキット。午後からは、全日本スーパーフォーミュラ選手権 第3戦の決勝レースが行われた。随所でバトルが勃発し、非常に見応えあった今回の1戦。その中で、終盤に大逆転劇を演じて、自身初優勝を果たしたのは松下信治(B-Max Racing Team)。P.Pからのスタートを決めて、終盤までトップを守っていた野尻智紀(TEAM MUGEN)は、悔しい2位。3位には牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が入賞。以下、サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)、小林可夢偉(KCMG)、国本雄資(KCMG)、平川亮(carenex TEAM IMPUL)、大津弘樹(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)、佐藤蓮(TEAM GOH)までがポイントを獲得した。

午前中に行われたフリー走行の時と比べて、雨脚が弱まった鈴鹿。午前中まで吹いていた風もなく、空にはうっすらと明るさも戻ってきた。だが、完全に雨が止むことはなく、シトシトと雨粒が落ちてくる状況。気温が17℃、路面温度が20℃というコンディションのもとで、午後2時30分にフォーメーションラップがスタートした。雨量がそれほど多くなかったこともあり、今回、競技団はセーフティーカースタートではなく、スタンディングスタートを採用。全車、レインタイヤを装着して1周の隊列走行へと走り出した。そして、各車が正規グリッドに着くと、後方ではグリーンフラッグが振られ、シグナルオールレッドからブラックアウト。31周先のゴールに向けて、一斉にスタートが切られた。
ここでまずまずのスタートを切って、トップを守ったのは、PPスタートの野尻。水が多く溜まっているイン側スタートとなった予選2番手の山下健太(KONDO RACING)もポジションを守って、1コーナーに入っていく。その後方では、予選3番手のサッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)と、予選4番手の宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)が、上手く加速できずにポジションを落とす。好スタートを切り、その2台をかわして1コーナーに入ったのは牧野。さらに、予選6番手の坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)、予選9番手の松下、そしてフェネストラズと続いた。またその後方では、抜群のスタートを切った予選14番手の大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)が8番手までジャンプアップする活躍。雨ではあったが、最後方集団に至るまでアクシデントは一切なく、クリーンなスタートが切られている。

決勝 P.2 野尻智紀(TEAM MUGEN)

トップに立った野尻は、2番手の山下を1周目から引き離しにかかる。オープニンクラップを終えて、その差は2秒364。そこから、野尻は1周1秒余り山下を引き離して行った。前を追っていきたい山下だったが、5周目には1分59秒780、6周目には2分066と、ラップタイムがスタート直後と比べて大きく落ち始め、コース上に留まっているのも難しい状況に。7周目の逆バンクからダンロップにかけて、後方から迫った牧野に先行を許した。同じ周には、4番手を走っていた坪井も急激なグリップダウンに苦しみ始め、松下の先行を許している。さらに、その翌周には、フェネストラズが坪井を捉え、松下も山下に迫る。松下は9周目に山下を捉えると、3番手に浮上してきた。

この頃、ピットには動きが出始める。11周を終えたところで、山下、坪井、大嶋和也(docomo business ROOKIE)がピットイン。タイヤ交換を行った。だが、山下のクルーは右フロントのナットを飛ばしてしまいタイムロス。坪井のクルーも左フロントのナットが噛んで大きくタイムロスし、上位入賞は難しい状況となってしまった。
一方、山下を捉えて2番手に上がった牧野とトップの野尻には、当初約12秒の差があった。しかし、10周を超えたあたりからは、牧野が1分58秒台のタイムを連発して、その差を削り取っていく。同様に、松下も牧野との差をジワジワと削り取って行った。レース中盤、15周を終えたところで、野尻と牧野の差は6秒263、牧野と松下の差は1秒988というところまで縮まってくる。そこから終盤に入るまで、トップ争いは膠着状態に入った。

国本雄資と小林可夢偉のチームメイトバトル

同じ頃、その後方で激しいバトルを見せていたのは、国本と可夢偉のチームメイト同士による5番手争い。可夢偉は、15周目のシケインで国本のインに飛び込んだが、ここは国本がポジションを守る。しかし、翌16周目の1コーナーから2コーナーにかけて、可夢偉は国本の前に出ることに成功。守っていた国本のラインがはらんだ隙を突いた。

後方から順位を上げる平川亮(carenex TEAM IMPUL)

また、同じ頃には、7番手争いも激化。スタートで順位を上げた大湯に対し、オープニングラップで14番手までドロップしたものの、1台ずつ攻略してポジションアップしてきた平川が迫る。平川はオーバーテイクシステムを使いながら、18周目の1〜2コーナーにかけて大湯と並びかけるが、ここは大湯も一歩も引かず、ポジションキープ。しかし、大湯もタイヤの状況が厳しく、19周目のシケインでアウトから襲いかかってきた平川の先行を許した。

中盤、膠着状態となっていたトップ集団では、レースの残りが10周となったあたりから2番手争いが白熱。21周を終えたところで、松下が0秒407という差で牧野に迫る。そして、22周目のシケインで、松下は牧野のインに飛び込んだが、ここは牧野がポジションを死守。簡単には明け渡さなかった。26周目のシケインでも、同様に松下が仕掛け、2台は横並びに。ここでも牧野はポジションをキープした。しかし、その翌周、27周目のシケインで、今度は松下がアウトから牧野に並びかけ、とうとう前に出ることに成功。いよいよ2番手に浮上してきた。
残り周回は4周。この時点で、トップの野尻と松下の差は3秒170。野尻は安定して1分58秒台のタイムを刻んでいたが、序盤からグレーニングが出ていたということで、そこからペースを上げる余力は残っていなかった。一方の松下は、牧野の前に出ると1分56秒台までペースアップ。29周目のヘアピンへのアプローチでは、ブレーキで野尻に詰め寄り、真後ろまで迫ってきた。同じ周のスプーン立ち上がりでは、松下がさらに猛プッシュ。カウンターを当てながら野尻を追う。勢いは完全に松下が上だった。

そして、30周目の1コーナー、松下はアウトから野尻を豪快にオーバーテイク。とうとうトップに立つと、そのまま突っ走り、トップチェッカーを受けた。昨年から1台体制で戦ってきた松下にとっても、B-Max Racing Teamにとっても、スーパーフォーミュラでは嬉しい初優勝。本山哲監督や田坂泰啓エンジニアもサインガードで大粒の涙をこぼした。これに続いたのは、終始トップを守っていた野尻。野尻にとっては悔しい2位となったが、予選P.Pのポイントと加えて、野尻は今回も18点を獲得。ここまで合計56点と、ランキング2位の平川を引き離す結果となった。そして、3位には牧野。牧野にとっても悔しさの残る結果だったが、今季初表彰台を獲得している。以下、トップ3台からは大きく引き離される形となったが、タイヤを何とかもたせたフェネストラズが4位、可夢偉が5位、国本が6位。KCMGは2台揃ってポイントを獲得した。さらに、粘り強いレースを見せた平川が7位。その平川を終盤ジワジワと追い詰めた大津が8位。さらに、山本、佐藤までがポイントを獲得している。

次戦第4戦は約1ヶ月後の5月21日(土)〜22日(日)。舞台は大分県オートポリスに移る。次はどんなドラマが待っているのか。今から期待が高まる。

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • 富士スピードウェイ
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • モビリティリゾートもてぎ

TWEET #SFORMULA

Official Youtube

LINKS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PATNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

  • デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
  • 株式会社ホンダレーシング
  • TOYOTA GAZOO Racing
  • 株式会社スリーボンド
  • 横浜ゴム株式会社
  • Viron Japan 株式会社
  • 富士通株式会社
  • キングレコード株式会社
  

 

  • 株式会社M-TEC
  • 国立大学法人東京大学
  • 東京電力エナジーパートナー株式会社
  • 日本自然エネルギー株式会社
  • 伊藤忠エネクス
  • RED
  • sgzk
  • 人気酒造株式会社
  • 株式会社ジェイ・スポーツ