MENU

Headline News

第5戦SUGO大会 FP1トップタイムは野尻智紀

2022年6月18日

FP.1 P.1 野尻智紀(TEAM MUGEN)

オートポリスで行われたシリーズ第4戦から約1ヶ月。シーズンの前半戦を締めくくる全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦は、6月18日(土)〜19日(日)に行われる。今回の舞台は宮城県・スポーツランドSUGO。15日(水)には梅雨入りが発表された宮城県南部に位置するコースだ。しかし、予選日となる土曜日を迎えたSUGOは、夏を思わせる好天。午前中から気温が25℃を超える中、午前9時10分からは1時間半のフリー走行が行われた。このセッションでは、終盤になって計時システムに不具合が発生し、赤旗で中断される場面もあったが、最後は多くのドライバーがニュータイヤでタイムアタックシミュレーションを行った。その中で、トップタイムをマークしたのは、現在ランキングトップのディフェンディングチャンピオン、野尻智紀(TEAM MUGEN)。赤旗前にアタックを行ったサッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)、赤旗後にアタックを行った大津弘樹(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、フェネストラズ同様、赤旗前にアタックを敢行した平川亮(carenex TEAM IMPUL)と続いた。

朝から青空が広がったスポーツランドSUGOは、気温、路面温度もぐんぐん上昇。午前9時10分のセッション開始時には、気温が25℃、路面温度が36℃というコンディションになった。そのコンディションのもと、コースがオープンされると、野尻、笹原右京(TEAM MUGEN)、山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)、佐藤蓮(TEAM GOH)、三宅淳詞(TEAM GOH)、松下信治(B-Max Racing Team)、山下健太(KONDO RACING)、サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)、国本雄資(KCMG)、小林可夢偉(KCMG)、大嶋和也(docomo business ROOKIE)、福住仁嶺(ThreeBond Drago CORSE)といった順で3分の2ほどのドライバーたちがすぐにコースに入っていく。この中で、最初からニュータイヤを装着していたのが、大嶋だった。野尻や可夢偉、福住はアウトラップでマシンの状態を確認すると、すぐにピットイン。他のドライバーも多くはアウトラップとインラップを走ってピットに戻った。これに対して山本、松下、フェネストラズ、大嶋らは連続周回。計測3周目には、大嶋が1分06秒649までタイムを伸ばし、この時点でのトップに立つ。

FP.1 P.2 サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)

その後、セッション開始から10分ほどが経過すると、ピットで待機していたジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELN TEAM TOM’S)、宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)、坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)らがコースイン。さらに、SUGOを得意とする関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)、ル・マン24時間レースからの凱旋となる平川もコースに入る。その中で、大嶋がマークしていたトップタイムを書き換えたのは、坪井。坪井は計測3周目に1分06秒507をマークしてきた。間もなくそれを上回ったのは、関口。関口は計測3周目に1分06秒500をマークしている。
その後、セッション開始から20分というところでは、ほとんどのドライバーがピットイン。マシンの調整を行う。コース上で走っていたのは、福住、山本、牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)の3人だけだった。このタイミングで、ニュータイヤを投入し、トップタイムを大きく更新したのは、牧野。牧野は計測6周目に1分05秒939を叩き出し、いよいよ1分05秒台に突入してくる。牧野は翌周にも1分06秒005と好タイムを連続してマークした。また、チームメイトの大津も1分06秒150をマークして2番手に浮上。セッション開始から30分というところでは、DOCOMO TEAM DANDELION RACINGが1-2体制を築いていた。

セッションが折り返す頃になって、この牧野のトップタイムを上回ってきたのは、野尻。野尻は開始から40分余りというところでニュータイヤを投入すると、1分05秒878を叩き出し、計時モニターの一番上に躍り出た。さらに、一旦ピットに入った野尻は、セッションの残り時間が20分となった時点で1分05秒605までタイムアップし、好調ぶりを見せつけた。この時点で、野尻に続いていたのは、牧野、松下、山本、大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)、大津。ホンダエンジンユーザーが上位にずらりと並んでいた。

FP.1 P.3 大津弘樹(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

だが、残り時間が10分を切ると、フェネストラズと平川、山下がニュータイヤを投入してタイムアタックを行う。ここでフェネストラズが1分05秒456、平川が1分05秒595をマークし、野尻がマークしていたトップタイムを上回ってきた。ころが、そのアタック中に、計時システムの不具合が発生。セッションの残り時間6分半というところで赤旗が提示される。山下はセクター2で全体ベストをマークしていたが、赤旗が出されたために、ピットイン。タイムを刻むことができなかった。

計時システムのリセットが終わり、残り時間10分ということでセッションが再開されたのは、午前10時43分。ここから各ドライバーは再びコースに入っていく。まだニュータイヤでのアタックを行っていなかったドライバーたちは、残り時間が6分となったあたりからピットを後にした。その中で、赤旗前の自己ベストを更新し、トップを奪ったのは野尻。野尻は1分05秒310を叩き出し、予選に向けて最高の滑り出しを見せる。赤旗後、この野尻に続いたのは、大津。大津もここで1分05秒479をマークしてくる。さらに、大湯が1分05秒681、坪井が1分05秒834で続いた。以下、山本、可夢偉、宮田と続いている。

午後2時からのノックアウト予選は、さらに暑くなりそうな気配だが、一体誰がPPを獲得するのか。野尻が今季4回目のPPを決めるのか。あるいはフェネストラズや平川がそれを止めるのか。気になるところだ。

FP.1 P.4 平川亮(carenex TEAM IMPUL)

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • 富士スピードウェイ
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • モビリティリゾートもてぎ

TWEET #SFORMULA

Official Youtube

LINKS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

  • デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
  • 株式会社ホンダレーシング
  • TOYOTA GAZOO Racing
  • 株式会社スリーボンド
  • 横浜ゴム株式会社
  • Viron Japan 株式会社
  • 富士通株式会社
  

 

  • 株式会社M-TEC
  • 国立大学法人東京大学
  • 東京電力エナジーパートナー株式会社
  • 日本自然エネルギー株式会社
  • 伊藤忠エネクス
  • sgzk
  • 人気酒造株式会社
  • 株式会社ジェイ・スポーツ