MENU

Headline News

2019年 第3戦フリー走行1回目レポート

2019年6月22日

宮城県スポーツランドSUGOでシリーズ第3戦を迎えた全日本スーパーフォーミュラ選手権。周辺は前夜遅くから雨模様となったが、午前9時からのフリー走行1回目を前に雨は降っておらず、上空も明るくなって時折日が差すまで回復した。そんな中、1時間にわたるセッションでトップタイムをマークしたのはNo.19 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)。これに、No.1 山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、No.18 小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)が続いている。

開始を前にウェット宣言が出されたフリー走行1回目。コース上は水は残っていないものの全体にわたってウェットパッチが残る状態ということもあり、スタートと同時にコースに向かうクルマの多くはウエットタイヤを装着していた。一方、アウトラップを済ませてピットインし路面回復を待っているクルマも見られた。

開始から8分、1分10秒台だったトップタイムがNo.39 坪井 翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)によって1分07秒450まで大きく削られる。開始からミディアムタイヤで周回していた坪井のタイムを見てか、その後、ソフトタイヤへ交換するクルマが増えてくる。さらに、ピットで待機していたクルマも続々とコースインし始めた。そんな中、唯一独自のアプローチを見せていたのが関口。ミディアタイヤのスクラブのためアウト・インだけでピットインすると、そのままピットで待機。しばし様子を伺っていたが、開始15分後にソフトタイヤでコースへ。フロントがニュー、リアにはユーズドを装着し、タイヤスクラブのための走行を2回繰り返した。一方で最速タイムも1分05秒953まで上昇。ソフトタイヤを装着し、ベストタイムを更新しながら周回していたNo.5 福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がトップに浮上すると、それを追うように僚友の山本が同じくソフトタイヤで1分05秒471をマーク、頭ひとつ抜きん出た。

セッション折り返しを迎えると、およそ半数のクルマが再びピットへ。この時点でトップ山本は変わらず、2番手には1分05秒533をマークした可夢偉、3番手に1分05秒641のNo.16 野尻智紀(TEAM MUGEN)と、ソフトタイヤ装着車が続く。だが、その後、徐々に自己ベストタイムを更新したドライバーがポジションアップする中、1コーナーを走行中のNo. 7 アーテム・マルケロフ(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)がスピン、コースオフしてグラベルにスタック。自力でのコース復帰が難しいことから、午前9時44分に赤旗が出され、セッションが中断した。折しも、路面状況が安定し、予選アタックに向けてのシミュレーション準備を進めているタイミングだったこともあり、10分後に再開となったセッションはわずかながら1分間の延長扱いとなった。

改めてコースに向かう各車のうち、ミディアムタイヤを選択したのは、山本、福住、No.17 塚越広大(REAL RACING)、可夢偉、坪井の5台。中でも山本と塚越はニュータイヤを装着する。チェッカーまでの僅かな時間の中、コース上はアタックシミュレーションのために渋滞する様子も見られたが、その状況を物ともせずベストタイムを更新する車両が続出。結果、残り時間1分強の時点で関口が1分05秒284をマークしてトップを奪取。2番手山本、3番手可夢偉となり、ラストアタックで自己ベストタイムを更新したNo.65 牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)が続いている。

ウェット宣言下ながら、雨が降ることはなかったフリー走行。ただ、天候は下り坂の予報となっており、正午前には風を伴う雨が降り始めたが、その後小康状態になるという極めて不安定な状態に。このあとノックアウト予選は午後1時20分からを予定しているが、今回はQ1を10台ずつのクラス分けで実施するだけに、開始時のコンディションが気になるところだ。

フリー走行1回目 トップタイム
No.19 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)
「いい流れにあるし、ベースの速さはある」

「セッション中は順調にメニューはこなせたと思います。最初はコース上がちょっと濡れていたし路面も悪かったので、その間に(新品タイヤの)ミディアムタイヤの皮むきをしました。もし、予選がスリックで(路面が)濡れた状況になったらタイヤが温まらなくて(セッションが)終わってしまったらイヤだなということで、まず予選用に1周だけ走りました。その後、改めてソフトタイヤのフロントを2セット皮むきしました。
リスクを取るのがすごくイヤだったんです。スーパーフォーミュラって、狙いすぎて決まるカテゴリーでもないですしね。雨が降った時にタイヤが温まらずに(アタックが)終わってしまったら…とか、タイヤが温まらないイコール、誰かが飛び出す可能性もあるし。たとえば、残り6分で再開されてもタイヤが温まらずにセッションが終わってしまう可能性を考え、リスクを減らすためにやりました。事前に決めたわけでなく、結構行き当たりばったりでやったんですよ。今朝になって、やろうか? っていう話になって、ミディアム(の皮むき)をやったら、クルマを降りて待ってようって言ってたんですが、『ソフトもやっときませんか?』って話をしてやることになりました。臨機応変にやりました。
出たタイムに関してですが、2、3番手が結構早いタイミングでタイムを出しているじゃないですか。特に2番手の山本選手は条件が悪いときにタイムが出ているので、予選ではもうちょっと上がってくるんじゃないですかね。そういう意味でも、予選の流れはわからないですね。昨日の専有では僕はユーズドしか履いてないんです。他の選手と条件が違うのでまだ見えない、わからない部分があるんですが、ただ、つねに上位にいて安定感があるので自信はあります。いい流れにあるしベースの速さはあるので、Q1は突破できると思うし、仮に調子が悪くてもQ2、Q3と上手く合わせて、優勝狙える3位くらいまでの位置には行きたいですね」

  • 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)

  • 山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

  • 小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)

  • 牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • 富士スピードウェイ
  • ツインリンクもてぎ
  • 岡山国際サーキット

FACEBOOK

TWEET #SFORMULA

LINKS

Series Partner

  • 本田技研工業株式会社
  • トヨタ自動車株式会社

Series Supporter

  • 横浜ゴム株式会社

Promotion Partner

  • 日立オートモティブシステムズ株式会社
  • ソニー RX0
  • 人気酒造株式会社

Broadcast Partner

  • BSフジ
  • 株式会社ジェイ・スポーツ