MENU

Mixed Zoon after QF

2022年第4戦予選終了後に行われたミックスゾーンでのドライバーコメントをお届けします。

TEAM MUGEN

TEAM MUGEN MOTUL SF19

1野尻智紀

公式記者会見へ





TEAM MUGEN BINGO SF19

15笹原右京

「フリー走行は、最後にアタックできなかっただけなので、特に心配はなく、パフォーマンスはあると思っていました。予選に関しては、Q1を走ったら朝と全然コンディションが違い、驚きしかなかったんですけど、それでも2番手。Q2に向けてはコンディションの想定が難しかったんですけど、4番手を獲得できて良かったです」

KONDO RACING

REALIZE Corporation KONDO SF19

3山下健太

「朝の走り始めは、そんなに良くなかったですけど、そこから修正を加えて「狙えるかな」という所に来ました。それで、アウトラップからアタックという方法に変えて予選に臨みました。Q2に関しては結構いい手応えがあったんですけど、セクター3で渋滞ができていて。それに詰まって上手くウォームアップできず残念でした」

REALIZE Corporation KONDO SF19

4サッシャ・フェネストラズ

「スピードはあったし、より良いポジションに行けるだけのポテンシャルはあったと思う。PP争いに加わって、2番手とか3番手に行けるだけの力があったと思うんだけど、ちょっとしたミスがあって6番手だった。だから、ちょっと残念だけど、このミスから学ぶものもあった。決勝レースではいい作戦を立てて、トップ5で終わりたいね」

DOCOMO TEAM DANDELION RACING

DOCOMO DANDELION M5S SF19

5牧野任祐

公式記者会見へ





DOCOMO DANDELION M6Y SF19

6大津弘樹

「Q1、Q2とも結構大きなミスをして、だいぶタイムを失ってしまいました。クルマの手応えが良かったからこそ、その限界を超えた中で走ってしまい、ミスしてしまいました。本来だったらトップ3争いをできる手応えだったんですけど、10番というのはすごく悔しい結果。上手く合わせ切れなかったことが今回の反省点だと思います」

KCMG

Kids com KCMG Cayman SF19

7小林可夢偉

「フリー走行は良かったんですけど、その後変更したのと、路面コンディションの変化でバランス的にはすごくオーバーステアになり、ちょっと良くない方向に行ってしまいました。それにプラスしてトラフィックでコンマ3秒ぐらいロスしてしまって、Q2に行けず終了です。決勝では楽しめるレースができればと思っています」

Kids com KCMG Elyse SF19

18国本雄資

「フリー走行から予選にかけて、路面コンディションが変わって、少しビックリした感じでした。クルマのバランスも満足するような感じではなくて、ちょっと苦しいかなと思ったんですけど、その中でもQ2に進めたのは良かったですし、今までのことを考えると悪い順位ではないので、常にこの順位で戦って行きたいと思います」

ThreeBond Drago CORSE

ThreeBond Drago CORSE SF19

12福住仁嶺

「朝の走り始めが一番厳しくて、ペースも良くなかったんですが、そこからクルマのセットアップを大きく変えて行きました。チームとしても、このサーキットのデータがほとんどないので。そこから予選に向けてさらにアジャストしましたが、その中に何かヒントになることもあると思うので、これから分析して行きたいと思います」

docomo business ROOKIE

docomo business ROOKIE SF19

14大嶋和也

「予選前に、東條エンジニアから「この路温だったら1周目でアタックに行けるよ」というアドバイスがありましたし、そっちで行きたそうだったので(笑)、少し勇気は必要でしたけど、Q1でその方法を選びました。それでもアタック自体は完璧に決めたので、「イケるかな」と思ったんですけど。ちょっと足りなかったですね」

carenex TEAM IMPUL

carenex TEAM IMPUL SF19

19関口雄飛

「フリー走行は順位こそ8番でしたけど、黄旗でアタックできなかっただけですし、良かったです。予選もそこまで悪い感じはなく、クルマのバランスも良かったですし、結構いいドライビングもできました。だから、気温が上がった分、タイムが落ちたのかなと思ったんですけど、結果としてグループで8位だったのでビックリしました」

carenex TEAM IMPUL SF19

20平川 亮

「ユーズドタイヤは結構いい感触があるんですけど、ニュータイヤを着けた時に伸び代がないんです。そこが今年ずっと課題になっている所。クルマのバランス的には、朝はアンダーで午後はオーバーでした。Q1はドライビングも上手くまとまっていない部分もあったんですけど、それでもトップは全然見えないという感じでしたね」

Kuo VANTELIN TEAM TOM’S

Kuo VANTELIN TOM’S SF19

36ジュリアーノ・アレジ

「フリー走行ではまあまあOKという感じで、順位以上のポテンシャルを感じていた。だから、予選でも好結果を残せるんじゃないかという自信があったんだ。でも、予選ではいいバランスが見つけられなくて望んだ結果にはならなかったし、これからどこを進歩させられるか見直さないと。決勝では何とかポイントを獲りたいよね」

Kuo VANTELIN TOM’S SF19

37宮田莉朋

公式記者会見へ





P.MU/CERUMO・INGING

P.MU/CERUMO・INGING SF19

38坪井 翔

「これまでQ1からQ2に向けてタイムが伸び悩んでいて、そこに課題があったんですけど、色々やってきて今回は非常に良い状態だと思っていました。Q1を通っていれば、充分PP争いできると思っていたんですが、ピットを出るタイミングが最悪過ぎました。計測2周目組の集団の中に入ってしまって…。逃した魚は大きかったと思います」

P.MU/CERUMO・INGING SF19

39阪口晴南

「今朝は絶望的な所から始まりましたが、そこから色々試して、Q1では2番手と、ひとつ形になった気がします。Q2ではちょっと変えたことで、すごくダメになったので、その原因を洗い出す必要があると思いますね。今回、立川監督や石浦さんの導きも大きかったんですが、自分でももっと判断できるようになって行きたいですね」

B-Max Racing Team

BYOUBUGAURA B-MAX SF19

50松下信治

「フリー走行から色々セットアップを変えて、あらかじめアウトラップからすぐプッシュと決めて出て行ったんですが、ウチのクルマでは全く不可能だったと分かりました。速い人たちはみんなそうしていますし、できるだろうと思ったんですけど、全くできませんでしたね。レースでは追い上げるしかないので頑張ります」

TEAM GOH

Red Bull TEAM GOH G01 SF19

53佐藤 蓮

「フリー走行から予選に向けてセットアップ変更をしたことで、かなりバランスが良くなり、Q1は突破することができました。Q2では路面の変化がかなり著しくて。そこへのアジャストが少しズレて、アンダーステアになってしまいました。自分の読みが外れてしまった部分もありますし、そこは今後に向けての課題と思っています」

TEAM GOH G01 SF19

55三宅淳詞

「SFでオートポリスを走ったのは初めてでしたが、フリー走行真ん中ぐらいの段階で上位にいることができ、調子の良さを感じることができて「イケる」という手応えがありました。なので、Q1突破は心配していなかったんですが、Q2では野尻さんとコンマ数秒あるので、そこを埋めないと。今からそこを分析したいと思います」

TCS NAKAJIMA RACING

TCS NAKAJIMA RACING SF19

64山本尚貴

「フリー走行からグリップがなくて、調子は良くなかったです。アタックも思い切りはいけない感じでした。前回復調の兆しを感じていたものが、また無くなってしまった感じです。明日のレースでは頑張って追い上げます」

TCS NAKAJIMA RACING SF19

65大湯都史樹

「今回もセットアップを大きく変えて持ち込んで、期待していました。そこをフリーの最初から確認して行きましたが、バランスは良くなくて、スムースに走れませんでしたね。アンダーが出て濡れた縁石に乗ったことで飛び出してクラッシュしてしまいました。マシンの修復をしていただいて、予選は走れましたが、不調が続いています」

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • 富士スピードウェイ
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • モビリティリゾートもてぎ

TWEET #SFORMULA

Official Youtube

LINKS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

  • デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
  • 株式会社ホンダレーシング
  • TOYOTA GAZOO Racing
  • 株式会社スリーボンド
  • 横浜ゴム株式会社
  • Viron Japan 株式会社
  • 富士通株式会社
  

 

  • 株式会社M-TEC
  • 国立大学法人東京大学
  • 東京電力エナジーパートナー株式会社
  • 日本自然エネルギー株式会社
  • 伊藤忠エネクス
  • sgzk
  • 人気酒造株式会社
  • 株式会社ジェイ・スポーツ