MENU

Headline News

第3戦 FP.1最速は野尻智紀

2022年4月23日

2レース制で行われた開幕大会から2週間。4月23日(土)〜24日(日)に、全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦が開催される。舞台となるのは、三重県鈴鹿サーキット。曇りがちながら、温かな朝を迎えた23日(土)は、午後に行われる予選を前に、フリー走行が行われた。このフリー走行でトップタイムをマークしたのは、野尻智紀(TEAM MUGEN)。これに山下健太(KONDO RACING)、宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)が続いている。

FP1 P.1 野尻智紀(TEAM MUGEN)

強い陽射しとともに夜明けを迎えた鈴鹿。その後、空には薄雲が広がったものの、朝から温かなコンディションとなった。そして、気温20℃、路面温度27℃というコンディションのもと、全日本スーパーフォーミュラ選手権のフリー走行が開始されたのは、午前9時50分。1時間半に渡って行われるこのセッションで、各チームは予選に向けての準備を進めていく。コースがオープンされると、牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)を先頭に、大津弘樹(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、野尻、笹原右京(TEAM MUGEN)、山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)、大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)、佐藤蓮(TEAM GOH)、三宅淳詞(TEAM GOH)、松下信治(B-Max Racing Team)、小林可夢偉(KCMG)、大嶋和也(docomo business ROOKIE)、福住仁嶺(ThreeBond Drago CORSE)といった順で、すぐに半分ほどのドライバーがピットを後にした。ここで最初からニュータイヤを装着していたのが、野尻と笹原。予選に備えて、この2人はタイヤのスクラプを行ない、アウトラップを走るとピットに戻る。一方、最初から計測に入ったのは、山本、大湯、佐藤、三宅、可夢偉、大嶋、福住ら。若干ピットアウトのタイミングを遅らせていたドライバーもこの頃には次々にコースに入る。これに対して、セッション開始から15分ほどまで待ってから、ようやくコースに入ったのは、平川亮(carenex TEAM IMPUL)と関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)だった。
 
各車が本格的な走行に入ると、まず真っ先に1分38秒台のタイムを刻んだのは、ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELN TEAM TOM’S)。アレジは計測3周目に1分38秒944をマークする。続いてこのタイムを上回ってきたのは、山下。さらに、宮田が1分38秒454までタイムアップ、この時点でのトップに浮上する。
セッション開始から約20分というところで、その宮田のタイムを大きく上回ってきたのは、牧野。牧野は計測4周目に1分38秒049というタイムを叩き出してくる。そこからさらに約20分。セッション開始から38分というところでトップタイムを書き換えたのは、開幕戦でPPを獲得している笹原。笹原は1分38秒020と、牧野のタイムを0.029秒上回ってきた。
その間にも、各チームはセットアップの煮詰めを行う。ドライバーたちは、ピットアウトするとタイヤを温め、1周プッシュ。その後ピットに入ってマシンを調整するということを繰り返して、予選に向けての入念な準備を進めていった。また、多くのチームがタイヤ交換練習を行っていたほか、ドライバーによってはピット出口でスタート練習をするシーンも見られた。

そして、セッションが終盤に入ると、各車は一旦ピットイン。残り時間が10分を切ったあたりからは予選のタイムアタックシミュレーションに向かう予定を立てていた。だが、それよりも少し早いタイミングでアタックシミュレーションを行い、トップタイムを書き換えたのは、ディフェンディング・チャンピオンにして現在ランキングトップの野尻。野尻はセッションの残り時間が12分というところで、1分37秒729と、真っ先に37秒台に突入してきた。これが他のドライバーたちにとっては、ひとつのターゲットタイムとなる。そして、セッションの残り時間が7分を切ったあたりから、ニュータイヤを装着して多くのドライバーがコースイン。今回、黄色から赤に色が変更されたQライトを点滅させながら、タイムアタックを行う。そして、残り時間が1分30秒というところで、1分37秒792をマークし、一気に浮上したのは山下。だが、野尻のタイムにはわずかに0.063秒及ばず2番手に留まった。続いてアタックしていた宮田は1分37秒820で3番手、さらに、サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)は1分37秒976で4番手。この4人が37秒台のタイムを刻んだ。以下、笹原、牧野、坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)、山本、国本雄資(KCMG)、大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)。開幕戦を制した平川は、このセッション15番手。トラフィックの影響で好アタックがかなわなかった。また、開幕大会で躍動したルーキーたちはというと、三宅が17番手、佐藤が20番手に留まっている。
“野尻強し”という印象が残ったフリー走行だが、午後の予選では、誰がPPを獲得するのか。復活の兆しが見えるKONDO RACINGやNAKAJIMA RACING、開幕大会から表彰台を獲得している宮田、鈴鹿と相性がいいDOCOMO TEAM DANDELION RACINGなども含めて、Q1から激しいタイムアタック合戦が繰り広げられることだろう。

FP1 P.2 山下健太(KONDO RACING)
PF1 P.3 宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • 富士スピードウェイ
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • モビリティリゾートもてぎ

TWEET #SFORMULA

Official Youtube

LINKS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PATNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

  • デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
  • 株式会社ホンダレーシング
  • TOYOTA GAZOO Racing
  • 株式会社スリーボンド
  • 横浜ゴム株式会社
  • Viron Japan 株式会社
  • 富士通株式会社
  • キングレコード株式会社
  

 

  • 株式会社M-TEC
  • 国立大学法人東京大学
  • 東京電力エナジーパートナー株式会社
  • 日本自然エネルギー株式会社
  • 伊藤忠エネクス
  • RED
  • sgzk
  • 人気酒造株式会社
  • 株式会社ジェイ・スポーツ