MENU

  • TOP
  • Headline News
  • 2020年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第2回公式合同テスト初日

Headline News

2020年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第2回公式合同テスト初日

2020年3月24日

昨年、12月中旬に行われた合同テスト・ルーキーテストから3ヶ月余り。3月24日(火)〜25日(水)にかけて、静岡県富士スピードウェイで全日本スーパーフォーミュラ選手権の第2回公式合同テストが開催される。年が明けてから発生した新型コロナウィルス・COVID-19の影響により、3月上旬に三重県鈴鹿サーキットで開催が予定されていた第1回公式合同テストは延期。そのため、実際にはこの第2回公式合同テストが開幕前初めての走行となり、11チーム・20名のドライバーが参加している。

設営日の23日には午後から冷たい雨に見舞われたものの、テスト初日となる24日の富士は、朝から春めいた好天に恵まれる。空気はまだひんやりとしていたものの、サーキットの周りでは水仙や梅、早咲きの桜も花開き、スタンドやコースサイドにはカメラを持った熱心なファンの姿も見られた。
そんな中、最初のセッションが始まったのは、午前9時から。今回のテストでは、昨年スペックながら新品のソフトタイヤを6セット使用できることになっており、各ドライバーが気温14℃、路面温度18℃というコンディションのもと、ソフトタイヤでコースへと入っていった。ただし、最終コーナーから1コーナーに向けては強い追い風が吹いており、体感温度はそれよりもかなり冷たい状況。タイヤもなかなか温まらないようなコンディションだった。それも影響したのか、開始からわずか5分足らずというところで、セッションは赤旗によって中断される。これは今季シリーズにデビューするタチアナ・カルデロン(THREEBOND DRAGO CORSE)がダンロップコーナー立ち上がりでスピン、ストップしたため。このマシン回収が終わると、セッションは午前9時13分に再開された。しかし、セッション開始直後に、再び赤旗が提示される。これは小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)が2コーナー立ち上がりでスピンしてクラッシュ。右リヤサスペンションやフロントウィングにダメージを負った状態で、コース上にストップしたためだ。このマシン回収が終わると、午前9時32分にセッションは再開。ここから各ドライバーは本格的な走行に入っている。

2度目の赤旗後、まず1分22秒台後半のタイムを刻んで上位に付けたのは、中嶋一貴(VANTELN TEAM TOM’S)、福住仁嶺(DANDELION RACING)、坪井翔(INGING MOTORSPORT)ら。その後、セッションが折り返しを迎えようかというところで、山本尚貴(DANDELION RACING)が1分22秒335、続いて1分21秒480と21秒台に突入してくる。これに続いて21秒台に入ってきたのは、牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)。さらに野尻智紀(MUGEN)、セッションの残り時間が30分となったところでは福住も21秒台に入ってきた。その間も、各ドライバーは、持ってきたセットアップメニューをこなしたり、ルーキーたちは慣熟に努めていたが、残り時間が5分余りとなったところからはニュータイヤを投入するドライバーも出始める。ここで一気にタイムアップしたのが、平川亮(TEAM IMPUL)。平川は1分21秒342を叩き出し、セッショントップを奪った。これに続いたのは、同じくチェッカー目前に自己ベストを更新した牧野。これに山本、野尻と続き、やはり最後にタイムアップした山下健太(KONDO RACING)が続いている。またルーキーのトップは、サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)。フェネストラズは1分21秒696までタイムを伸ばし、7番手で最初のセッションを締めくくった。

そこから2時間20分のインターバルを経て、2回目のセッションが始まったのは午後1時20分。このセッションでは、朝吹いていた風も若干弱まり、気温・路面温度も上昇。絶好のコンディションとなり、各チーム、各ドライバーはテストメニューをこなして行った。
このセッションでも走り初めから、牧野や福住、坪井らの若手が元気の良さを見せる。またセッション開始から20分という時点では、1回目にセッショントップタイムをマークしている平川が1分21秒645と早くも21秒台に入ってくる。平川は、その翌周に1分21秒103と午前中のトップタイムを上回り、セッション終盤までトップを守った。これに続いて開始から40分というところでは山本が1分21秒567、ルーキー勢でもシャルル・ミレッシ(B-MAX RACING TEAM)が1分21秒936、大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)が1分21秒930と22秒を切ってきた。また、残り時間が30分となったあたりでは、それまで40周以上に及ぶ走り込みを行なっていたフェネストラズが1回目の自己ベストを上回る1分21秒674、野尻が1分21秒591とそれぞれタイムを伸ばしてくる。

その後、セッションの残り時間が10分を切ると、各ドライバーがニュータイヤを投入。タイムアタックシミュレーションへと向かった。ここで真っ先に1分20秒台に飛び込んできたのは、大湯。大湯は1分20秒713をマークして、一瞬トップに立つ。だが、その直後に、このタイムを上回ったのは、福住。福住はここで1分20秒694を叩き出した。続いてアタックしていた山本は1分20秒720と、若手2人のタイムにはわずかに及ばず。野尻も1分20秒942に留まった。結果、このまま福住がセッショントップを奪うかと思われたが、チェッカー目前にわずか100分の2秒、そのタイムを上回ったのは、午前中もトップを奪った平川。平川にとっては、パーフェクトな1日となった。福住は2番手、大湯はルーキートップの3番手。以下、山本、野尻、一貴、ユーリ・ビップス(MUGEN)、牧野、関口雄飛(TEAM IMPUL)、フェネストラズと続いている。

明日、25日のテストは、当初の予定から走行時間が変更となり、1回目は午前10時から12時10分、2回目は午後2時30分から午後4時40分の計4時間20分。引き続き好天の予報が出されているが、誰が速さを見せるのか。注目の1日となりそうだ。

本日のリザルトはこちら

No.20 平川 亮(TEAM IMPUL)
Session1/2 トップタイム

No.64 牧野 任祐(TCS NAKAJIMA RACING)
Session1 2番手タイム

No.6 福住 仁嶺(DANDELION RACING)
Session2 2番手タイム

No.5 山本 尚貴(DANDELION RACING)
Session1 3番手タイム

No.65 大湯 都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)
Session2 3番手タイム

No.12 タチアナ・カルデロン(THREEBOND DRAGO CORSE)

No.50 セルジオ・セッテ・カマラ(B-MAX RACING TEAM)

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • 富士スピードウェイ
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • ツインリンクもてぎ
  • 岡山国際サーキット

FACEBOOK

TWEET #SFORMULA

LINKS

Series Partner

  • 本田技研工業株式会社
  • トヨタ自動車株式会社

Series Supporter

  • 横浜ゴム株式会社

Promotion Partner

  • 日立オートモティブシステムズ株式会社
  • 株式会社スリーボンド
  • 人気酒造株式会社

Broadcast Partner

  • BSフジ
  • 株式会社ジェイ・スポーツ