MENU

  • TOP
  • Headline News
  • 2019年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第6戦フリー走行2回目レポート

Headline News

2019年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第6戦フリー走行2回目レポート

2019年9月29日

全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦の決勝日を迎えた岡山国際サーキット。9月29日、午前9時10分から30分間にわたってフリー走行2回目が行われ、現在シリーズランキングでリードするNo.37 ニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)がトップタイムをマーク。2番手にNo.64 アレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)、3番手にNo.5 福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が続いた。
前日よりも気温が上がり、秋晴れの朝を迎えた岡山国際サーキット。一時は雨の心配が尽きなかったが、セッション中は雲が出ているものの時折強い日差しが照り、暑さを感じるほどだった。なお、フリー走行の前に行われたサポートレースで赤旗中断があったことから、セッションは当初より5分遅れでスタート。No.3 山下健太(KONDO RACING)、No.4 国本雄資(KONDO RACING)、No.38 石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)、No.39 坪井 翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)、No.16 野尻智紀(TEAM MUGEN)、No.15 パトリシオ・オワード(TEAM MUGEN)、No.19 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)、No.20 平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)と、チーム単位で続々とコースインしていった。まず、ソフトタイヤを装着したのは12台、残る8台がミディアムタイヤを選択。その中にはアウト−インでピットに戻り、ルーティン作業のシミュレーションを行うクルマも見られたが、一方で周回を続けながらタイムアップを続け、これに合わせるように忙しくポジションも変わり続けた。
開始6分、前日の予選でポールポジションを手にした平川が1分15秒988をマーク、真っ先に15秒台へとタイムを入れてくる。だが、その直後、キャシディが1分14秒389と一気にタイムを縮めてトップを奪取。また、No.65 牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)も1分15秒649のタイムで2番手に浮上するなど、1分15秒台のベストラップを刻み始める車両が増えてきた。さらに開始10分を過ぎてパロウが1分15秒484をマークして2番手につけると、翌周さらに1分15秒252までタイムを削り、その後も15秒台で周回。安定した速さをアピールした。
セッション折り返しを過ぎ、ポジションを上げたのはNo.50 ルーカス・アウアー(B-Max Racing team with motopark)と福住。まずアウアーが1分15秒581で3番手に上がったが、その後、福住がチェッカー3分前に1分15秒519のタイムで3番手に浮上すると、このままセッション終了を迎えた。

予選ポールの平川が14番手、同じく2位山下は9番手、また3位国本が13番手と後方に留まったフリー走行2回目。決戦では、ルーティンのピットイン含め、各チームがどのような戦略で挑むのかも見どころになるだろう。依然として天候の行方も気になるところだが、69周の決勝は午後3時5分スタートを予定している。

フリー走行2リザルト

No.37 ニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)

「1分14秒389というトップタイムを出した時は、それほど燃料を積んでいなくて、その後燃料をある程度積んで走行したんだけど、クルマはすごく良かったよ。それからピットで少しセットアップを変えたんだけど、それは今週末のためというよりも鈴鹿を見据えてのものだった。だけど、30周以上したタイヤでも、クルマの状況はすごく良かった。今朝のラップタイムが僕のスピードを示していると思うし、僕が戦い続けているっていうことを証明していると思う。昨日の予選が上手く行かなかったことによって、僕はより以上に結果を求めているんだ。狂おしいほどにね。だから、その点は心配しないで欲しい。新しいルールによって、ストラテジー的にはすごく難しくなってしまったけど、僕は戦っているんだ」

No.64 アレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)

 
「昨日の予選では何が起こったのか、分からなかった。フリー走行での感触はすごく良かったのに、予選でニュータイヤを着けた時には、全然グリップを感じなかったんだ。タイヤの状況が僕らにとって余りよくなかったのか、ひょっとしたらタイヤの内圧が合っていなかったのか、本当によく分からない。だから、昨日は(8番手に終わってしまって)良くない1日だったんだけど、今日は僕らのノーマルのペースに戻ったし、すごく良かった。(ラップタイムが)安定していたし、中でもセクター3がすごく良かった。昨日はセクター3だけでQ3に進んだ他のドライバーよりもコンマ5秒ぐらい遅くて、それがどうしてか分からなかったんだけど、今日は元に戻ったよ。つまり昨日は問題があったってことだよね。フリー走行では、レースを想定してフルタンクで走っていたけど、タイヤはすでに30周とか40周したものだった。それだけ古いタイヤでも感触は良かったし、燃費も良かったから期待しているよ。それに、現段階で、レースは雨になると思う。99%確実にね。ドライだったら、ここではオーバーテイクがとても難しいし、前のクルマについて行くことになると思う。だから、前に行くためには、雨が降ってくれると嬉しいね。まあ、視界が大丈夫かどうかっていうのもあるんだけど。富士ではトップを走っていて、誰も前にいなかったから良く見えたけど。でも、もちろん雨を期待しているし、雨が降れば優勝するチャンスもあると思う。ドライだったらトップ5に入れればいいと思っているよ」

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • 富士スピードウェイ
  • ツインリンクもてぎ
  • 岡山国際サーキット

FACEBOOK

TWEET #SFORMULA

LINKS

Series Partner

  • 本田技研工業株式会社
  • トヨタ自動車株式会社

Series Supporter

  • 横浜ゴム株式会社

Promotion Partner

  • 日立オートモティブシステムズ株式会社
  • ソニー RX0
  • 人気酒造株式会社

Broadcast Partner

  • BSフジ
  • 株式会社ジェイ・スポーツ