MENU

Mixed Zone after QF

2022年第6戦予選終了後に行われたミックスゾーンでのドライバーコメントをお届けします。

TEAM MUGEN

TEAM MUGEN MOTUL SF19

1野尻智紀

公式会見へ




TEAM MUGEN BINGO SF19

15笹原右京

「単純に遅かったです(苦笑)。コンディションが違うとは言え、フリー走行ではそれなりにいい所、悪い所があって、自分でもすごく納得していたんですよね。「こうすれば、こう行けるかな」と見えていたんですけど、予選ではコースインした時から「どうしちゃったんだろう」という。自分だけ氷の上を走っている感じで苦戦しました」

KONDO RACING

REALIZE Corporation KONDO SF19

3山下健太

「最初の赤旗前、黄旗が出た周ぐらいしかまともにアタックできませんでした。トラフィックもありましたし。それ以降は、強雨でタイムが出なかったので、しょうがないですね。クルマも朝からそんなに良くなかったです。グリップ感があまりなくて。前後バランスは悪くないんですけどね。決勝はできる限り上がっていきたいです」

REALIZE Corporation KONDO SF19

4サッシャ・フェネストラズ

「”ゼンゼン、ダメ”。ただ速くなかったんだ。朝のフリー走行では、雨が少ない時に走って、ヘビーレインの中で走らなかった。だから、ヘビーレインでのクルマの状況が分からなかったんだけど、基本的にレインセットに課題があるね。まだまだ進歩できる余地があると思う。でも7番手スタートだからチャンスはあると思っているよ」

DOCOMO TEAM DANDELION RACING

DOCOMO DANDELION M5S SF19

5牧野任祐

「何とも言えない予選でしたけど、6番手はまあ悪くないですね。「たられば」を言えばキリがないですし、雨量が少ない所を狙っての合わせ込みが当たるか当たらないかだったと思いますから。そこでちょっと上手く行かなかった部分もありますけど、バランスとして悪いわけではないですし、決勝も自分自身楽しみにしています」

DOCOMO DANDELION M6Y SF19

6大津弘樹

「難しいコンディションの中、タイムを出し切らなくちゃいけない予選でしたね。一発目のアタックで、赤旗のタイミングがズレていればもう少しタイムが出せたという手応えはありました。ただ、位置取り含めて上手く行きませんでしたね。自信があった分、5番手は悔しいですけど、明日チャンスはあると思うので、頑張りたいです」

KCMG

Kids com KCMG Cayman SF19

7小林可夢偉

「何が起こったか分からないまま、壁に張り付きました。縁石を踏む前にリヤが流れて、コントロール不能であそこまで行きました。朝も余りクルマのセットアップが良くなくて、そこから色々やったんですけど上手くいかなくて。予選では何とかタイヤを温めようとしていて張り付いたので、どうしようもなかったという感じです」

Kids com KCMG Elyse SF19

18国本雄資

「朝はまずまずでしたが、予選ではパフォーマンスがすごく低くて、すごく厳しい状況でした。一番路面コンディションがいい時でも、グリップが低くて。その後は雨が強くなってきてしまったので、タイムが更新できませんでした。赤旗とかコース上での視界の悪さもあって気持ち良く走れませんでしたし、少し残念な予選でした」

ThreeBond Drago CORSE

ThreeBond Drago CORSE SF19

12福住仁嶺

「今日の予選ではピット位置の有利・不利はすごく出たと思います。僕もコース上で周りのクルマに気を使わなければならないタイミングもあり、欲求不満もありましたが、その中でも、トップ8で今回も予選を終えられたので、全体の流れとしては悪くなかったと思います。レースでは焦らずちゃんと精一杯戦い抜きたいと思っています」

docomo business ROOKIE

docomo business ROOKIE SF19

14大嶋和也

「予選に関しては、結局1回もクリアが取れませんでした。ウォームアップ中に、最初に出て行ったクルマが追いついてきたり、余りしっかり走れないうちに終わってしまいました。でも、普通に走れていても、上位に入れるほどのバランスではありませんでした。もう少し細かい所を煮詰めていかないと、上位には行けないですね」

carenex TEAM IMPUL

carenex TEAM IMPUL SF19

19関口雄飛

公式会見へ




carenex TEAM IMPUL SF19

20平川 亮

「一番コンディションが良かった1周目に(関口選手)との間を空け切れず、次の計測周は後からピットアウトしたクルマが目の前に出てきたので、タイミングを待ってタイヤを温存していたら、赤旗が出てしまいました。今日は仕方がないので、明日しっかり挽回できるように。開幕大会以上の走りができればと思っています」

Kuo VANTELIN TEAM TOM’S

Kuo VANTELIN TOM’S SF19

36ジュリアーノ・アレジ

「コースに出た時のポジションが理想的ではなかったけど、それは何とかできる範囲だったんだ。そこは前向きだけど、セッションを通じて、これ以上のタイムを出せるというだけのグリップがなくて、余り素晴らしい予選ではなかった。状況もどんどん変わって行ったし、セットアップを望むところに持って行くのが大変だったね」

Kuo VANTELIN TOM’S SF19

37宮田莉朋

「原因はまだ分かっていないんですけど、ダンロップコーナーの出口で加速する時にアクセルを踏んだら全く反応しなくなって、エンジンも止まってしまいました。突然の出来事でよく分からないです。それ以前に、クルマにも余り手応えがなくて。雨に対する課題はまだ残っている印象です。レースでは抜いて行くしかないですよね」

P.MU/CERUMO・INGING

P.MU/CERUMO・INGING SF19

38坪井 翔

公式会見へ




P.MU/CERUMO・INGING SF19

39阪口晴南

「(最初の赤旗後の)2回目のアウティングから速かっただけに、少し悔しい予選でした。本来の僕らのウェットでのパフォーマンスはあそこなんですけど、それを1回目のアウティングで引き出せなかったんですよね。坪井選手はそこを引き出せていたので、悔しい。でも、チームとして2位と4位ということで、決勝は楽しみだと思います」

TEAM GOH

Red Bull TEAM GOH G01 SF19

53佐藤 蓮

「後半ほど雨量が増える予報で、できるだけ早くタイムを出したかったんですけど、ピット位置の関係で、後方でのアタックとなってしまいました。それでもアタックはできましたが、想定していた所にクルマのセットアップが行っていませんでしたね。その後、微調整してコースに戻った時は雨量が多く、タイム更新できませんでした」

TEAM GOH G01 SF19

55三宅淳詞

「結果的に、序盤しかタイムが出るコンディションではなかったんですけど、3周目のアタックではセクター2まで上位に行けるんじゃないかという自己ベストを出すことができていました。でも、セクター3でイエローが出ていて、そこでアタックを止めたんです。そこからもう1周行こうと思ったら赤旗になってチャンスを失いました」

TCS NAKAJIMA RACING

TCS NAKAJIMA RACING SF19

64山本尚貴

「予選はちゃんと走れなかったという感じです。タイミングがあまり良くなかったですし、前にクルマがいるだけで、やっぱり普通の走りはできないので。前がクリアな状態になればなるほどタイムが上がるという状況でしたから。それがなくても、予選では余りクルマのパフォーマンスが良くなかったので、不完全燃焼でした」

TCS NAKAJIMA RACING SF19

65大湯都史樹

「トップ2以外のドライバーとは、ほぼ同じタイミングでのアタックになりましたが、彼らのタイムに及びそうな感じはありませんでしたね。なぜこうなったのか、今イチよく分かっていないです。全力を尽くしても、この順位なので、非常にマズイです(苦笑)。決勝に向けてできる限りのことをして、追い上げられるよう頑張ります」

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • 富士スピードウェイ
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • モビリティリゾートもてぎ

TWEET #SFORMULA

Official Youtube

LINKS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PATNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

  • デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
  • 株式会社ホンダレーシング
  • TOYOTA GAZOO Racing
  • 株式会社スリーボンド
  • 横浜ゴム株式会社
  • Viron Japan 株式会社
  • 富士通株式会社
  • キングレコード株式会社
  

 

  • 株式会社M-TEC
  • 国立大学法人東京大学
  • 東京電力エナジーパートナー株式会社
  • 日本自然エネルギー株式会社
  • 伊藤忠エネクス
  • RED
  • sgzk
  • 人気酒造株式会社
  • 株式会社ジェイ・スポーツ
  • 株式会社マイクロン