MENU

Headline News

2021年 第4戦SUGO FP1は福住仁嶺がトップタイム

2021年6月19日

5月に行われたオートポリスでの第3戦から約1ヶ月。全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦は、6月19日(土)〜20日(日)、宮城県スポーツランド菅生で開催される。その最初の走行となったのは、19日(土)の午前9時10分から1時間半に渡って行われたフリー走行。生憎の雨となったこの走行では、路面が非常に滑りやすく、コースオフしたりスピンするクルマが続出。赤旗も3回提示されるなど、波乱の展開となったが、その中でトップタイムをマークしたのは、そろそろ優勝が欲しい福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)。これに阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)、坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)、牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)と続いた。現在ランキングトップにつけている野尻智紀(TEAM MUGEN)は8番手となったが、予選ではここからどこまで巻き返してくるのか、注目される。

東北地方は、まだ梅雨入りしていないものの、日本列島には低気圧が近づき、天候が崩れた19日(土)。仙台周辺もこの日は朝から弱い雨に見舞われ、気温も前日から比べると低下した。そんな中、スーパーフォーミュラのフリー走行は午前9時10分に開始。気温18℃、路面温度21℃というコンディションのもと、ピットロード出口がオープンされると、全車次々にコースへと入っていく。そこからタイヤが温まると、坪井が早くも1分19秒542、福住が1分19秒834、大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)が1分19秒931と、1分20秒を切ってくる。他のドライバーもここからタイムを上げてくるというタイミングだった。だが、ここでセッションは最初の赤旗によって中断される。これは、大嶋和也(NTT Communications ROOKIE)がレインボーコーナーでスピン、ストップしたため。現場にはマーシャルが駆けつけたが、大嶋は自走でピットへと戻ることができた。そして、セッションは午前9時26分に再開。再開されると、ここでも多くのドライバーがコースに出て行った。その中で、坪井が自己ベストタイムを更新。1分18秒683を叩き出して、この時点でのトップに立ったが、この直後、セッションは2回目の赤旗によって中断される。これは、松下信治(B-Max Racing Team)がSPインコーナーで曲がり切れずにコースアウト、アウト側のスポンジバリアにフロントから真っ直ぐ接触したため。幸い、スポンジバリアが衝撃を吸収する形で、松下のマシンに大きなダメージはなく、エンジンもかかっていた。松下はマーシャルの手で引っ張り出されると、そのまま自走でピットに戻る。そして、セッションは午前9時40分に再開された。この頃になると雨脚はかなり弱まり、多くのドライバーが1分20秒を切ってくる。その中で、福住が一気にタイムアップ。1分18秒669と、トップタイムを書き換えている。その後も福住は1分18秒469、1分18秒363と、自己ベストを立て続けに更新して行った。また、阪口が1分18秒669をマークして、チームメイトの坪井をわずかに上回ってくる。福住のチームメイトである牧野も1分18秒722までタイムアップし、4番手に浮上してきた。
その後、セッションの残り時間が30分を切ったあたりで、3回目の赤旗が提示される。これは、中山 雄一(KONDO RACING)が2コーナーでスピン、ストップしたため。1コーナー立ち上がりから横滑り状態になった中山は、2コーナー入り口のアウト側にストップしたが、エンジンが止まってしまい、自力では動けなかった。そのため、マーシャルが現場に駆けつけ、牽引。中山のマシンがピットに戻されると、午前10時28分にセッションは再開された。残り時間がわずかに12分ということで、各ドライバーは予選を見据えての走りとなる。半数以上のクルマにはレインのニュータイヤが装着されており、ここからのタイムアップが期待される。しかし、路面温度の低さからタイヤがなかなか温まらないのか、多くのドライバーは自己ベスト更新ならず。前回優勝者のジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELN TEAM TOM’S)が1分19秒119で9番手に浮上、また関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)が1分18秒910と18秒台に入れてきた以外、目立った動きはなかった。中には、坪井、阪口の2人のように、ここで新しいレインタイヤのスクラブを行うなど、予選に向けて着々と準備を整えているチームも。だが、いずれにしてもセッション中盤に福住がマークしたタイムを書き換えるドライバーはおらず。福住は最初の走行を幸先のいいトップタイムで締めくくっている。これに続いたのは、阪口、坪井、牧野。以下、関口、宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)、山下健太(KONDO RACING)、野尻、アレジ、大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)までがトップ10。タイム的には福住が阪口に対してコンマ3秒差を付けているが、それ以下はかなりの僅差となっており、予選は大混戦となりそうな気配だ。

FP1 トップタイム
福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

FP1 2番手
阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)

FP1 3番手
坪井 翔(P.MU/CERUMO・INGING)

FP1 4番手
牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • 富士スピードウェイ
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • ツインリンクもてぎ

FACEBOOK

TWEET #SFORMULA

LINKS

Series Partner

  • 本田技研工業株式会社
  • トヨタ自動車株式会社

  Series Supporter

  • 横浜ゴム株式会社
  

Promotion Partner

  • 株式会社スリーボンド
  

  Broadcasting Partner

  • BSフジ
  • 株式会社ジェイ・スポーツ
  

  Supporting Companies

  • 人気酒造株式会社
  • Viron Japan 株式会社