MENU

Mixed Zone after QF

2022年第5戦予選終了後に行われたミックスゾーンでのドライバーコメントをお届けします。

TEAM MUGEN

TEAM MUGEN MOTUL SF19

1野尻智紀

公式会見へ




TEAM MUGEN BINGO SF19

15笹原右京

「朝から全く速さがなかったです。フリー走行でコースインした瞬間から、全く違うクルマになってしまったような雰囲気で。そこから色々なことをトライしたんですけど全然変わらなくて、予選もすごく心配でした。予選アタックはミスなく頑張ったんですけど、全然足りませんでした。タイヤを上手く使えていない感じでしたね」

KONDO RACING

REALIZE Corporation KONDO SF19

3山下健太

「朝の走り出しはそんなに悪くなくて、中団ぐらいにはいれましたし、ニュータイヤを履いた時にはかなり速い区間タイムを出せていました。だから、そんなに悪くないのかなと思ってQ1に行ってみたら、トップとはコンマ4秒ぐらいあって。Q2もちょっと足りないかなという感じでした。決勝ではスタートと戦略を決めたいです」

REALIZE Corporation KONDO SF19

4サッシャ・フェネストラズ

公式会見へ




DOCOMO TEAM DANDELION RACING

DOCOMO DANDELION M5S SF19

5牧野任祐

「フリーは正直そんなに良くなかったんですけど、そこからアジャストして行って、Q1は結果的に良かったのは良かったですね。どちらかというと、Q1にクルマは合っていて、そこからQ2に向けてコンディションが上がることも考えて微調整をしたつもりです。でも、Q2はあんまり上手く行きませんでした。ちょっと難しかったですね」

DOCOMO DANDELION M6Y SF19

6大津弘樹

公式会見へ




KCMG

Kids com KCMG Cayman SF19

7小林可夢偉

「朝は調子が良かったんですけど、予選は全然ダメでした。全然グリップがなかったです。ちょっと原因が分からないので、それを調べます。逆に、雄資は朝、困っていたんですけど、予選が良くて。逆になってしまったので、何が何だか分からないんです。ホントに(苦笑)。レースはぼちぼち頑張ります。それしか言いようがないです」

Kids com KCMG Elyse SF19

18国本雄資

「朝は満足行くバランスではなく手こずっていました。最後のアタックも他のクルマに引っかかって、自分のパフォーマンスが分からないまま予選に行きました。でも、笠井(エンジニア)さんが上手くクルマを合わせてくれて、Q1ではすごくいいパフォーマンスがありました。Q2では少し変えて行ったのが逆に裏目に出てしまいましたね」

ThreeBond Drago CORSE

ThreeBond Drago CORSE SF19

12福住仁嶺

「Q1のBグループは接戦でした。自分の中ではタイムを見た時に「悪くないな。通ったんだろうな」と思って安心していたら、6番手と言われて結構ビックリしましたが、無事に初めてQ2に進めて良かったです。Q2に向けてアジャストして、タイムをあげることもできましたし、6番手ということで素直に嬉しい気持ちでいっぱいですね」

docomo business ROOKIE

docomo business ROOKIE SF19

14大嶋和也

「朝の走り始めのフィーリングは良く、「今回は上位に行けるんじゃないかな」とテンションも上がっていました。でも、セッション最後のアタックでコースアウトして、そのコンディションを知らないままの予選になってしまい、煮詰め切ることができませんでした。予選はアンダーステアがちょっと強めになってしまいましたね」

carenex TEAM IMPUL

carenex TEAM IMPUL SF19

19関口雄飛

「走り始めはすごくいいんですけど、そこからコンディションが良くなったり、ニュータイヤでみんながタイムを上げていく時に、自分は同じだったり、上げ幅が少なくて。今年はずっとそれが続いています。セットアップも、予選で大きく振ったら、アンダーもオーバーも出て、ちぐはぐしてしまってまとめられませんでしたね」

Kuo VANTELIN TEAM TOM’S

Kuo VANTELIN TOM’S SF19

36ジュリアーノ・アレジ

「フィーリングはオートポリスの時よりも若干良くなっている感じだったから、今日のリザルトにはちょっとガッカリしているよ。もっと上に行ける手応えがあったからね。でも、タイム差を見ると、そこまで前に近づけているわけではないからしょうがないと思う。明日のレースに集中して、できるだけのことをやるしかないよね」

Kuo VANTELIN TOM’S SF19

37宮田莉朋

「去年は予選が雨だったので、菅生でのドライの予選のパフォーマンスが分からなくて、そこをフリー走行から確認していました。その時点では、まだパフォーマンスが足りない感じで悩んでいましたが、そこから改善して4番手だったので、すごく良かったと思っています。レースではさらに順位をしっかり上げて終わりたいですね」

P.MU/CERUMO・INGING

P.MU/CERUMO・INGING SF19

38坪井 翔

「オートポリスほどいい感触ではなかったんですけど、ウチのチームは菅生を苦手としていたので、そういう意味では結構いいのかなと思いましたし、予選で乗っているフィーリングも悪くなかったんですけど、ちょっと足りませんでしたね。Q1のBグループが余りにも僅差で、トップとコンマ2秒しか変わらないのに落ちて残念です」

P.MU/CERUMO・INGING SF19

39阪口晴南

「前回良かったことが、たまたまコンディションに合っただけなのかどうかチェックするために、今日は大事な1日でしたが、やっぱりコースやコンディションが違うと全く通用しませんでした。フリー走行からかなり苦戦してしまったので、問題は根深いですね。レースではちゃんと意味を持って走れるようにしたいと思っています」

TCS NAKAJIMA RACING

TCS NAKAJIMA RACING SF19

64山本尚貴

「朝、色々セットアップを試した中で、いいものが見つかったので、Q1はそれで臨んでいい走りができましたし、久々にトップタイムをマークすることができて良かったんですけど、Q2は失敗しちゃいました。S字の立ち上がりで脱輪してしまって、それが大きく響いてしまいました。レースでは追い上げられるように頑張りたいです」

TCS NAKAJIMA RACING SF19

65大湯都史樹

「今回は、だいぶ不調を吹っ切れてきているかなとは思います。ただ、なぜこの順位を取れているかが今イチ分かっていなくて。「何でだろう」っていう状態が続いていますね。去年ぐらいのパフォーマンスは出せているので、その点は良かったですけど。レースでは、まず完走してポイントを獲りたいです」

GO TO TOP

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PATNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

  • デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
  • 株式会社ホンダレーシング
  • TOYOTA GAZOO Racing
  • 株式会社スリーボンド
  • 横浜ゴム株式会社
  • Viron Japan 株式会社
  • 富士通株式会社
  • キングレコード株式会社
  

 

  • 株式会社M-TEC
  • 国立大学法人東京大学
  • 東京電力エナジーパートナー株式会社
  • 日本自然エネルギー株式会社
  • 伊藤忠エネクス
  • RED
  • sgzk
  • 人気酒造株式会社
  • 株式会社ジェイ・スポーツ
  • 株式会社マイクロン