MENU

  • TOP
  • About SUPER FORMULA

About SUPER FORMULA

SUPER FORMULA シリーズ概要

1950年代にFIA国際自動車連盟は「ドライバーズチャンピオンシップは純然たるレーシングマシンであるフォーミュラカーによって競われる」ものと発表し、FIA加盟各国はその精神を継承していった。 日本においては全日本 F2000選手権が1973年から開催。1978年に全日本 F2選手権、1987年からは全日本 F3000選手権と変遷を繰り返しながらも、トップフォーミュラでのチャンピオンシップが開催され、1995年に株式会社日本レースプロモーション(JRP)の発足により、装いを新たに現シリーズの母体となる全日本選手権フォーミュラ・ニッポンが1996年よりスタートした。
その後2013年には全日本選手権スーパーフォーミュラと名称を変更。名前から受けるドメスティックなイメージを払拭し、「日本からアジアへ」、「F1、インディ、そして自身を第3極」として位置付けることを明確化し、ハード、ソフトの両面で斬新な改革を行った。その改革により、再び多くの外国人ドライバーの参戦を促すことに成功した(2016年シーズンより全日本スーパーフォーミュラ選手権と名称変更)。
2021年現在、選手権は全7大会で開催されており、予選はノックアウト方式を採用、決勝レースは250kmを基本としているが、2020年からは、新型コロナウイルスの感染防止上の施策として、無給油で走りきれる走行距離(レース中の給油禁止)の採用や、7大会中上位5大会のポイントを有効とする有効ポイント性、パドックエリアでのバブルエリア形成など、感染対策を重視したシリーズ運営を行っている。

日本のフォーミュラレースで活躍したドライバーには、その初期においては高橋国光、星野一義、そしてその後F1へ参戦することになる中嶋悟らが黎明期を牽引。全日本F3000選手権時代にはミハエル・シューマッハーが、フォーミュラ・ニッポンからはラルフ・シューマッハー、エディ・アーバイン、高木虎之介らが活躍。その後F1世界選手権へとステップアップする猛者たちがこぞって参戦した。
  • 中嶋悟
  • ミハエル・シューマッハー
  • エディ・アーバイン
 
近年では、後にFIA 世界耐久選手権(WEC)チャンピオンを獲得するアンドレ・ロッテラーをはじめ、ブノワ・トレルイエ、ロイック・デュバル、中嶋一貴らが参戦し全日本選手権タイトルを獲得。2015年には前年までF1に参戦していた小林可夢偉が凱旋参戦を果たし、観衆を魅了している。 2016年には前年のGP2(現FIA F2選手権) チャンピオンのストフェル・バンドーン、翌2017年にも前年のGP2チ ャンピオンであるピエール・ガスリーが参戦。両者ともF1世界選手権へのフル参戦を果たすこととなり、本シリーズのコンペティションの高さが世界からも注目される事となった。 2019年シーズンには、前年までFIA F2を主戦場にしていたダニエル・ティクトゥム、アーテム・マルケロフ、牧野任祐などが参戦。また2021年に米国インディカーシリーズでシリーズチャンピオンを獲得することになるアレックス・パロウが参戦し、シリーズ最終戦までチャンピオンシップを争った。このように海外でも活躍する有望株も多数参戦するシリーズへと発展し、SUPER FORMULAへの参戦・活躍がトップドライバーか否かの世界的な評価基準となってきている。
  • アンドレ・ロッテラー
  • 中嶋一貴
  • 小林可夢偉
  • ストフェル・バンドーン
  • ピエール・ガスリー
  • アレックス・パロウ

しかしながら2020年シーズンより、世界中を襲った新型コロナウイルスのパンデミックにより、外国人ドライバーや、SUPER FROMUALと海外レース両方に参戦する日本人トップドライバーたちは、入国の難しさにより次々と参戦がキャンセルされる事態となっており、モータースポーツ関連業界全体と行政が一体となり、事態の打開策を模索している。

ハード面では、2014年から「クイック・アンド・ライト」をコンセプトに設計されたイタリア ダラーラ社製のSF14を採用。エンジンは2リッター直列4気筒直噴ターボエンジン(NREエンジン)がホンダ、トヨタにより供給され、継続的に燃焼効率の改善や出力の向上など様々な技術改良が図られている。このSF14+NREのパッケージは、レースのコンペティションレベルを格段に押上げ、他に類を見ない僅差で激しい戦いを演出することとなった。
2019年からはSF14のコンセプトを継承し、FIAの安全基準に対応したダラーラ社製第2世代となるSF19を導入。また、燃料流量リストリクターを使用したオーバーテイクシステムは、2021年よりトータル100秒間をドライバーが任意のタイミングで使用できるシステムに変更された。 タイヤは2016年からトップフォーミュラへの参戦が約20年ぶりとなった横浜ゴムがADVANレーシングタイヤのワンメイク供給を開始。安全性能、競技性能のみならず、エンターテインメント性も考慮した開発を行っている。

2021年10月には次の50年を見据えたプロジェクト「SUPER FORMULA NEXT50」を発表。本田技研工業株式会社、トヨタ自動車株式会社をはじめ、各部門の協力各社と共に、持続可能なモータースポーツ業界を目指して、その牽引役となることを表明した。2022年からは、カーボンニュートラルを目指す様々な技術を搭載する実験車両を、各大会ごとに公開の上でテストを行うことになってる。

2022年3月に発表された開発用テストカー

SF19主要諸元

シャシー
製作 ダラーラ・オートモービル(イタリア)
全長 5,233mm
ホイールベース 3,115mm
全幅 1,910mm
全高 960mm
最低重量 670kg(ドライバー搭乗時)
ギアボックス リカルド 前進6速、パドルシステム
ブレーキ ブレンボ キャリパー、ブレンボ カーボン製ディスク
ステアリングシステム KYB 電動パワーステアリングシステム
フロントサスペンション形式 プッシュロッド、トーションバースプリング
リアサスペンション形式 プッシュロッド
安全基準 FIA 2016/17 F1規定に基づく
エンジン
メーカー/製造元/型式 本田技研工業/M-TEC製/HR-417E トヨタ自動車/TRD製/TRD 01F
排気量 2,000cc
仕様 直列4気筒、ダイレクトインジェクション
過給器 ターボチャージャー(ギャレット製)
最低重量 85kg
出力 405kw(550ps)以上
製作 燃料リストリクターによる燃料流量制限
タイヤ
メーカー 横浜ゴム株式会社

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • 富士スピードウェイ
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • モビリティリゾートもてぎ

TWEET #SFORMULA

Official Youtube

LINKS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

  • デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
  • 株式会社ホンダレーシング
  • TOYOTA GAZOO Racing
  • 株式会社スリーボンド
  • 横浜ゴム株式会社
  • Viron Japan 株式会社
  • 富士通株式会社
  

 

  • 株式会社M-TEC
  • 国立大学法人東京大学
  • 東京電力エナジーパートナー株式会社
  • 日本自然エネルギー株式会社
  • 伊藤忠エネクス
  • sgzk
  • 人気酒造株式会社
  • 株式会社ジェイ・スポーツ