MENU

Driver Comments

2022年第3戦決勝終了後に行われたミックスゾーンでのドライバーコメントをお届けします。

TEAM MUGEN

TEAM MUGEN MOTUL SF19

1野尻智紀

公式記者会見へ





TEAM MUGEN BINGO SF19

15笹原右京

「過去2戦ストールしていましたが、今回は無事スタートを切ることができましたし、むしろ数ポジション上げることができました。ただ、いかんせん雨のペースが遅過ぎて。タイヤも磨耗し切って、コース上にいるだけで精一杯の中、次々に抜かれてしまいました。次は流れも含めて、歯車を噛み合わせたいなと思っています。」

KONDO RACING

REALIZE Corporation KONDO SF19

3山下健太

「ああ、残念でした…。スタートして、3周目ぐらいからリヤのタイヤの動きを感じ始め、それがどんどん大きくなって。他のドライバーにも出ていたと思いますが、その中でもタイムの落ち幅が大きくタイヤ交換しないと耐えられないぐらいになりました。次に向けては、ドライでの良さをキープしつつ、雨の問題を解決したいです」

REALIZE Corporation KONDO SF19

4サッシャ・フェネストラズ

「すごく難しいレースだったね。まずスタートが良くなかったし。でも、スタートが決まっていたとしても、僕らには充分なスピードがなくて、表彰台争いはできなかったと思う。それでも、とにかくできる限りの事をやったし、4位という結果を喜ぶべきだなって思うよ。もちろん勝ちたかったけど、いいポイントを獲れたからね」

DOCOMO TEAM DANDELION RACING

DOCOMO DANDELION M5S SF19

5牧野任祐

公式記者会見へ





DOCOMO DANDELION M6Y SF19

6大津弘樹

「スタートの蹴り出し自体は良かったんですけど、その後の加速が鈍って結構抜かれてしまいました。そこからの前半はウォータースクリーンで前が見えなくて。でも、後半に入って、他のドライバーのタイヤのグリップが落ちてきたところで、僕はペースを上げることができて何台か抜けましたし、しぶとく走ったかなと思います」

KCMG

Kids com KCMG Cayman SF19

7小林可夢偉

「チームで2台ともポイントを獲れて良かったと思いますし、ドライもウェットもペースはありました。今回の鈴鹿に関しては、富士よりパフォーマンスが上がって、非常にチームが頑張ってくれたと思います。でも、ポイントを獲ることが最終目標ではないので、勝てるクルマを作るよう、もっとしっかりチームとやっていきたいです」

Kids com KCMG Elyse SF19

18国本雄資

「最初は前が見えなくて大変でしたが、スタートでポジションを上げられましたし、何台かデグラデーションに苦しんでいるクルマを抜いていけたのも良かったですね。チームメイトバトルはもうちょっと楽しみたかったんですけど。可夢偉選手に抜かれてからはタイヤを保たせながら走りましたが、6位キープできたので良かったです」

ThreeBond Drago CORSE

ThreeBond Drago CORSE SF19

12福住仁嶺

「朝のフリー走行から、雨の中でなかなか高いパフォーマンスがありませんでした。そこから決勝に向けては色々変えては行ったんですけど、良くなった部分もあれば、悪かった部分もあったと思います。スタートではいくつか順位を上げて、ポイントを狙いたかったんですが、ロングのペースが上がらず、厳しかったですね」

docomo business ROOKIE

docomo business ROOKIE SF19

14大嶋和也

「フリーでも雨は調子が良かったですし、追い上げられるかなと思っていたんですけど、スタートしてすぐに内圧が上がり過ぎて、全くグリップしなくて。普通に走っているのもいっぱいいっぱいだったので、ピットに入る選択をしました。ただし、後半はトップと同等のタイムでずっと走れたので、次に繋げられるかなと思います」

carenex TEAM IMPUL

carenex TEAM IMPUL SF19

19関口雄飛

「今週は、余りいいところがなくて。今日も、8分間のウォームアップは良かったんですけど、後はいいところがありませんでした。決勝も、最後はちょっとペースが良かったんですけど、結果としてポイントを獲れなかったので、ダメなレースでした。次は予選からもっと前に行けるように頑張ります」

carenex TEAM IMPUL SF19

20平川 亮

「スタートは結構失敗して沈んだんですけど、1コーナーも見えなくて、どっちに行っていいか分かりませんでした。その状況で一切事故がなかったのが凄いって思いましたね。そこから抜いていくのにタイヤを使ってしまって、最後は防戦一方になってしまいました。そこは残念でしたけど、最終的に7位で終われたのは良かったです」

Kuo VANTELIN TEAM TOM’S

Kuo VANTELIN TOM’S SF19

36ジュリアーノ・アレジ

「今日は全然良くなかったね。スタート位置が後ろだったから何もかもが難しかったし、トラフィックの中では思ったようにペースを上げていけなかった。スピンしたのも良くなかったよね。視界が悪くて縁石もよく見えなくて。でも、僕にとっては、次に向けての学びになったと思う」

Kuo VANTELIN TOM’S SF19

37宮田莉朋

「スタートで遅れた原因はよく分からないんですよね。今調べている所です。でも、そこからはどんどんタイヤのグリップが落ちていく状態でした。スタートから無線も全く聞こえなくて、周りの状況も分からなかったんです。今日はちょっとレースに参加できていないような感覚だったので、フラストレーションが溜まる1日でした」

P.MU/CERUMO・INGING

P.MU/CERUMO・INGING SF19

38坪井 翔

「もともと雨が得意ですし、朝のフリーも調子が良かったので、6番手からなら充分チャンスがあると密かに期待していました。実際、いいスタートで2つポジションを上げられましたし、最初はいいペースで表彰台争いできるかなと思っていたんですが、7周目ぐらいから途端にグリップが無くなって…。ちょっと残念でしたね」

P.MU/CERUMO・INGING SF19

39阪口晴南

「朝はウェットのペースがすごく良くて。でも決勝になると様子が違いました。今のレインタイヤはロングランになるとすごく違った難しい所が出てくる。そこを理解できたチームとできなかったチームで結構極端な差ができた感じでした。僕も中団の中では悪くなかったですけど秀でるほどではなかったので、まだ改善が必要です」

B-Max Racing Team

BYOUBUGAURA B-MAX SF19

50松下信治

公式記者会見へ





TEAM GOH

Red Bull TEAM GOH G01 SF19

53佐藤 蓮

「フリー走行の後、エンジニアさんと話して、ウォームアップではかなりいい状態に持っていくことができました。レース序盤は雨量も多かったので、まず落ち着いてフロントタイヤをマネージメント。後半、乾いてきてからペースアップしてかなりオーバーテイクすることができ、それがポイント獲得につながりました」

TEAM GOH G01 SF19

55三宅淳詞

「後方からでしたけど、スタートで接触もなく、その後も順調に安定したペースで走れていました。でも、マシントラブルでリタイヤになってしまって残念です。次のオートポリスは、スーパーフォーミュラで走るのは初めてです。でも、今回の鈴鹿で走り始めの調子が大事だと痛感したので、しっかり準備して臨みたいと思います」

TCS NAKAJIMA RACING

TCS NAKAJIMA RACING SF19

64山本尚貴

「タイヤマネジメントは難しいレースでした。それでも、前のクルマのタイヤが辛そうだったところ、こちらに分があってオーバーテイクしていくことができましたし、久々にポイントをちゃんと獲れて、結果以上に色々収穫があったレースでしたね。次のオートポリスが楽しみです」

TCS NAKAJIMA RACING SF19

65大湯都史樹

「今日のレースでは、スタートでポジションを上げて見せ場は作ったんですけど、1周目からペースが無くて苦しい展開だったなというのが正直な所です。そこからオーバーテイクボタンを終始ディフェンスボタンとして使っていました。攻めるに攻められない状態のクルマになってしまっているので、まずそこを改善したいですね」

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • 富士スピードウェイ
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • モビリティリゾートもてぎ

TWEET #SFORMULA

Official Youtube

LINKS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PATNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

  • デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
  • 株式会社ホンダレーシング
  • TOYOTA GAZOO Racing
  • 株式会社スリーボンド
  • 横浜ゴム株式会社
  • Viron Japan 株式会社
  • 富士通株式会社
  • キングレコード株式会社
  

 

  • 株式会社M-TEC
  • 国立大学法人東京大学
  • 東京電力エナジーパートナー株式会社
  • 日本自然エネルギー株式会社
  • 伊藤忠エネクス
  • RED
  • sgzk
  • 人気酒造株式会社
  • 株式会社ジェイ・スポーツ