MENU

Driver Comments

2022年第2戦決勝レース終了後に行われたミックスゾーンでのドライバーコメントをお届けします。

TEAM MUGEN

TEAM MUGEN MOTUL SF19

1野尻智紀

公式記者会見へ





TEAM MUGEN BINGO SF19

15笹原右京

「予選は引き続き好調を維持できましたけど、決勝スタートは今だに何が起きたかサッパリ分かりません。これからチームと原因究明したいです。その後はオーバーテイクシステムもタイヤも全部使ってフルプッシュし、可夢偉選手に追いつきましたけど、前に出ることはできませんでした。でもバトルの中ですごく勉強になりましたね」

KONDO RACING

REALIZE Corporation KONDO SF19

3山下健太

「昨日からセットアップをガラッと変え、結果的に予選でトップからコンマ2という所まで来れたので、すごく良かったです。決勝に向けてはさらにセットアップを変えたら、今までと全然違うバランスで。トップ3には置いていかれる感じでしたが、それ以降の集団とは同じぐらい。4位をキープできて良かったです。兆しは見えました」

REALIZE Corporation KONDO SF19

4サッシャ・フェネストラズ

「今日の予選はまずまずだったね。Q1ではトップタイムを出せたし。Q2はちょっとミスしてしまって、セクター2までが速くなかった。そこはちょっと残念だったね。でも、決勝は難しかった。最初は良かったんだけど、セーフティーカーのリスタートでブレーキがオーバーヒートしてしまって、飛び出してしまったんだ」

DOCOMO TEAM DANDELION RACING

DOCOMO DANDELION M5S SF19

5牧野任祐

「予選はセクター3を何とかしたいと、色々変えて臨みました。結果、セクター3は少し良くなった感じもありましたが、それまで良かったセクター2が悪くなってしまいました。決勝は見ての通りです。スタートがすごく良くて3つか4つ上がっていたんですけどね。鈴鹿はダンディライアンと相性がいいですし、しっかり頑張りたいです」

DOCOMO DANDELION M6Y SF19

6大津弘樹

「予選はQ1をギリギリ突破して、Q2でもっとタイムを上げたかったんですが、思うように上げられませんでした。一発に関しては、まだまだ追求しないと。決勝では、スタートで順位を上げられましたし、昨日よりしっかりレースを戦えました。7位で終えられたので、開幕ラウンドとしては良かったと思います」

KCMG

Kids com KCMG Cayman SF19

7小林可夢偉

「今朝クルマが壊れているのが分かって、それを直したら、予選は6番手に行けました。でも、レースペースは全然ダメ。手応えはまだないです。ちゃんとクルマを作り上げたい。そうしたら、ちゃんと戦えると思います。まだまだ自分自身、ステージに上がれていないと思いますし、チームといいクルマを作って行きたいと思っています」

Kids com KCMG Elyse SF19

18国本雄資

「びっくりするぐらい、予選で全然パフォーマンスがありませんでした。データを見ないとわからないですけど、トラブルがあったのか、スタートも良くなかった。昨日とはセットアップを変えて、いい部分もあったんですけど、速いメンバーと比べれば負けている部分もありましたし、順位を上げていけず厳しい週末でした」

ThreeBond Drago CORSE

ThreeBond Drago CORSE SF19

12福住仁嶺

「予選は、昨日に比べて圧倒的にいい方向に行きました。一方、決勝のパフォーマンスは、まだまだかなという印象でしたね。ただ、昨日はリタイヤしてデータを取れませんでしたが、今日は走り切って色々なデータを取ることができましたし、チームとのコミュニケーション含め、ここからしっかり成長できるよう頑張ります」

docomo business ROOKIE

docomo business ROOKIE SF19

14大嶋和也

「予選に向けて色々やりましたが、ちょっとコンディションの読み違いとかあって、アンダーが強く、沈んでしまいました。決勝に向けては、思っていた方向性で調整して、昨日よりは戦えるクルマになったと思います。鈴鹿に向けての課題も見つかりましたし、やりたいことも見えてきたので、何とか結果を出せればと思います」

carenex TEAM IMPUL

carenex TEAM IMPUL SF19

19関口雄飛

「予選はアンダー対策をしてアンダーは良くなったんですけど、逆にオーバーが出る箇所があったり、全体的にスピードを上げられませんでした。でも、決勝は良かったですね。最後、山下選手の前まで行きたかったんですけど。ただ、まだアンダーが残っているので、次の鈴鹿に向けて頭をクールダウンして対策したいです」

carenex TEAM IMPUL SF19

20平川 亮

公式記者会見へ





Kuo VANTELIN TEAM TOM’S

Kuo VANTELIN TOM’S SF19

36ジュリアーノ・アレジ

「昨日よりはいいレースができたと思う。戦略的にも良かったと思うよ。ただ、すごく早い段階からタイヤのデグラデーションが出てしまって。そこからはタイムが落ちていく一方で、挽回できなかったんだ。すごく難しかった。結果的に今シーズン初のポイントは取れたけど、複雑な気持ち。まだまだクルマを進歩させないとね」

Kuo VANTELIN TOM’S SF19

37宮田莉朋

公式記者会見へ





P.MU/CERUMO・INGING

P.MU/CERUMO・INGING SF19

38坪井 翔

「今日も、予選ではQ1の方がタイムが速くて、Q2で落ちてしまいました。そこは去年からの課題が残っています。結果、中団からのスタートになってしまいました。決勝に関しては、スタートでドロップして、そこから追い上げたんですけど、今日のコンディションにクルマを合わせ切れず、辛いレースでした」

P.MU/CERUMO・INGING SF19

39阪口晴南

「昨日とクルマの感触は全然違ったんですけど、不思議とタイムは同じ。かなり難しい問題に直面している感じはありました。違いが出る部分は次に繋がるんですけど、なかなか速いラップタイムを刻むというのが見つけられていないので、そこはイチから考え直して、自分たちの軸をしっかり作って、次戦以降に臨みたいです」

B-Max Racing Team

BYOUBUGAURA B-MAX SF19

50松下信治

「予選はペースがない中、頑張ったら飛び出しちゃって。ベストタイム抹消になりました。富士に対してちょっとペースが見つからないんです。その点、決勝はちょっと良くて、セットアップを変えたのがハマりました。ただ、スタート後のバトルで接触があって。牧野選手には申し訳なかったですし、今日は色々行き過ぎました」

TEAM GOH

Red Bull TEAM GOH G01 SF19

53佐藤 蓮

「予選Q1はギリギリ通過でしたけど、Q2ではマシンをアジャストして4番手だったので満足しています。決勝では、スタートで少し出遅れて8番手まで落ちてしまいました。そこから取り返せるとは思ったんですけど、ピットインの時にタイムロスがあって。そのあとはトラフィックの中で走っていたので、ペースを上げられませんでしたね」

TEAM GOH G01 SF19

55三宅淳詞

「今日のQ1はクルマの力を引き出すということをプラン通りにやった結果トップを取れました。でも、Q2はアンチラグを入れ忘れてしまって…。そこはまた反省点です。決勝ではスタートも決まってうまくポジションを上げられましたし、接触なくバトルすることができましたけど、まだまだ技が足りない部分もありますね」

TCS NAKAJIMA RACING

TCS NAKAJIMA RACING SF19

64山本尚貴

「予選も決勝もちょっとスピードもなかったですし、バランスも良くなかったですね。特に、決勝では、ストレートのスピードも伸びなかったですし、ちょっと原因が分からないんですけど…。今後に向けて、収穫はゼロではなかったですけど、そこは帰ってから細かくデータを見たいと思っています」

TCS NAKAJIMA RACING SF19

65大湯都史樹

「予選は非常に苦しかったです。決勝も、今日はペースが非常に悪かった。昨日はまだ戦えるペースというか、マシなところにいたんですけど。ただ、その中で本当に頭を使い、上手くタイミングと隙をついて、オーバーテイクしていたので、そういう所は見せられたと思います。鈴鹿ではパフォーマンスを出せるように頑張ります」

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • 富士スピードウェイ
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • モビリティリゾートもてぎ

TWEET #SFORMULA

Official Youtube

LINKS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PATNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

  • デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
  • 株式会社ホンダレーシング
  • TOYOTA GAZOO Racing
  • 株式会社スリーボンド
  • 横浜ゴム株式会社
  • Viron Japan 株式会社
  • 富士通株式会社
  • キングレコード株式会社
  

 

  • 株式会社M-TEC
  • 国立大学法人東京大学
  • 東京電力エナジーパートナー株式会社
  • 日本自然エネルギー株式会社
  • 伊藤忠エネクス
  • RED
  • sgzk
  • 人気酒造株式会社
  • 株式会社ジェイ・スポーツ