MENU

Driver Comments

2022年第3戦予選終了後に行われたミックスゾーンでのドライバーコメントをお届けします。

TEAM MUGEN

TEAM MUGEN MOTUL SF19

1野尻智紀

公式記者会見へ





TEAM MUGEN BINGO SF19

15笹原右京

「残念です。アタックに入った時に、国本選手が目の前にいて。僕としてはどうしようもありませんでした。そこからもう1周アタックを再開したんですけど、タイヤのパフォーマンスが落ちてしまっていました。必死にプッシュしたんですけど…。ただ、クルマの調子はすごくいいですし、決勝では諦めずに粘り強く追い上げたいです」

KONDO RACING

REALIZE Corporation KONDO SF19

3山下健太

公式記者会見へ





REALIZE Corporation KONDO SF19

4サッシャ・フェネストラズ

公式記者会見へ





DOCOMO TEAM DANDELION RACING

DOCOMO DANDELION M5S SF19

5牧野任祐

「フリーから予選に向けてコンディションが変わって、それを見越してやっていましたが、結構Q1はギリギリで通過になりました。Q2に向けてはセットアップを変えて、そのアジャストは良かったと思いますし、タイムもかなり上げましたが、今年はQ2までなので…。そういう意味でも、Q1の最初から速くないとダメだと痛感しました」

DOCOMO DANDELION M6Y SF19

6大津弘樹

「ちょっとフリー走行から、余り調子が良くなくて。そこから色々合わせて行って予選に臨んだんですけど、セクター1が遅くてタイムを上げ切れなかったのが今日の反省点です。決勝はどんなコンディションになるか分かりませんが、柔軟に対応して、まずは表彰台獲得を目標に頑張りたい。まずは一歩ずつ着実に行きたいです」

KCMG

Kids com KCMG Cayman SF19

7小林可夢偉

「今回もクルマはそんなに悪くなかったんですけど、Q2で失敗してコンマ5秒ロスしてしまいました。スプーンでスピンしかけました。それがなければ4番とか5番ぐらいにいられた気はします。それ以外は、雄資も調子が良かったですし、チームとして前回の問題点はクリアできたと思うので、この流れを続けていければと思います」

Kids com KCMG Elyse SF19

18国本雄資

「予選では、久々にタイヤを使い切れている自信があり、Q2までしっかりまとめられましたね。Q1で笹原選手が見えた時は、タイミング的に、2コーナーのアウト側にラインを外して避けるしかありませんでした。結果として最終的にペナルティーが出されましたが、決まったことは受け入れて、明日気持ちを切り替えて頑張ります」

ThreeBond Drago CORSE

ThreeBond Drago CORSE SF19

12福住仁嶺

「フリー走行から全体的に流れも良くなく、調子が上がってこなかったんですけど、予選に向けて変えて行った中で良くなった部分もありました。前とのタイムギャップも縮められましたし、そこはポジティブに考えられる部分です。このチームでは、鈴鹿で初めてのレースですが、少しでもポジティブに終われるように頑張りたいです」

docomo business ROOKIE

docomo business ROOKIE SF19

14大嶋和也

「僕らとしては、Q1突破が今の最大の目標なので、もう少しの所で逃してしまって悔しいです。でも、前回の富士とは逃し方も違って、充分Q2を狙えますし、チーム全体も前向きな雰囲気になってくれていて、かなり前進はしたかなと思います。13番スタートですけど、ある程度戦えると思いますし、まずはポイントを獲りたいです」

carenex TEAM IMPUL

carenex TEAM IMPUL SF19

19関口雄飛

「今日も最初はアンダーだったんですけど、予選に向けてある物を変えたら、どオーバーになってしまって、なかなかバランスを取ることができなかったです。やり過ぎない範囲でやったんですけど、急にバランスが変わって。SFあるあるですね。決勝はドライでもウェットでも、とりあえず1ポイント以上獲りたいと思います」

carenex TEAM IMPUL SF19

20平川 亮

「朝は引っかかってアタックできなかったんですけど、その時点からPP争いできる感覚が全くなかったのは事実です。Q1でもそれなりの走りをしたのに、6番手でギリギリ通過でしたし、Q2も個人的にはいい走りをしたんですけど、最下位だったので。でも、決勝ではスタートを決めて、しっかりポイントを獲れるように頑張ります」

Kuo VANTELIN TEAM TOM’S

Kuo VANTELIN TOM’S SF19

36ジュリアーノ・アレジ

「今日の予選は余り良くなかったね。ベストを尽くして、いい方向に行くように努力したけど、うまく作用しなかった。まだデータ分析していないから何が悪かったのかは正確に分からないんだけどね。後方からスタートするのはグレートじゃないけど、できる限り挽回したい。コンディション次第で、チャンスはあると思っているよ」

Kuo VANTELIN TOM’S SF19

37宮田莉朋

「フリー、予選ともに課題が残ったまま終わりました。ヘアピン、シケインと、鈴鹿の中では一番減速するコーナーで、ブレーキのスタビリティが余り良くなくて。それを改善し切れませんでしたね。Q2は限界まで攻めたんですけど、フロントタイヤがロックして。でも、PP争いにいたのは事実ですし、成長した手応えはありますね」

P.MU/CERUMO・INGING

P.MU/CERUMO・INGING SF19

38坪井 翔

「結果だけ見れば富士よりも良くなっているのでポジティブかも知れないですけど、内容的にはPPを狙えるんじゃないかというぐらい手応えがあったので、正直ショックでした。Q1までは良かったんですけど、Q2で思った以上にみんなのタイムが上がって。そこが、僕たちのまだ弱いところかなと思いますし、今回は成す術なしでした」

P.MU/CERUMO・INGING SF19

39阪口晴南

「富士から明らかに遅いんですけど、タイヤのセット数も限られていますし、打開策を見つけられないまま予選に臨みました。予選ではまた大きくセットアップを変えてトライして、感覚として色々変わるんですけど、タイムとポジションが変わらないという…。何が原因か突き止めるのは難しいですけど、色々模索しながら頑張ります」

B-Max Racing Team

BYOUBUGAURA B-MAX SF19

50松下信治

「朝はホント苦労してました。そこからチームに色々やってもらって感謝です。結果、Q1はすごく良くなっていましたが、Q2に向けてまたちょっと変えたら、そこはちょっとやり過ぎたかなと。明日の決勝、僕たちは雨の方がいいかな? レースが荒れるので。その中で、何とか落ち着いたレースをして表彰台を獲りたいと思います」

TEAM GOH

Red Bull TEAM GOH G01 SF19

53佐藤 蓮

「持ち込みのセットアップがコンディションに合わなかったので、そこからの修正が間に合わずに予選に行ってしまった感じです。コントロール下に置くのが難しいようなクルマでしたね。わずかにアジャストした所は良くなったんですけど、Q2進出までは行きませんでした。決勝では、まず着実にコースに止まって完走できるようにしたいです」

TEAM GOH G01 SF19

55三宅淳詞

「今回、走り出しから思うようなタイムが出なくて。予選に向けて色々変えましたが、それも上手く行きませんでした。正直、原因はまだ分かりませんが、アンダーステアがどこでも強い感じでしたね。明日、雨だとレースは荒れると思いますが、後方からのスタートなので落ち着いて。ミスや接触なく頑張りたいと思います」

TCS NAKAJIMA RACING

TCS NAKAJIMA RACING SF19

64山本尚貴

「朝のフリー走行は余り良くなかったんですけど、そこから微調整して行って、予選でだいぶクルマが良くなった感覚はありました。ここから上げていけそうな雰囲気はありますし、もう少しですね。明日の天気に関しては、誰にとっても同じですし、決勝でも頑張って追い上げます」

TCS NAKAJIMA RACING SF19

65大湯都史樹

「山本選手は復活してきている雰囲気があるんですけど、逆に僕は不調を抱えていて。なかなか富士からの暗いトンネルを抜け出せていない感じです。特に、高速コーナー域で今までの良さが消えてしまっているので、そこが課題です。明日はダンプコンディションになってくれればいいですね(笑)。それなら追い上げられると思います」

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • 富士スピードウェイ
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • モビリティリゾートもてぎ

TWEET #SFORMULA

Official Youtube

LINKS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

  • デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
  • 株式会社ホンダレーシング
  • TOYOTA GAZOO Racing
  • 株式会社スリーボンド
  • 横浜ゴム株式会社
  • Viron Japan 株式会社
  

 

  • 富士通株式会社
  • 株式会社M-TEC
  • 国立大学法人東京大学
  • 東京電力エナジーパートナー株式会社
  • 日本自然エネルギー株式会社
  • sgzk
  • 人気酒造株式会社
  • 株式会社ジェイ・スポーツ