MENU

Headline News

SF19へのヘイロー装着、正式決定へ

2018年10月26日

株式会社日本レースプロモーションの上野禎久取締役 SF事業本部長は、SF19におけるドライバー防護デバイス「HALO(ヘイロー)」について言及。来シーズンから導入されるSF19へ、初年度からヘイローを装着することを明らかにした。
 上野本部長は「これまで、富士、SUGO、もてぎと3回の公式テストでヘイローを装着し、導入を検討してきた。都合10名のドライバーに視認性を確認してもらい、シリーズ戦を行うサーキットでの使用(に適正かどうか)を確認した」とし、結果、「ドライバーからも視界的には問題ないと言うことだったので、導入することを決めた」とコメントした。
 なお、最終戦の日曜日に開催される中嶋一貴、佐藤琢磨両選手によるSF19のデモンストレーション・ラン(ピットウォーク中の9:40~10:00を予定)で使用する2台の車両ともヘイローが装着された状態で走行する。また、予選日の午後5時からは、38番ピットにおいてヘイローを装着したSF19車両を使ってのドライバー救出訓練も行われる。

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • 富士スピードウェイ
  • ツインリンクもてぎ
  • 岡山国際サーキット

FACEBOOK

TWEET #SFORMULA

LINKS

Series Partner

  • 本田技研工業株式会社
  • トヨタ自動車株式会社

Series Supporter

  • 横浜ゴム株式会社

Promotion Partner

  • 日立オートモティブシステムズ株式会社
  • ソニー RX0
  • 人気酒造株式会社

Broadcast Partner

  • BSフジ
  • 株式会社ジェイ・スポーツ