MENU

  • TOP
  • Headline News
  • 2019年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第1戦 専有走行レポート

Headline News

2019年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第1戦 専有走行レポート

2019年4月19日

4月19日(金)、春めいた温かさに恵まれた三重県鈴鹿サーキットで、平成最後のレースとなる全日本スーパーフォーミュラ選手権開幕戦に先立ち、1時間の専有走行が行われた。2度の赤旗中断によって、実質的には45分ほどの走行となったこのセッションで、トップタイムをマークしたのは、ルーキーのNo.64 アレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)。2番手にはNo.19 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)。3番手には、初のフル参戦となるNo.15 ダニエル・ティクトゥム(TEAM MUGEN)が着けた。

 4月に入ってからも半ばまでは寒の戻りがあり、肌寒い日々が続いていた日本列島。しかし、今週に入ると、本格的な春が訪れ、連日最高気温が20℃越えという温かさに恵まれている。また、好天の日も続いており、今週末も晴れが続くという予報だ。その晴天のもと、いよいよ2019年の全日本スーパーフォーミュラ選手権開幕戦が開催される。今季から使用されるニューシャシーSF19にとって初の、そして平成最後のレースとなるこの開幕戦を制するのは誰なのか。その行方を占う専有走行が、19日 (金)の午後0時40分から始まった。
 気温23℃、路面温度28℃というコンディションのもと、セッションが始まると、多くのクルマがミディアムタイヤでコースイン。No.51 ハリソン・ニューウェイ(B-Max Racing with motopark)だけは、最初からソフトタイヤでコースに入っていく。どの選手にとっても、スーパーフォーミュラのステアリングを握るのは約3週間ぶりということで、走り始めはクルマの状態の確認を行うと同時に、ドライビングのアジャストも行なっていく。その中で、走り始めから好タイムを刻んだのは、No.1 山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)。セッション開始から13分というところで、山本がまずは1分38秒471というタイムをマークしてトップに立つ。まもなくそのタイムを書き換えたのは、パロウ。パロウは、計測5周目に1分38秒275までタイムアップしてくる。また、ソフトタイヤを装着したニューウェイも、この時点で1分39秒124をマークし、3番手に浮上してくる。セッション開始から20数分というところでは、No.65 牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)が1分38秒923をマークしてその時点での3番手。それからまもなく関口が1分38秒174を叩き出し、トップタイムを書き換えた。さらに、セッションがそろそろ折り返そうかというところでパロウがトップタイムを再び書き換え、1分38秒095までタイムを伸ばしてくる。
 その後、開始から33分余りというところで、セッションは赤旗によって中断される。これはNo.8 大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)がデグナーコーナー2つ目でスピン、ストップしたため。そのマシン回収が終わると、午後1時21分にセッションは再開された。しかし、それからわずか数分後には、トップタイムをキープしていたパロウが、デグナー2つ目の立ち上がりでコントロールを失ってスピン、クラッシュ。フロントノーズにダメージを負って、コース上にストップした。そのため、2回目の赤旗が提示され、セッションは中断される。パロウのマシン回収が終わり、セッションが再開されたのは、午後1時37分30秒。残り時間が2分半ということで、多くのドライバーはタイムアップしなかったが、ここで一気にタイムを伸ばしてきたのが、No.15 ティクトゥム。ティクトゥムは1分38秒469をマークし、最終的に3番手まで浮上した。

 明日は、いよいよSF19による初の予選が行われるが、誰が記念すべきPPを獲得するのか。まずは午前中のフリー走行での各車の仕上がり具合が、気になるところだ。

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • 富士スピードウェイ
  • ツインリンクもてぎ
  • 岡山国際サーキット

FACEBOOK

TWEET #SFORMULA

LINKS

Series Partner

  • 本田技研工業株式会社
  • トヨタ自動車株式会社

Series Supporter

  • 横浜ゴム株式会社

Promotion Partner

  • 日立オートモティブシステムズ株式会社
  • ソニー RX0
  • 人気酒造株式会社

Broadcast Partner

  • BSフジ
  • 株式会社ジェイ・スポーツ