MENU

Headline News

2019年第4戦 予選記者会見

2019年7月13日

予選1位
No.64 アレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)
「僕自身は楽しんでアタックすることができた」

「とてもやっかいなコンディションでした。でも僕自身は楽しんでアタックすることができたので、いい予選になったと言えます。ノックアウト予選Q1では、僕自身もいい状態だったしクルマの状況も良かったです。一方、Q2に向けてさらに状態を良くしようとセットを変えたのですが、それがうまく行きませんでした。結果、ちょっと手こずる感じでした。そこでQ3ではセットを戻すことにしてアタックしたのですが、クルマがとてもよく反応しました。それが良かったですね。結果、スーパーフォーミュラで初めてのポールポジションを獲得することができました。チームにとってもよい結果が出せたと思います。
Q2では思うようなグリップを得ることができなかったんです。Q2ではコンディションが不安定で雨が降ったり止んだりの状態でとても微妙な感じでした。要はグリップが足らない感じではありましたが、パーフェクトではなかっただけで、ポジション的には3番手だったのんで悪くはなかったと思います。
今回は家族が応援に来てくれています。いつも応援に来てくれるのならいいのですが、まず家族の前でいいレースができればと思います。明日も油断できない状況での戦いになると思いますが、ドライになろうがウエットであろうが、どんな天候でもいい戦いができると思います。いいクルマがあるので気にしていません。ベストを尽くすだけです」

予選2位
No.39 坪井 翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)
「Q1、Q2を考えると上出来ではないか」

「オートポリス以来の雨になりましたが、スーパーフォーミュラでは雨の富士を走ったことがなかったのでどうなるかわからなかったです。ただ、オートポリスではいい感じではありました。とはいえあのときはピット(の位置)が(他チームよりも)前でラッキーな(予選)2位だったので、今回は実力でちゃんと2位になれたというのは良かったかと。Q1、Q2と進む中で、決してペースが良いわけではなくギリギリ通過する感じが続いたので、Q3で2番手になれるとは思っていませんでした。実際、Q3でもあんまり感触的には良くなかったので、ちょっとこの順位にびっくりしています。でもあと0.1秒でポールポジションが獲れたと考えると、もうちょっと自分に攻められる場所があったんじゃないかと思うだけに、ちょっと悔しいです。でも、Q1、Q2を考えると上出来ではないかと思います。
石浦選手はQ2からQ3にかけてタイヤを交換していたのですが、Q2の段階からアウトラップですごくゆっくりタイヤを温めていたのを知っていました。(Q2では)僕もそれに付き合ってゆっくり温めていました。ただそれだと結構厳しくて、ウォームアップできなかったので、(Q3では)最初から飛ばしていかないと間に合わないかなと思いました。なので1周目で(石浦を)抜きにいくとすぐに譲ってくれたので、前に出ることができました。それでアタックができましたが、感触は良くなかったんです。1周ちゃんとアタックがまとまらなかったりとか、細かいところでうまく行ってなかったところでのタイムだったので、どうして2番手なんだろうというのが正直な思いです
明日は天気がどうなるかわからないのですが、ウエットは調子が良さそうですしドライも決して悪くないので、どちらのコンディションになってもしっかりとレースをしたいと思います。オートポリスはフロントローからうまくレースができませんでしたが、今回はいいレースがしたいと思います」

予選3位
No.19 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)
「いいポジションだし全然優勝も狙える」

「Q2でトップになれて、良かったのですが、Q2とQ3の間でセッティングを変更してそれが悪い方向に行きました。なのでQ3では僅差ですが3位ということで、ちょっと残念です。(ポールポジションの)アレックス(パロウ)選手は去年同じチームでマカオGPに出たのですが、すごく速いのは知ってました。やっと(彼が)本来の場所に来たかという感じです。僕も明日、彼や(予選2位の)坪井選手のルーキーふたりに負けないようにがんばります。
Q2はオーバー(ステア)とアンダー(ステア)の両方が出て、アンダーがちょっと多い状態でした。それでアンダーを消す方向で(セッティング変更を)やったらQ3ではオーバーになりすぎました。(路面の)水の量がちょっと多かったし、トップタイムを見てもQ2とQ3ならQ3のほうが悪かったですよね。ほんの少しのことでシビアにかわってしまうカテゴリーなので、ちょっと運のところもあるからしょうがないかなと思います。
決勝はスタンディングスタートなら自信があるのですが、明日はちょっと雨が強くなりそうなのでセーフティカースタートになるのかな、と思うと残念ですね。まぁでも3位ということでいいポジションだし全然優勝も狙えるので、Q3で足りない部分があったところをしっかり修正し、明日に向けて準備します」

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • 富士スピードウェイ
  • ツインリンクもてぎ
  • 岡山国際サーキット

FACEBOOK

TWEET #SFORMULA

LINKS

Series Partner

  • 本田技研工業株式会社
  • トヨタ自動車株式会社

Series Supporter

  • 横浜ゴム株式会社

Promotion Partner

  • 日立オートモティブシステムズ株式会社
  • ソニー RX0
  • 人気酒造株式会社

Broadcast Partner

  • BSフジ
  • 株式会社ジェイ・スポーツ