MENU

Headline News

TOYOTA GAZOO Racing 2020年の活動計画を発表

2020年2月7日

TOYOTA GAZOO Racingは2月7日(金)、公式サイトで「2020年TOYOTA GAZOO Racing活動計画」を発表した。

TOYOTA/TRD Biz-01Fを搭載した全6チーム、11名のドライバーが2020年のシーズンにエントリー。昨年とチーム数、ドライバー数は同じだが、内容は大きく変わった。
発表では、昨年最終戦までドライバーズチャンピオン争いを繰り広げ、悲願のドライバーズチャンピオンを獲得し、F3・SGT・SFの国内3冠を達成したニック・キャシディの名前は無く、VANTELIN TEAM TOM’SのCar No.1は未定。今後の発表が気になるところとなった。同チームの中嶋一貴は従来どおりCar No.36で自身10年目のシーズンを迎える。
参戦が確実視されていた昨年の全日本F3王者、サッシャ・フェネストラズは、今季ヨーロッパへ活動の拠点を移した山下健太とともにKONDO RACINGから参戦する。国本雄資は2台体制となるcarrozzeria Team KCMGから、小林可夢偉のチームメイトとして参戦。KCMGとしては参戦から11年目にして2台体制でシーズンを戦うことになった。
特筆すべきはスーパーフォーミュラの前身のフォーミュラ・ニッポン開始当初はもちろん、日本のレースシーンで輝かしい歴史を築いてきたチーム・ルマンがエントリーから姿を消した。長年そのチーム・ルマンに在籍し、昨年はスーパーGT500クラスでチャンピオンを獲得したベテラン、大嶋和也は新規チームROOKIE Racingから参戦。心機一転、新たな体制で臨むシーズンとなった。
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL、JMS P.MU/CERUMO・INGINGの2チームは不動のラインナップとなり、これによりTOYOTA/TRD Biz-01Fを搭載した全6チーム、11名のドライバーが2020年のシーズンにエントリー。先に発表されたHONDA/M-TEC HR-417E搭載全6チーム10名あわせて12チーム、21名のドライバーにより2020年シーズンは争われることとなった。

2020年全日本スーパーフォーミュラ選手権は3月9日(月)/10日(火)の2日間にわたって鈴鹿サーキットで開催される、第1回公式合同テストから本格的に動き出す。

ドライバーラインナップ

Team No. Driver
KONDO RACING 3 山下 健太(日本)
KONDO RACING 4 サッシャ・フェネストラズ(フランス)
carrozzeria Team KCMG 7 小林 可夢偉(日本)
carrozzeria Team KCMG 18 国本 雄資(日本)
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL 19 関口 雄飛(日本)
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL 20 平川 亮 (日本)
VANTELIN TEAM TOM’S 36 中嶋 一貴(日本)
VANTELIN TEAM TOM’S 1 未定
ROOKIE Racing 14 大嶋 和也(日本)
JMS P.MU/CERUMO・INGING 38 石浦 宏明(日本)
JMS P.MU/CERUMO・INGING 39 坪井 翔(日本)

2020年のフルラインナップはこちら

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • 富士スピードウェイ
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • ツインリンクもてぎ
  • 岡山国際サーキット

FACEBOOK

TWEET #SFORMULA

LINKS

Series Partner

  • 本田技研工業株式会社
  • トヨタ自動車株式会社

Series Supporter

  • 横浜ゴム株式会社
  

Promotion Partner

  • 株式会社スリーボンド
  • 人気酒造株式会社
  

Broadcast Partner

  • BSフジ
  • 株式会社ジェイ・スポーツ