MENU

  • TOP
  • Headline News
  • 「岡山の予選でもトップを狙っていくし、勝てるだけ勝ちたい」決勝記者会見

Headline News

「岡山の予選でもトップを狙っていくし、勝てるだけ勝ちたい」決勝記者会見

2020年8月30日


決勝1位
No.20 平川 亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)
「岡山の予選でもトップを狙っていくし、勝てるだけ勝ちたい」

「一番(レースで重要なこと)はスタートだと思ったのでスタートに集中しましたが、フォーメーションラップで思ったほどリアタイヤが温まっていなくて、”スタート、うまく行かないかな”と予想していました。そこで欲張るとホイールスピンしたり、アンチストール(システム)が作動したりするので、スタートではあまり欲張らずに落ち着いてやりました。もてぎは1コーナーまで(の距離)が短いので、あまり大きな失敗をしなければ抜かれないと思っていました。でも後ろから山下(健太)選手が結構な勢いで来ていたので、なんとかそこはうまく阻止しました。

そのあとは押さえてというか、結構後ろが1秒か1秒半くらい(の差)でいる展開で、逃げようとしても絶対に逃げられないとわかっていたので、タイヤを労り、慎重というかものすごく丁寧に乗るような展開でした。35周ずっと気を抜かずに走れたことは良かったのですが、予選と比べてちょっとレースのペースが遅かったですね。それに関してはなんとなく原因がつかめています。次は岡山ですが、去年ポールポジションを獲ったのに決勝で(ポジションを)下げてしまったので、今の課題はレースでのロングランだと思います。

オーバーテイクシステムは、最後まで使うタイミングがなかったので残していたということもありますが、うしろ(の山下選手)が使っているのが見えたので、こちらも抜かれたくないと思って使ったという感じです。最後はバックストレート真ん中くらいまでは一応使っていました。そこまでいけば大丈夫(抜かれない)だろうと思いました。
最終ラップでは(山下選手がオーバーテイクシステムを)使ってくるだろうと思って構えてはいました。

(タイトル)獲得に向けていいスタートになりましたが、次の岡山も得意なサーキットですが、やってみないとわかりません。でも去年と同じく予選でトップを狙っていきますし、勝てるだけ勝ちたい。あと(今季は)有効ポイント制でもあるので、勝てるときに勝っておくというのは大きいと思うので、次の岡山も集中してやっていきたいと思います。

開幕戦が(コロナ禍で)延期と聞いたときは、正直モチベーションが完全になくなるような感じでした。再開するとアナウンスされてから、前回のテスト内容だったり去年の振り返りをしたり、去年のレース映像を見たりして自分のモチベーションを上げていました。今大会ではお客さんが入りましたが、コロナ禍では大変だったと思います。でも皆さんがソーシャルディスタンスでお互いに距離を取ったりすれば、(有観客開催は)可能だと思いました。レースは屋外だし、人数の制限はしなきゃいけないでしょうが、お客さんがいてレースをするほうがやりがいがあります。走っていてもスタンドにお客さんの姿があるほうがモチベーションも高いので、今回、こういう形での実現は大変だったと思いますが、僕たちドライバーにとってはいいモチベーションになりました。そのことには非常に感謝しています」


決勝2位
No. 3 山下健太(KONDO RACING)
「1周目のS字までに平川選手を抜きたかった」

「今日はスタートがすべてかなと思っていました。スタートを決められるように打合せもしました。それがうまく決まり、2番手までは上がれました。ただ1周目のS字までに平川(亮)選手を抜きたかったのですが、そう簡単には抜けませんでした。そこまでで抜けないと、このコースはもうきついので…。一応最後までがんばってはいましたが、もうある一定の距離に入ってしまうと全然(タイヤの)グリップもなくなり、なかなか厳しいレースでした。

最後になって、平川選手より自分の方が若干余力がありそうだったのと、オーバーテイクシステムを残していてもしょうがないので、一応ずっと(オーバーテイクシステムのボタンを)押しっぱなしでいたのですが、平川選手も同じ様に(オーバーテイクシステムを使わずに)残していたので(追いつくことは)全然無理でした。

今週末は、(テスト走行があった)初日からそんなに悪いわけではなく、(コース)コンディションが悪かった中で、僕らのクルマがいまいち合っていない感じでした。その中で修正をしていって少しずつ合わせられているような感じになりました。ただ、予選になってコンディションが良くなって、そもそも僕らのクルマはそっちのほうが合っていたのかなという感じがしました。なので、今回チームの2台が上位に居られたのかなと思います。

(レースに)出られる予定じゃなかった中で(出走できたが)、出られないのと決勝2位とでは(獲得ポイントを考えても)全然違うので本当に感謝しています。(第2戦の)岡山も出たいです」


決勝3位
No.4 サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)
「初のスーパーフォーミュラレースで表彰台に上がれてとてもうれしい 」

「(3位は)とてもうれしい結果です。一方でレースのスタートは僕が期待していたようにはうまくできず、戸惑ったことでポジションをひとつ落としてしまいました。それからはタイヤをマネージメントすることに気をつけていましたが、みんなそうだったように僕にとっても難しいことでした。思っていた以上にタイヤのデグラデーション(性能低下)もあって労って走ることに精一杯でした。でも初めてのスーパーフォーミュラレースの中で、表彰台に上がれたのはとてもうれしいですね。

スタート自体良くなかったのですが、オープニングラップではオーバーテイクシステムは使わなかったんです。まだ(システムに)慣れていないのでそのときにどうやって使おうか戸惑っていたので。使い出してわかったのは、もっと大きな差がつくかと思ったのですが、思ったほどではなかったということです。でもいざというときに使うことは重要だと思いますし、それによって役立つこともあると思います。今回はレースを通して、使い方を勉強させてもらいました。レース中は残念ながら抜けるというチャンスはなかったと思います。最終コーナーで大きくスライドして、スピンする寸前まで行ったときもありました。そのとき、うしろの(中嶋)一貴選手がいたので抜かれると思ったのですが、そこで運よくポジションをキープすることができました。

フォーミュラレースでこれほど長い距離を戦うのは初めてだったので、大変でした。今回の一番の印象はこの暑さですね。最後の残り5周くらいから早くレースが終わってくれないかと思っていました。本当に今週末は暑い天気でしたが、これからは慣れていくと思います。今日の経験を踏まえ、これからも暑さに負けずにがんばりたいと思います」


優勝チーム監督:ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
星野一義監督
「彼の成長ぶりにはすごいものがあった」 

「優勝したことは最高にうれしいのですが日本レースプロモーションによって主催していただき、5000人の観客が入る中でレースができたことに感激しています。本当にレース関係者のみなさん、ありがとうございました。

73年人間をやらせていただいておりますが、こういう時代、目に見えないものとの戦いになるとは思わなかったですね。でも、石油ショックやバブル景気の崩壊、何度も色んなことを経験してきた僕ですが、これもみんなといい意味で戦ってこのコロナに打ち勝たなきゃいけない。だから、シリーズ全戦を完璧にやって、来年につながるようみんなで力を合わせてがんばりたいと思います。チームもモチベーションを保つのに大変でしたし俺自身も大変でしたが、でもくじけない! 絶対にはい上がってみせる!がんばる!

今日のレースですが、平川選手は”よーいどん”という本番セッティングが決して完璧じゃない中、また、後ろには山下(健太)選手が(ミラーに)映っている中で、冷静な気持ちを35周維持できました。精神的にすごく成長したなと思いました。クルマが本当に(うまく)セットアップできていたら、各セクター毎にコンマ2秒ずつ離れていくんだという計算をしていたのですが、それがなかなかいかず…。(そういう中でレースを)コントロールするすばらしさや優勝したことはうれしいのですが、彼の成長ぶりにはすごいものがありました。だからますますドライバーへの協力、応援をしなきゃいけないと思いました。一方で(チームメイトの)関口(雄飛)は関口でものすごく努力していて、昨日も遅くまで色々とやっていたようです。20号車のいいところも参考にしていたようですが、必ずはい上がってくるように、チームとして一丸となってがんばります」

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • 富士スピードウェイ
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • ツインリンクもてぎ
  • 岡山国際サーキット

FACEBOOK

TWEET #SFORMULA

LINKS

Series Partner

  • 本田技研工業株式会社
  • トヨタ自動車株式会社

Series Supporter

  • 横浜ゴム株式会社
  

Promotion Partner

  • 株式会社スリーボンド
  • 人気酒造株式会社
  

Broadcast Partner

  • BSフジ
  • 株式会社ジェイ・スポーツ