MENU

  • TOP
  • Headline News
  • 「まずはポールポジションという形で結果を残すことができて良かった」

Headline News

「まずはポールポジションという形で結果を残すことができて良かった」

2020年11月15日

予選1位
No.16 野尻智紀(TEAM MUGEN)
「まずはポールポジションという形で結果を残すことができて良かった」

「(Q1A、B両グループでの赤旗等)色々と波乱もあって集中力を保つのが難しい状況でしたが、自分たちがやってきたことを信じてやりました。クルマ自体もすごくいいパフォーマンスがあったので、動じることなく進めることができました。また、Q3に向けてもポールポジションを獲るためにうまく進めることができたと思います。チームにも感謝しています。まずはポールポジションという形で結果を残すことができたので良かったと思います。
予選ではフロントタイヤを皮むきしたフロントタイヤを装着しました。(フロントタイヤの)温まりが少し悪かったこともあり、その形を採りました。(ポールポジションからのスタートは)決勝に向けてはすごく有利なポジションですので、まずはスタートをしっかりと決めて、とにかく自分の力を100%出し切るレースにしたいと思います」

予選2位
No. 6 福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
「2位は悔しいが、フロントロウからスタートできるので良かった」

「昨日のフリー走行から調子が良かったので、予選も自信はありました。けれど、ここ何戦かはQ1も通れないような状況が続き、自分としては結構不安な気持ちで予選を迎えました。クルマのフィーリングはQ1から良かったのですが、(Q1・B組でも赤旗となり)そこからQ2まで時間が開いて、そういう部分も不安でした。Q2は自分としてはちょこちょこ失敗している部分があったものの、無難にまとめることができての3位でした。Q3に向けても自信はありましたが、あと少し(トップタイムに)足りず2位ということで自分としては悔しいですが、でも予選Q1落ちから脱出できたし、フロントロウからスタートできるので良かったと思います。
(先週のSUPER GT第7戦もてぎで優勝して上り調子だと思うが?)(SUPER GTでコンビを組む)野尻(智紀)さんのおかげだと思いますので(笑)、この流れで行きたいです」

予選3位
No. 5 山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
「めちゃめちゃ悔しいが、いい予選ができた」

「めちゃめちゃ悔しいんですが、いい予選ができたと思います。昨日(のフリー走行で)トラブルがあって最後にニュータイヤを履けなかったのは個人的にもチームとしても痛手ではありました。ただ(チームメイトの)福住選手が昨日(のフリー走行で)トップタイムをマークしてチームとして有益なデータを残してくれたので、やっぱり速いチームメイトと組めることによって自分が得している部分は少なからずあるし、そういったチームの総合力というものを予選では示すことができたと思います。
開幕から3戦、トヨタエンジンを搭載するドライバー、チームに負けてしまっているので、このトップ3をホンダで占めることができたのはホンダにとっても良かったと思いますし、決勝もこの形(ホンダ勢によるトップ3独占)を絶対に維持したいと思います。その中でも自分が(レースで)勝って終わりたいと思います。今、GTの話も出ましたが、(先週のSUPER GTで優勝した)8号車のふたりが(予選で)1位、2位を取っているので(SUPER GTで)100号車のドライバーとしては悔しいですし、このままふたりを調子に乗らせるわけにはいかない。なんとしても決勝は巻き返したいと思います。非常に楽しみなレースが展開されそうで、早くレースがしたいです。
(フリー走行でクルマにトラブルが出たが)もともと調子は良かったです。昨日も上位に常にいることができました。最後はトラブルが出ましたが、(フリー走行では)ロングランをやっていたので、ショート(アタックシミュレーション)のタイムを残していないので最下位でした。ここは、今年どのサーキットよりもタイヤに厳しいと思うので、それを見越して昨日の午後はショートランをせずロングランをして燃料を積んだ状態でクルマのバランスを確認していました。それをやることによって予選で前に行けない可能性もあるので、かなり勇気はいりましたが、結果としては良かったと思いますし、そう言える自信が今はあります。(決勝では)この2台の前に立ちたいですし、後ろからまた速い選手がいっぱいやってくるので警戒しないといけないですが、自分のレースができれば勝てると思うので、しっかりと(決勝に向けて)準備したいと思います」

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • 富士スピードウェイ
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • ツインリンクもてぎ
  • 岡山国際サーキット

FACEBOOK

TWEET #SFORMULA

LINKS

Series Partner

  • 本田技研工業株式会社
  • トヨタ自動車株式会社

Series Supporter

  • 横浜ゴム株式会社
  

Promotion Partner

  • 株式会社スリーボンド
  • 人気酒造株式会社
  

Broadcast Partner

  • BSフジ
  • 株式会社ジェイ・スポーツ