MENU

  • TOP
  • Headline News
  • SUPER FORMULA 22年シーズンを通じた車両開発について
    -ドライバーズファーストとカーボンニュートラルの実現を目指すクルマづくりの挑戦-

Headline News

SUPER FORMULA 22年シーズンを通じた車両開発について
-ドライバーズファーストとカーボンニュートラルの実現を目指すクルマづくりの挑戦-

2022年3月5日

全日本スーパーフォーミュラ選手権(以下SUPER FORMULA)を開催する株式会社日本レースプロモーション(以下JRP)は、4月に開幕するSUPER FORMULAの2022年シーズンを通じた今後のフォーミュラカーの開発計画、ならびにそのテストカーを発表いたしました。

昨年10月末に発表した『SUPER FORMULA NEXT50〈ゴー〉(以下SF NEXT50)』を通じ、今後のSUPER FORMULAの舞台を「モビリティとエンターテインメントの技術開発の実験場」と位置づけ、特にモビリティについては、以下の3つのテーマで技術開発を進めてまいります。
 
① カーボンニュートラルの実現に向けた「素材」「タイヤ」「燃料」の実験
② ドライバーの力が最大限引き出せるエアロダイナミクスの改善
③ エンターテインメントの魅力向上に繋がる車両開発

現在カーボン・ファイバーは軽量化のため車両ボディに使用されています。我々は自然に生育したバイオ・コンポジット材であるフラックス (亜麻布) の使用を開始します。カーボンファイバーと比べ、ナチュラル・ファイバー製のパーツは、剛性と重量を達成(到達)することができると同時にCO2を85%削減します。我々は、Bcomp社開発のこの持続可能な軽量材質ソリューションの使用を徐々に開始していく考えです。

また2月17日(木)に発表した通り、2023年以降のSUPER FORMULA用のレーシングタイヤについて、現在も「ADVANレーシングタイヤ」を供給いただく横浜ゴム株式会社(以下横浜ゴム)とのパートナーシップを継続することといたしました。横浜ゴムがこれまで培ってきたノウハウを活かし、天然由来の配合剤やリサイクル素材等、再生可能原料を活用したレーシングタイヤの開発を共に進めてまいります。

燃料については、Honda・TOYOTA両自動車メーカーと綿密に連携し、22年を通じて「e-Fuel」や「バイオFuel」といった複数のカーボンニュートラルフューエルをテストし、今後の導入に向けて実験を重ねてまいります。

Bcomp社のバイオコンポジット素材イメージと横浜ゴム開発用レーシングタイヤイメージ

そしてカーボンニュートラルに向けた取り組みと同時に、SUPER FORMULAが世界最高峰のドライバーズレースであるために、ドライバーの力を最大限引き出せるクルマづくりも同時に進めてまいります。具体的には、エアロダイナミクスを見直す事で前車からの影響をより少なくし、オーバーテイクの可能性を増やすことで、ドライバーにとってよりバトルのしやすいクルマ、お客様にとってより応援したくなるクルマづくりを目指します。

そして、エンターテインメントの面では、1月31日(月)に発表したデジタルプラットフォーム『SFgo』の導入に向けて、車両側でも様々な開発テストを実施してまいります。『SFgo』はレース中のオンボード映像、車両データ、無線音声等、これまでファンの方々が見ることができなかったドライバーのあらゆる情報をオープンにし、新たな視聴環境を提供することを目指しています。
これらを実現するために、20台以上の車両の様々な情報を、全てのSUPER FORMULA開催サーキットで、リアルタイムに通信する必要があります。23年の正式なサービス開始に向けて、既に募集させていただいた300名の「SFgo開発サポーター」の皆さまの声も反映し、開発を進めてまいります。
※「SFgo開発サポーター」の募集は2月28日で締め切らせていただきました。

上記の開発を、2台のテストカーを用い、年間7回のSUPER FORMULAの各大会の前後に実施してまいります。開発の進捗については、都度ご報告してまいります。

JRPはサステナブルなモータースポーツ業界づくりに貢献するために、またSUPER FORMULAが日本から世界に代表されるレースとして成長するために、『SF NEXT50』の活動を通じ、多くのパートナー、ファンの皆さまと共に、これからの社会に求められるモータースポーツを模索してまいります。
4月9-10日(土日)に開幕する22年シーズンのSUPER FORMULAに是非ともご期待ください。

開発テストスケジュール

Round 開催サーキット レース日程 テスト日程
第1・2戦
富士スピードウェイ(静岡県)
4月9・10日(土日)
4月6・7日(水木)
第3戦
鈴鹿サーキット(三重県)
4月23・24日(土日)
4月25・26日(月火)
第4戦
オートポリス(大分県)
5月21・22日(土日)
5月18・19日(水木)
第5戦
スポーツランドSUGO(宮城県)
6月18・19日(土日)
6月20・21日(月火)
第6戦
富士スピードウェイ(静岡県)
7月16・17日(土日)
7月18・19日(月火)
第7・8戦
モビリティリゾートもてぎ(栃木県)
8月20・21日(土日)
8月17・18日(水木)
第9・10戦
鈴鹿サーキット(三重県)
10月29・30日(土日)
10月26・27日(水木)
SUPER FORMULA NEXT50 記者会見第3弾

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • 富士スピードウェイ
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • モビリティリゾートもてぎ

TWEET #SFORMULA

Official Youtube

LINKS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

  • デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
  • 株式会社ホンダレーシング
  • TOYOTA GAZOO Racing
  • 株式会社スリーボンド
  • 横浜ゴム株式会社
  • Viron Japan 株式会社
  

 

  • 富士通株式会社
  • 株式会社M-TEC
  • 国立大学法人東京大学
  • 東京電力エナジーパートナー株式会社
  • 日本自然エネルギー株式会社
  • sgzk
  • 人気酒造株式会社
  • 株式会社ジェイ・スポーツ