MENU

2018 SUPER FORMULA

DRIVER STANDINGS

Po. No. Driver Rd1 Rd2 Rd3 Rd4 Rd5 Rd6 Rd7 Total
1 16 山本 尚貴 11 10 1 2 0 14 38
2 3 ニック・キャシディ 2 8 11 6 2 8 37
3 1 石浦 宏明 5 0 8 11 1 0 25
4 19 関口 雄飛 8 0 3 0 6 1 18
5 20 平川 亮 0 1 0 5 8 3 0 17
6 36 中嶋 一貴 1 6 4 0 4 15
7 5 野尻 智紀 6 3 0 1 2.5 0 12.5
8 4 山下 健太 0 1 0 3 1.5 6 11.5
9 2 国本 雄資 0 0 6 0 0.5 5 11.5
10 6 松下 信治 0 0 0 5 0 2 7
11 18 小林 可夢偉 0 3 0 4 0 7
12 8 大嶋 和也 0 0 2 4 0 0 6
13 17 塚越 広大 3 0 0 0 0 3 6
14 7 トム・ディルマン 5 0 0 0 0 5
15 64 ナレイン・カーティケヤン 0 4 0 0 0 0 4
16 65 伊沢 拓也 4 0 0 0 0 0 4
50 千代 勝正 0 0 0 0 0 0 0
15 福住 仁嶺 0 0 0 0 0
37 ジェームス・ロシター 0 0 0 0 0 0 0
15 ダニエル・ティクトゥム 0 0 0
18 中山 雄一 0 0
7 ピエトロ・フィッティパルディ 0 0
36 J.P.デ・オリベイラ 0 0
15 阪口 晴南

*表中ポイント数字の 太字:優勝 下線:予選ポールポジション / 赤枠:Leader’s Red (赤ランプ) 搭載

選手権ポイントシステム

順 位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位以下 ポールポジション
1大会 1レース 10 8 6 5 4 3 2 1 0 1
  • 最終戦鈴鹿大会に限り、レースの勝者には通常ポイントとは別に3ポイントが与えられる。
  • 最終戦終了時点で、複数のドライバーまたはチームが同一のポイントを得た場合、高得点を得た回数が多い順に順位を決定する。
  • ルーキー・オブ・ザ・イヤー:当該年度初参戦となるルーキードライバーが3名以上存在する場合、その中で年間獲得ポイント最上位の選手に贈られる。
  • チームポイント:各チーム(エントラント)に所属するドライバーの獲得ポイントを合計。同一チーム(エントラント)に2台以上の車両が所属する場合は、上位2台分が得点対象となる。チームポイントには、ポールポジションのポイントは与えられない。

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • 富士スピードウェイ
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • モビリティリゾートもてぎ

TWEET #SFORMULA

Official Youtube

LINKS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PATNERS

SUPER FORMULA NEXT50 PARTNERS

  • デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
  • 株式会社ホンダレーシング
  • TOYOTA GAZOO Racing
  • 株式会社スリーボンド
  • 横浜ゴム株式会社
  • Viron Japan 株式会社
  • 富士通株式会社
  • キングレコード株式会社
  

 

  • 株式会社M-TEC
  • 国立大学法人東京大学
  • 東京電力エナジーパートナー株式会社
  • 日本自然エネルギー株式会社
  • 伊藤忠エネクス
  • RED
  • sgzk
  • 人気酒造株式会社
  • 株式会社ジェイ・スポーツ
  • 株式会社マイクロン