MENU

エンジニアたちの作戦計画
第1戦 鈴鹿サーキット

ITOCHU ENEX TEAM IMPUL

3中村 成人

ドライバー:平川 亮

1.2019年シーズンに向けて

新たにトラック・エンジニアとして活動される方、移籍された方、担当するドライバーに変更があった方、それぞれ自己紹介、担当車両・ドライバーの紹介をお願いします。

昨年と変わらず20号車、平川亮選手の担当となります。

3月・2回のテストを通して、SF19との「対話」は進みましたか? どんなキャラクターのマシンだと受け取られていますか? セットアップの「鍵」はどのあたりにありそうですか?

「車体」としては空力面の変化(進化)が大きいです。「車両全体」を考えるとタイヤ変更の影響が大きいです。2回テストをしましたが、まだまだ改善の余地はありそうです。

担当されるドライバーは、競技運転者としてどんな個性、ドライビングのリズムの持ち主でしょうか? ずっとコンビを組んでいて、ファンの皆さんに良く知られているドライバーでも、この際、ぜひ一言(以上)お願いします。

           

メンタル的には、興奮することがないとは言いませんが、かなり落ち着いて取り組んでいるため、こちらとしても落ち着いて物事を進めることができます。 SF19との相性ということで言えば、身長が比較的高いためにドライビング・ポジションではちょっと苦労しているかもしれません。

ドライバーはSF19についてどんな印象を語っていますか?

どうでしょう?クルマとしてのポテンシャルは感じていると思います。それを生かすためにドライビング面もアジャストしているのではないでしょうか。(もちろんセットアップもポテンシャルを生かすことを常に考えて進めています。)

2.開幕戦・鈴鹿サーキットに向けて

2回のテストの状況、成果を踏まえつつ、鈴鹿における緒戦に向けて、SF19のセットアップは空力、足回りなど、それぞれどのあたりがポイントになると考えていますか?

空力、足回り、タイヤすべて重要なので、どれが、というのは難しいです。

「持ち込み」セットアップからまず予選、そして決勝に向けてセッティングを煮詰めてゆく中では、どんなことに着目して進めてゆきますか? 例えばコースを走る状態の着眼点、タイムや速度、タイヤ、ドライバーのコメントなど、現時点で想定している範囲でお答えいただければと思います。

評価基準はタイムです。その中でドライバーのフィーリング、ロガーのデータからさらに良くなるものを見つけていきます。

レース戦略、タイヤ選択と履き替え(ピットストップ)のタイミングなど、どんなパターンが想定されているでしょうか? 現状、何パターンほど考えていますか?

今のところ5パターンですが、まだ深く考えていないので増えるかもしれませんし、減るかもしれません。また、テストでロングランを十分にできなかったので良く考えないといけないと思っています。

今シーズンは、オーバーテイクシステム(OTS)がレース中の総使用時間100秒、一度作動させた後は100秒の間隔が設定されている、と作動条件が大きく変わりましたが、どんな使い方が考えられるでしょうか?

使用後の禁止時間100秒のほうが、大きな影響を及ぼしそうな気がします。使用時間100秒ということ自体は、作動していても意味のない時間が減る分、実質的なトータルの使用時間は昨年より増えることになると前向きに考えています。いずれにしても、決まった中で有効な手段を見つけ出したいと思っています。

鈴鹿での開幕戦での目標(成績だけでなく、エンジニアとして“見つけたい”“仕上げたい”ことなどについても)はどのあたりに置いていますか?

スピード、スピード、スピード。

今シーズン全体をどう戦ってゆこうと考えているか、最終的なターゲットをどこに置いているか、について教えてください。

チャンピオンを獲るために確実に毎戦ポイントを獲得しつつ、ポールポジションで小銭を稼ぎ、優勝と表彰台でポイントを積み上げることが理想です。

最後に、スーパーフォーミュラを観戦し、楽しまれているファンの皆様に一言お願いします。

JRPがグランツーリスモスポーツの車種にSF19を追加するという”GOOD JOB”をしてくれました。自分自身はゲームをしないのですが、ゲームをする一般のみなさんにスーパーフォーミュラを認知してもらう大きなチャンスだと思います。ましてや、世界中に楽しんでいるユーザーがいるゲームですよね。SNSで「SF19」「スーパーフォーミュラ」を検索すると関連の発信がたくさんあり驚きました。みなさん自身がドライビングを楽しんでもらうことはもちろん、どんどん発信してもらえると現場の我々にも大きな力になりますので、よろしくお願いします。そうして、現実のレースをたくさんの方に見に来てもらえるようになるといいですね。 今年は2019年・・・・・2019・・・「20」「19」!。ITOCHU ENEX Team IMPULの年になるよう頑張ります!

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • 富士スピードウェイ
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • ツインリンクもてぎ

TWEET #SFORMULA

Official Youtube

LINKS

Series Partner

  • 本田技研工業株式会社
  • トヨタ自動車株式会社

  Series Supporter

  • 横浜ゴム株式会社
  

Promotion Partner

  • 株式会社スリーボンド
  

  Broadcasting Partner

  • BSフジ
  • 株式会社ジェイ・スポーツ
  

  Supporting Companies

  • 人気酒造株式会社
  • Viron Japan 株式会社