MENU

エンジニアたちの作戦計画
第1戦 富士スピードウエイ

TCS NAKAJIMA RACING

64岡田 淳

ドライバー:大湯都史樹

今季の担当車両・ドライバーとコンビを組むのはいつからですか? ご自身の移籍、担当ドライバー変更などがあれば、それも書き添えてください。

昨年からの継続で大湯選手を担当します。

簡単に(でなくてもいいのですが)自己紹介をお願いします。またモータースポーツ・エンジニアとしての経験・経歴についても語っていただければと思います。

1996年からメカニックとして働き、2009年からエンジニアとして働いています。

モータースポーツの仕事に就かれる前の経歴、他の職種からの転職など、お教えください。

日産のディーラーでメカニックとして働いていました。 整備士資格を持っていませんでしたので、3~4年働いて、資格のいらないモータースポーツの世界に入りました。

開幕前2度のテストでは、今シーズンに向けてどんな狙いでプログラムを消化しましたか?「このくらいなら書いてもいいかな」というところで、大きな流れだけでも良いので教えてください。「全部、内緒」でもかまいませんけれど…

昨年ずっと抱えていた問題・課題に取り組みました。レースウィークでは試せないような、違う方向性のセットアップ等を大きく振って試してみたり、様々なテストをしました。

開幕前のテストを通して、ドライバーのマシンとのコミュニケーション、手足のように操る一体感は深まった様子でしたか? そのポイントはどのあたりでしょうか?

大湯選手になんとか満足してもらえるまでにはなったかなと思います。

SF19のセットアップを仕立て、仕上げる中でご自身として「ここが肝心」と考えているポイントはどのあたりでしょうか? もちろん複数あると思いますが、重視する度合いで言えば、どんな順番、あるいは流れになるでしょうか?

まずは車高を合わせて、そこから全体的なバランスをとっていきます。

今年の目標を教えてください。

昨年後半の勢い、成績を、前半戦から出していきたいと思います。

最後に新しいシーズンに向けてSFを愛するファンの皆様に一言。

NAKAJIMA RACING、そして成長した大湯選手も良いレースを見せてくれると思います。応援よろしくお願いします。

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • 富士スピードウェイ
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • ツインリンクもてぎ
  • 岡山国際サーキット

FACEBOOK

TWEET #SFORMULA

LINKS

Series Partner

  • 本田技研工業株式会社
  • トヨタ自動車株式会社

  Series Supporter

  • 横浜ゴム株式会社
  

Promotion Partner

  • 株式会社スリーボンド
  

  Broadcasting Partner

  • BSフジ
  • 株式会社ジェイ・スポーツ
  

  Supporting Companies

  • 人気酒造株式会社
  • Viron Japan 株式会社