MENU

エンジニアたちの作戦計画
第1戦 富士スピードウェイ

KCMG

7吉田 正幸

ドライバー:小高一斗/小林可夢偉

今季の担当車両・ドライバーとコンビを組むのはいつからですか? ご自身の移籍、担当ドライバー変更などがあれば、それも書き添えてください。

今季担当は小林可夢偉選手。鈴鹿テスト、富士テストでは小高選手を担当しました。今季から新たにコンビを組ませていただきます。 B-max Racingからの移籍になります。

簡単に(でなくてもいいのですが)自己紹介をお願いします。またモータースポーツ・エンジニアとしての経験・経歴についても語っていただければと思います。

今季、小林可夢偉選手を担当します吉田です。B-max Racingからの移籍になります。それ以前も他のチームでエンジニアをさせて頂いていました。

モータースポーツの仕事に就かれる前の経歴、他の職種からの転職など、お教えください。

チューニングショップのメカニックから筑波サーキットの近くのレースガレージにメカニックとして就職、その後セルモでメカニックを経験したのち、エンジニアになりました。KONDO RACING、ル・ボーセ モータースポーツ、B-max Racingなどで,メカニックやエンジニアをさせていただきました。

開幕前2度のテストでは、今シーズンに向けてどんな狙いでプログラムを消化しましたか?「このくらいなら書いてもいいかな」というところで、大きな流れだけでも良いので教えてください。「全部、内緒」でもかまいませんけれど…

可夢偉選手が海外にいたため、小高選手と一緒に仕事をさせていただきましたが、昨シーズンの振り返りとチームの新たなテスト・メニューを進めました。

開幕前のテストを通して、ドライバーのマシンとのコミュニケーション、手足のように操る一体感は深まった様子でしたか? そのポイントはどのあたりでしょうか?

2回のをテスト通してドライバーは小高選手でしたが、いろいろ吸収して学び、SF19とタイヤの理解は深めてくれたと思います。

SF19のセットアップを仕立て、仕上げる中でご自身として「ここが肝心」と考えているポイントはどのあたりでしょうか? もちろん複数あると思いますが、重視する度合いで言えば、どんな順番、あるいは流れになるでしょうか?

回答なし

今年の目標を教えてください。

まずは1勝。

最後に新しいシーズンに向けてSFを愛するファンの皆様に一言。

まだまだコロナ禍の状況でレースを観戦するのもままならないと思いますが、ファンの皆さんが楽しんで、興奮してもらえるようなシーズンにしたいと思います。応援よろしくお願いいたします。

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • 富士スピードウェイ
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • ツインリンクもてぎ
  • 岡山国際サーキット

FACEBOOK

TWEET #SFORMULA

LINKS

Series Partner

  • 本田技研工業株式会社
  • トヨタ自動車株式会社

  Series Supporter

  • 横浜ゴム株式会社
  

Promotion Partner

  • 株式会社スリーボンド
  

  Broadcasting Partner

  • BSフジ
  • 株式会社ジェイ・スポーツ
  

  Supporting Companies

  • 人気酒造株式会社
  • Viron Japan 株式会社