MENU

  • TOP
  • Headline News
  • 高桐 唯詩 スーパー・クリップ 2020年最終戦 編

Headline News

高桐 唯詩 スーパー・クリップ 2020年最終戦 編

2020年12月29日

クリップNo.57 山本 尚貴

「おばあちゃんは3回喜ぶ」

 

3度目のチャンピオン獲得を心から祝す!
日本のレース界をリードする日本一の男。
今年はフリープラクティスではあえてタイムにこだわらず、
レースセッティングを煮詰め、多少予選が振るわなくとも、
決勝に強かった。
開幕戦もてぎ。20周目、90度コーナーで可夢偉に追突、13位。
第2戦岡山は6位。第3戦菅生は予選Q3に進めず10位発進。でも、
スタートダッシュと早めの攻めで3位表彰台に乗った。
第4戦オートポリス決勝は野尻に次ぐ2位表彰台。
そして第5戦鈴鹿はポールツウウイン。安定感が増してきた。
第6戦はギアトラブル。クルーをねぎらう姿が印象的だった。
そして富士。タイヤ交換後、平川とのデッドヒート。
正真正銘のレース。抜かれたら抜き返す熱血のレースの末、
落ち着いて載冠を決めた。
鬼怒川の祖母の家の近くで、キッズカートに出会い、
父の影響でF1大好き。セナをビデオで見て今も尊敬。
家族を愛し、2018年天国に召された祖母には毎回、王座の報告をしてきた。
おばあちゃんは3回目も喜ぶ。いやいやもっと喜ばせよう!

 
 
 
クリップNo.56 平川 亮

「悔しいが、実り多き一年だった」

 

夏の終わり、もてぎ開幕。激震のシーズンは、
平川亮のポール・ツー・ウインで始まった。
「ミスしなければ勝てます」自身に満ち溢れていた。
星野一義総監督は「後ろに敵を背負いながらよく頑張った。
マシンはまだ完璧じゃない。言いたくないけど」と語った。
第2戦岡山もポール。決勝4位。第3戦菅生はニック・キャシディが、
底力を見せ平川2位。山本3位。これでシーズンは一気に白熱化した。
平川に陰りが出たとすればオートポリスの予選Q1。残り2分、
セクター2までベストタイムで来たが最終コーナー手前でクラッシュ。
決勝は12位に終わった。第5戦鈴鹿もミッショントラブルで最後尾スタート。
あの23周目、4ワイドからのクラッシュで、またマシンを傷めた。
第7戦富士はまさしくチャンピオンを賭けた大バトル。正々堂々の闘いに
感動した。時々、タービュランスで車が揺れた。苦しいレースの結果は6位。
悔しい。しかし実り多きシーズンだった。そしてまだ先がある。
素晴らしきグッド・ルーザーに乾杯!

 
 
 
クリップNo.55 坪井 翔

「時代は変わっていく。誰も止めることはできない」

 

2019年のデビューイヤーは鈴鹿5位。富士で2位。ランキング12だった。
今年の開幕戦は5コーナーでリタイヤ。第2戦岡山では予選8位から初優勝。
大先輩石浦宏明とのランデブー・ワンツーを達成し、涙を流した。
なにせ予選でコーナーに突き刺さり、メカニックに負担をかけたと落ち込み、
心はボロボロだった。
菅生とオートポリスはポイント圏外に終わり、第5戦鈴鹿は、
笹原、可夢偉、平川と4ワイドで1コーナーに向かい、接触の末リタイヤ。
第6戦は歯を食いしばって4位。そして最終戦富士は予選2位から優勝。
「2勝しているドライバーはいませんから勝ちたいです」
そう言い切ってレースをリード。優勝し、ドライバーズランキイング
3位を獲得した。
2020年は大湯を始め、若い才能が光った。2021年もさらに新しい才能が加わり、
時代を変えていくことだろう。厳しい世界だがやりがいはある。
頑張ってくれ。
冒頭のキャッチは、アメリカのフォークシンガー、ボブ・ディランの言葉。

 
 
 

クリップNo.54 ニック・キャシディ

「ありがとうニック。僕たちは忘れない」

 

今年はいかにもニック・キャシディらしいレースが見られて
楽しかった。
日本のドライバーにはない野性的な強さ、その反面ナイーブな心。
開幕戦は予選11位.決勝6位。第2戦岡山は予選10位。ピットストップを遅らせ、
猛然と飛ばして3位に入ったが「優勝できたはずだ」と声を上げた。
第3戦菅生は最もニックらしかった。予選は4位。セーフティーカー明けに
力を爆発させ、山本を抜き、平川を抜いてトップに立ち優勝を飾った。
オートポリス決勝は7位。ポイントを稼ぎつつ、第5戦鈴鹿5位。
しかし第6戦はエンジンが白煙を噴き上げリタイヤ。
最終戦は最後尾から追い上げなんと4位。残念ながらカーナンバー1を
山本に譲り渡し、日本を去ることにした。
ターゲットは世界。フォーミュラEから、また次のチャンスが生まれるかもしれない。
レースが終わって、今年いっぱいでスーパーフォーミュラを降りる決心をしている
石浦と握手。
ありがとうニック。君の未来を応援する。そして、ありがとう石浦。

 
 
 
 
 
 

クリップNo.1~4はこちら
クリップNo.5~8はこちら
クリップNo.9~12はこちら
クリップNo.13~17はこちら
クリップNo.18~21はこちら
クリップNo.22~25はこちら
クリップNo.26~29はこちら
クリップNo.30~33はこちら
クリップNo.34~37はこちら
クリップNo.38~41はこちら
クリップNo.42~45はこちら
クリップNo.46~49はこちら
クリップNo.50~53はこちら
クリップNo.54~57はこちら

Super Clip スーパー・クリップ
レースウイークエンドの鮮烈なモーメントを
超一流フォトグラファーと詩人が捉える新コーナー。
今回は「トップ4ドライバーの総集編」というテーマで

Photography by M.Kobayashi & Y.Onishi
Word by Tadashi Takagiri

執筆者紹介
Tadashi Takagiri
詩人&ジャーナリスト。1970年よりレース取材。フジテレビF1中継の
アバン・タイトル・ポエムすべてを執筆。F1総集編30年執筆。
伝説のラジオ番組「アドバンサウンドコックピット」構成者。

GO TO TOP

CIRCUIT

  • 鈴鹿サーキット
  • 富士スピードウェイ
  • オートポリス
  • スポーツランドSUGO
  • ツインリンクもてぎ
  • 岡山国際サーキット

FACEBOOK

TWEET #SFORMULA

LINKS

Series Partner

  • 本田技研工業株式会社
  • トヨタ自動車株式会社

  Series Supporter

  • 横浜ゴム株式会社
  

Promotion Partner

  • 株式会社スリーボンド
  

  Broadcasting Partner

  • BSフジ
  • 株式会社ジェイ・スポーツ
  

  Supporting Companies

  • 人気酒造株式会社
  • Viron Japan 株式会社